'11 11/11 Music Chart

ブラックミュージックファン必携の雑誌だったbmrが、ついに400号!
と同時に、月刊誌としてのラストを迎えることとなりました。今後はネット上で情報を発信しながら、何らかの形で復活を果たす予定だとか…。インターネットの普及で紙媒体が厳しい状況に置かれているとはいえ、アルバムレビューは毎回楽しみに読んでいたなぁ。
僕の音楽鑑賞の助けになってくれた本誌に感謝しつつ、400号は隅々まで読み込もうと思います。

さて、billboardと自分のランキングを融合させた独自の隔週Music Chart。
カッコ内は前回の順位。<>内は順に登場回数と最高位になっています。

(1)1. We Found Love / Rihanna feat. Calvin Harris <3,1>
(2)2. Stereo Hearts / Gym Class Heroes feat. Adam Levine <6,1>
(3)3. Pumped Up Kicks / Foster The People <7,2>
(4)4. Someone Like You / Adele <5,2>
(6)5. Sexy And I Know It / LMFAO <3,5>
(5)6. Moves Like Jagger / Maroon 5 feat. Christina Aguilera <8,1>
(7)7. Without You / David Guetta feat. Usher <4,7>
(8)8. Party Rock Anthem / LMFAO feat. Lauren Bennett & GoonRock <13,2>
(9)9. You Make Me Feel... / Cobra Starship feat. Sabi <5,9>
(16)10. Ni**as In Paris / Jay-Z & Kanye West <3,10>


Rihanna、V2達成。billboardでも1位になり(11曲目の全米1位は歴代7位の記録だとか…)、独走態勢に入ってきました。ご覧の通りトップ10は停滞ムードですし、アルバムがリリースされればさらにポイントを伸ばす可能性もあるので、これは案外長期政権になるかもしれません。

(NEW)11. Good Feeling / Flo Rida <1,11>
(12)12. In The Dark / Dev <3,12>
(19)13. Headlines / Drake <3,13>
(NEW)14. Mr. Know It All / Kelly Clarkson <1,14>
(NEW)15. 5 O'Clock / T-Pain feat. Wiz Khalifa & Lily Allen <1,15>
(14)16. Party / Beyonce feat. Andre 3000 <5,14>
(10)17. Give Me Everything / Pitbull feat. Ne-Yo, AfroJack & Nayer <14,1>
(NEW)18. Dance (A$$) / Big Sean feat. Nicki Minaj <1,18>
(11)19. Best Thing I Never Had / Beyonce <10,5>
(RE)20. Why I Love You / Jay-Z & Kanye West feat. Mr. Hudson <4,10>


2011年11月11日、記念すべき11位にランクインしてきたのはFlo Rida。
来年早々リリースされる新作「Only One Rida (Part2)」からの先行シングルになります。前作「Only One Flo (Part1)」は全米で100位にも入れなかったので人気低迷というイメージがあったんですけど、シングルは確実にヒットを飛ばしてきますね。個人的には、もうFlo Ridaのこの路線も飽きているんですが…。

14位にはKelly Clarkson(ケリー・クラークソン)が入ってきました。
3rdアルバム以降、シングル単位で好きになることがなかったのでアルバムも聴いていませんでしたが、これはなかなかいいですね。派手さも新鮮さもないですけど、彼女らしく力強くも爽やかな楽曲に仕上がっています。


続く15位にはT-Pain(T・ペイン)。ニューアルバムからの先行シングルは、Wiz KhalifaとLily Allenがゲストという異色の組み合わせできました。R&Bとヒップホップ、ポップスの3種混合というのは割と珍しいですよね。この曲、ヒットポテンシャルはものすごく高いと思うんですが、個人的にはまだピンと来ず。ちょっとあざとい気もしてしまいますし…。


いつもはPV紹介を2曲に止めているんですけど、今回は3曲行ってしまいましょう! ラスト18位はBig Sean(ビッグ・ショーン)。この人のアルバム、割と厳しめのレビューを書いたんですけど、最近になって気に入り始めました。
この曲は、下品だけど何か憎めないというのがアルバム内で聴いていた時の印象ですが、シングルカットするにあたりNicki Minajをフィーチャーしてますます魅力アップ。Nicki Minajは客演だとこんなに毒々しさが出るのに、どうして自身のアルバムには無難な曲しかないんだろう。
曲自体はブラックミュージックによくあるお尻賛歌ですね。しかしMC Hammer「You Can't Touch This」をサンプリングすれば、そりゃあ踊れるトラックにならないはずがないでしょ。
スポンサーサイト

テーマ : 洋楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本