キック・アス 他

トランスフォーマー リベンジ ★★★★★☆☆☆☆☆
スケールの大きな映像でCGの迫力は十二分に堪能できます。が、トランスフォーマーたちはパーツが入り組んでいてアクションが分かりづらいし、それ以前に敵か味方かもロクに判別できませんでした。スピード感も大切だけど、トランスフォーマーのフォルムを拝むためにスローモーションを使ってもよかったのでは? 日本では先週、最新作「トランスフォーマー ダークサイド・ムーン」が公開されましたが、こんなにカメラが動く作品が、3Dでついていけるのか?という不安が残ります。
このシリーズ、正統派のSFアクションながら、シャイア・ラブーフの情けなさが一種の面白さになっているとは思うんですけど、アクションばかりになる後半はそういう楽しみ方もできないですからねぇ。マイペースな両親やむせ返るほどの色気が漂うミーガン・フォックスなど面白い素材はあるのに、それも活かしきれず…。最新作ではミーガン・フォックスが降板した(させられた)ようなので、ますますアクション重視の内容になっているような気がします。

◆前作の評価
「トランスフォーマー」 ★★★★★★☆☆☆☆

キック・アス ★★★★★★★☆☆☆
公開当時から話題になっていたのでチェックしていた作品。ようやく観賞に至りました。
大半のヒーローはひょんなことから特別な力を手に入れるパターンだっただけに、ヒーローに憧れて身体を鍛え、自前のコスチュームを纏い、町に繰り出す姿は滑稽で新鮮。途中で強化されるもののその理由もかっこわるいし、結局ヒットガールにいいところを持っていかれるし…。
というわけで、情けないキック・アスもそれはそれで面白かったんですが、この作品の魅力はやはりヒットガールに尽きますね。演じるクロエ・グレース・モレッツは美少女というより若干ブサカワ系なんですけど、そんな子がスタイリッシュに暴れるのが余計に魅力的なんです。ニコラス・ケイジとの不思議な親子関係も面白かったな。
ただ、いくら設定とはいえ、11歳の子に残虐なシーンを演じさせたり、放送禁止用語を喋らせたりするのはさすがにどうかと思いましたが。
「スパイダーマン」の1作目と同じような終わり方なので、間違いなく続編に繋がるんでしょうが、設定重視の作品だけにこれを超えるものを作るのは難しいでしょう。

キック・アス DVDキック・アス DVD
(2011/03/18)
アーロン・ジョンソン、クロエ・グレース・モレッツ 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : 映画★★★★★レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本