Music Review (9月Part1)

Femme Fatale / Britney Spears ★★★★★★☆☆☆☆
点数は同じですが、少なくとも前作「Circus」よりは好き。Ke$haがソングライトに携わった「(1)Till The World Ends」は一発で好きになって、続くシングル「(4)I Wanna Go」もPVで一気に魅力が増しました。
他にもキュートな歌い方が光る「(5)How I Roll」や「(7)Seal It With A Kiss」あたりは聴きやすいですし、will.i.amと絡んだ「(8)Big Fat Bass」なんか、音はやっぱりBlack Eyed Peasっぽいのに、Britneyの曲として違和感なく聴けてしまいますね。非シングルでは(8)と「(10)Trip To Your Heart」が今のところお気に入り。
などと、ちゃんと聴けばそれなりに面白い楽曲が揃っているんですけど、さすがにエレクトロは聞き飽きたのとヴォーカルの加工が曲の個性を奪っているせいで、アルバムとしては単調に映ります。何かしながら聴いていると、終盤はほとんど流れていってしまうんですよね。誰が書いた曲でもブリ色に染められるというのは彼女の長所でもあるんですが、同時に、どんな曲に挑んでも一定の評価で終わってしまうという欠点も持ち合わせています。
何だかんだ言って、新作を発表するたびに気になって買ってしまうアーティストなので、次回作はぜひとも大きな爆弾を投げつけてファンの度肝を抜いてもらいたいものです。

◆前作の評価
「Circus」 ★★★★★★☆☆☆☆

「I Wanna Go」(US7位)


Transition / Ryan Leslie ★★★★★★★☆☆☆
デビュー作から1年と間を空けずにリリースされたこともあり、路線に大きな変化はなし。というか、変わらなさすぎ! 新鮮味がなくなった分、印象はいまいち。
出だしから否定的になってしまいましたが、個々の楽曲の質は決して劣っておらず、聴いていて気持ちいいという魅力もきちんと引き継いでいます。そして、安易に新曲を追加しただけの新装盤とせず、きちんと一つの作品にしてくれた点は大いに評価したいところ。
アルバム中で1曲挙げるとすれば、やはり1stシングルの「(6)You're Not My Girl」でしょうか。これぞRyanの音楽を象徴するかのようなシンセ鳴り響くファンク・ナンバー。シングルヒットが狙えるような派手さはありませんけど、じわっと耳に残る渋さを持っています。他には「(2)Something That I Like」や「(9)Guardian Angel」あたりが好きです。
とりあえずこの2作で彼の音は十分に堪能できたので、次回作は新境地の開拓に期待!

◆前作の評価
「Ryan Leslie」 ★★★★★★★★☆☆

TransitionTransition
(2009/11/03)
Ryan Leslie

商品詳細を見る

「You're Not My Girl」

スポンサーサイト

テーマ : 洋楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本