悪の教典 (上) / 貴志祐介

悪の教典 上悪の教典 上
(2010/07/29)
貴志 祐介

商品詳細を見る

映画で「黒い家」や「青の炎」に触れたことはありますが、貴志作品をちゃんと読むのは初めて。今年の「このミステリーがすごい!」で1位になっただけでなく、直木賞や本屋大賞にもノミネートされるなど名前を見かけることが多かったのと、書店で目立つ装丁に惹かれて読むことにしました。

さすがに、内容に触れずに感想を書くのは難しいので、ネタバレも含みます。この作品は予備知識が無い方が絶対に楽しめると思うので、これから読むつもりの人はスルーすることをオススメします。


序盤は次々と登場する教師や生徒が把握しきれず、メモを取り始めましたが、あまりの多さにそれも断念。また、蓮実の完璧な教師っぷりばかりが強調されているのも鼻につきました。自分も予備知識ゼロで読み始めたので、さっぱりとした学園モノ風なのに違和感も覚えました。

しかし、生徒や他の教師を駒としか思っていない蓮実の本性が現れるにつれ、作品の本質が見えてきます。
一見人間味がないように見える蓮実ですが、共感する能力がないだけで実はかなり人間的な人物なんですよね。自己顕示欲と嫉妬心は人一倍持っていますから、どちらかというと幼児性を残したまま頭脳だけが成長してしまったような印象を受けます。
この段階では書ける感想も少ないですけど、蓮実の過去も見せつつ、下巻で何をやらかしてくれるのか期待させてくれる展開ですね。

殺人教師や教え子に手を出す教師、大麻をやる高校生などが続々と登場し、一部の生徒の勘が鋭すぎるなど、ミステリーとしては非現実的な要素が多すぎて入りづらいところもありますが、読みやすさは抜群。
物語に深く関わってくると思われた釣井の死や、蓮実が唯一心を開きかけた憂実の存在がこの先どう影響してくるのか、(表紙も含め)思わせぶりに出てきたカラスの思考(フギン)と記憶(ムニン)は一体何なのか、楽しみに下巻に突入したいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本