夜は短し歩けよ乙女 / 森見登美彦

夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)
(2008/12/25)
森見 登美彦

商品詳細を見る

どこまでもマイペースな黒髪の乙女に密かに片思いし続けながらも、奥手で回りくどいアプローチしかできない先輩の恋愛ファンタジー。
発表されたのはかなり前の話で、ヒットしていたのを知りながらもなかなか興味は持てなかったんですが、古本屋で安かったので買ってみました。買ったこと自体もう半年も前になりますが…。

しかしこれが大当たり!
ドタバタ劇で内容が濃いわけではないんですけど、個性的かつ魅力的な登場人物が多数登場し、物語を非常に盛り上げてくれます。印象としては「うる星やつら」や「らんま1/2」的な所謂高橋留美子ワールドですね。自らを天狗と称し、人間離れした術を使う樋口さんや、恋愛成就のため長い間パンツを履き替えないパンツ総番長あたり、かなり好きですが(そして学園祭事務局長も性格がかなり男前)、やはり本作の魅力を引き上げたのは黒髪の乙女の天然っぷりでしょう。人を疑うことを知らず、若い女性には似合わないものにまで興味を示す好奇心旺盛さは文句なしにかわいいです。彼女の性格については自ら書き記すよりも下の描写の方が解りやすいかもしれません。

たとえばここに、「鼻毛が一日に一メートル伸びる男」という誰が何を目的に作ったのかてんで分からん映画を観てさえ感涙する心優しい乙女がいて、お化け屋敷にぶら下がる蒟蒻に「おともだちパンチ」で立ち向かう闘志を持ち、「かつて京都と福井は一本の鉄道で結ばれていた」という途方もない法螺話にも真摯に聞き入る素直さで、しかも「万国大秘宝館」などという怪しい展示へ無理矢理乗り込もうとするほどの好奇心の権化であったとしよう。しかもその乙女は清楚な佇まいにちぐはぐな、巨大な緋鯉を背負っている。(第三章から一部抜粋)

もちろん、そこに行き着くまでの過程が面白いことは言うまでもありません。
舞台化は既にされているそうですが、もし映画やドラマ化されるのなら彼女は間違いなく綾瀬はるかで! 愛される天然ということで、読みながら彼女の姿ばかり思い浮かべてしまいました。

この本の好き嫌いは展開よりもその文体にあるかもしれません。語り口がとにかく独特なので、そこで躓く人もいるでしょうね。しかし、読み進めていけばそれが決して奇をてらったものではなく、独特な世界観を作り上げるために必要不可欠なものであったということが理解できます。自分も最初は違和感がありましたが、中盤に差し掛かる頃には完全に入り込み、むしろまともな文章では物足りないくらいになっていました。「おともだちパンチ」や「詭弁踊り」など、本作ならではの用語もまた同様。

本作は4章構成になっていますが、気に入ったのは第三章の「御都合主義者かく語りき」。
彼女が大学の学園祭に来るという情報を手に入れた先輩は、彼女と会うために会場を奔走しますが、いつも通りのすれ違いでなかなか顔を合わすことができません。そうこうしている間に「韋駄天コタツ」や「偏屈王」といった奇妙な連中が登場するわ、彼女は象の尻に興味を示すわで大混乱。
しかし、最後はちゃんといい気分にさせてくれるんですよね~。

最終話では町中を襲い尽くした風邪とともに、ドタバタも去っていきます。その結末の何と穏やかなことか!
偶然を装い彼女の前に何度現れても天然の彼女には効果がなく、「奇遇ですね~」の一言で終わってしまっていましたが、きっちりと外堀は埋まっていたようで…。黒髪の乙女の性格やこの結末など、多くの男の理想を随分と都合よく描いた作品だとは思いますが、たまにはこんな幸せな物語もいいもんですね。
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本