Music Review (11月)

Doo-Wops & Hooligans / Bruno Mars ★★★★★★★☆☆☆
昨年のデビュー以来、立て続けにヒットを飛ばし続けているBruno Mars(ブルーノ・マーズ)。個人的にはシングルがあまりピンとこなかったので購入を躊躇っていたんですが、レンタルでようやく聴く機会を得ました。
「(2)Just The Way You Are」や「(5)The lazy Song」はいまだに好きになれないものの、アルバムは予想外の充実作。全体としてはJason Mrazのデビュー作にレゲエ色を加えた感じでしょうか。(5)や「(3)Our First Time」のように南国リゾートにピッタリのトラックあり、「(7)Talking To The Moon」のように哀愁漂うバラードあり、バラエティに富んだ楽曲が揃っています。自分の中では(7)と、少し懐かしさを感じるアップ「(4)Runaway Baby」がベスト。
ヒットさせるために外部の力が強く働き、個性がなかなか見えてこないデビュー作が多い中、アルバムを通して聴いても単調にならない構成にしながら、曲を聴けば一発でBruno Marsだと判る個性を打ち出した点は本当に見事です。
ただ、個人的にはどうしてもこの声が好きになれないので7点。それがなければ星を一つ追加したんですけども。

Doo-Wops & HooligansDoo-Wops & Hooligans
(2010/10/12)
Bruno Mars

商品詳細を見る

「(1)Grenade」(US1位、UK1位)


Hands All Over / Maroon 5 ★★★★★☆☆☆☆☆
最新ヒット「Moves Like Jagger」が物語るように、Maroon 5はポップ化が止まりませんね。まぁ、デビュー作から十分ポップでしたけど、「Harder To Breathe」のかっこよさがあった分、ロックとして聴けたんだよなぁ。大幅な路線変更があったわけではないのに全然楽しく聴けないのは、単純に彼らの音に飽きてしまったからなのかもしれないし、先行シングル「(1)Misery」のPVに引いてしまったからかもしれないし、もしかしたら全く良さが解らない「Moves Like Jagger」のイメージを引きずっているせいかもしれません。昔は個性的で良しと感じていたAdamの声もだんだん鼻につくようになってしまいました。
まぁ、楽曲単位ではそれほど悪いものではなく、Adamにしろフィーチャリング・アーティストとして参加していたGym Class Heroesの「Stereo Hearts」ではかなり魅力的なヴォーカルを聴かせてくれていたので、安易に見切りを付けたりせずに次回作も聴いてみたいとは思います。

◆前作の評価
「It Won't Be Soon Before Long」 ★★★★★★☆☆☆☆

「(15)Never Gonna Leave This Bed」(US55位)
スポンサーサイト

テーマ : アルバムレヴュー
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本