Take Care / Drake

テイク・ケアテイク・ケア
(2011/11/30)
ドレイク、リック・ロス 他

商品詳細を見る

ミックステープで注目度を上げていたとはいえ、昨年のデビューアルバムで一躍Jay-ZやLil Wayneらと肩を並べるほどの地位に躍り出たDrake(ドレイク)。
ハードルが上がっていたせいか、この2ndを最初に聴いた時は「前作とほとんど変わらんじゃないか!」と怒りすら覚えたものですが、何度か聴いていくうちに印象が変わってきました。

まずは「(2)Shot For Me」でしょう! ドリーミーなトラックの上で優しく歌い上げるDrakeにいきなり腰砕け。打って変わって「(3)Headlines」は硬質なトラックですが、しかしこちらも要所要所で流麗なメロディに耳を奪われました。
そして、こちらもベストトラック候補の「(4)Crew Love」。フィーチャーされているThe Weeknd(ザ・ウィークエンド)はこれまで2作のミックステープを発表しているR&Bアーティスト。自分も「House Of Balloons」をダウンロードしましたが、アンビエント・ハウスとでも例えられるような独特の世界観の持ち主ですね。Drakeとの相性も抜群で、ところどころに挿入されるバウンシーなビートもまた堪りません。
そしてトドメの「(5)Take Care」。アップなのにRihannaとダークな掛け合いでしっとり聴けてしまいます。意味もなく背徳感が芽生えてしまう大人のR&Bでありながら、ヒットポテンシャルもアルバム一。

この(2)~(5)はパーフェクトなクオリティで聴くたびにとろけます。
もちろん、その後も詩を詠んでいるような「(6)Marvin's Room」(この曲はKanyeの「808s & Heartbreak」的かな)や、怪し気なトラックの中でNicki Minajと二人で浮遊する「(9)Make Me Proud」など、注目曲が目白押しです。
彼の場合、ハードなラップパートとメロウな歌パートを自在に行き来できるので、ゲストなしでも曲の展開を大きく変えられるし、それに加えて、歌ともラップとも言えないような曖昧なラインで世界を作り上げられる点が大きな武器だと思うんですよね。そのスキルを嫌味なく聞かせられるところもお見事。

しかし、「(10)Lord Knows」以降は若干退屈でした。
アルバム後半にあたる(10)以降は、ラップと歌を自在に行き来するというDrakeの武器が十分に活かされていません。そのせいで、どこかで聴いたような楽曲という印象を受けることが多いんですよね。
アルバムの世界観はしっかり保たれているし、個々のクオリティにしても決して問題視するレベルではないんですが、前半が素晴らしいだけに、気分が落ち着いてしまうとどうしても聞き流してしまう曲が出てきてしまいます。全17曲入りですが、終盤は3曲くらい削ってもよかったかも…。

前半部分の流れが持続できていたら傑作認定できたのにと思うと残念な気持ちにもなりますが、とりあえずその前半だけでもアルバムを買って聴くだけの価値は間違いなくあります。

★★★★★★★★☆☆

◆前作の評価
「Thank Me Later」 ★★★★★★★★☆☆

※「Headlines」は一昨日の記事で紹介したので、PVがまだ公開されていないお気に入り曲にリンクを貼ってみました。曲名クリックで試聴できます

「Shot For Me」(US100位)

「Crew Love」(US R&B92位)

「Take Care」(US9位、UK9位)

「Make Me Proud」(US9位、US R&B8位)
スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本