ドラゴンクエスト6 幻の大地 (DS)

アルティメットヒッツ ドラゴンクエストVI 幻の大地アルティメットヒッツ ドラゴンクエストVI 幻の大地
(2011/02/03)
Nintendo DS

商品詳細を見る

エンディングに到達したので改めてレビュー。
オリジナル(スーファミ版)とは違いスライム系しか仲間にできないなど、改悪リメイクと叩かれてもいましたが、オリジナルの記憶がほとんどない自分にとっては大した問題ではありませんでした。ダーマの神殿での転職システムがあるドラクエはやっぱり面白く、携帯用ゲーム機ならではの中断機能が搭載されていることもあって、空き時間についついレベル上げをしてしまいます。

「4」、「5」とシナリオ重視の作りでしたが、今作はシステム重視というか、謎解きと育成に重きが置かれていますね。謎解きの難易度はシリーズでも高め。表の世界と裏の世界を行き来するので探索する場所が多く、それが難易度アップの一因だと思います。これ、個人的には反対です。頭を悩ませるというより、単純に面倒臭さの方が勝ってしまうんですよね。表と裏で使える乗り物が違ったり、行きたい場所にルーラ一発で辿り着けない場合があるのがストレスに…。
ただ、戦闘の難易度は下がっているみたいですね。携帯機でサクサク遊ぶにはちょうどいいバランスだと思います。

エンディングを見たので一区切りつけたいんですけど、クリア後のダンジョンがあることを知ったのでまだ継続中。イオナズン連発で瀕死になるなどなかなかの歯応えですが、レベルや熟練度もサクサク上がるので、苦行にはなりません。
カジノやベストドレッサーコンテストで貴重なアイテムを手に入れることと、クリア後に仲間になったはぐれメタルのはぐりんを強化することが目下の目標です。隠しボスを倒すことに成功したら封印するつもり。

さて、これでドラクエの本編シリーズはすべてクリアしたことになりました。シリーズで一番好きなのは、テンポを落とすことなくグラフィックの強化に成功した「8」か、通信プレイを強化して新しい遊びを提案した「9」のどちらか。初期の作品が好きな人はどちらも「こんなのドラクエじゃない!」と言うかもしれませんが、FFと比べて保守型だったドラクエのチャレンジを自分は評価したいところ。
Wiiで発売される「10」は、「8」路線のグラフィックと、Wi-Fiを使っての通信要素に期待したいです。

★★★★★★★★☆☆
(プレイ時間:40時間以上)
簡易レビューはこちら

◆ドラクエリメイクの評価
「ドラゴンクエスト4 導かれし者たち (DS)」 ★★★★★★★★☆☆
スポンサーサイト

テーマ : ゲーム
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本