マイ・ブラザー 他

グレッグのダメ日記  ★★★★★★★☆☆☆
自己顕示欲の強い中学生が、クラスのヒーローになるため奮闘するコメディ。程度の差こそあれ、自分に何か特別な個性や才能があるんじゃないかと考えるのは、この時期の子たちとしては健全なことだと思います。でも、大抵は努力する方向には行かずに、イケてるグループに属したり他人を低く見て優越感に浸る方に向かってしまうんですけどね…。
グレッグも根拠のない自信ばかり溢れているので、ヒーロー計画はことごとく失敗します。友人に怪我をさせてしまったら、ギプス姿の友人はクラスの女子に大人気。嫉妬に駆られて「僕がやったんだ」と言うと、彼女たちからは「サイテー!」と白い目が…。そりゃそうだとツッコミたくもなりますが、幼いがゆえに盲目的になるところも実にリアルです。
でもこれ、子どもだからまだ可愛げがあって笑えますけど、このまま成長したような大人も意外と多いですよね。世界の中心が自分でないと気が済まない、自分を認めない人間はロクでもないと思い込む、正直、一番嫌いなタイプ。グレッグがこの映画の結末を通して立派な大人になってくれることを祈ります。
最後に、メインではないですが、「キック・アス」のクロエ・グレース・モリッツもオイシイ役どころで出演しています。

マイ・ブラザー ★★★★★★★★☆☆
これは家族の再生を描いたドラマではなく、戦争の凄惨な現場がいかに人格を崩壊させるかという点を生々しく描いた作品。しかしこれを戦争に限らなければ、罪の意識に苛まれることで人間関係に支障を来すことなどは珍しくなく、多くの人が共感できるような内容になっています。
そう思わせるのは、やはり俳優たちの演技力ですね。これまで温厚なヤツか変わり者の役を多く演じていたトビー・マグワイアが、感情を露わにするシーンは新鮮です。そして長女役を演じたベイリー・マディソンが上手い! ナタリー・ポートマンやジェイク・ギレンホールをも圧倒するほどでした。
俳優の好演に支えられた反面、演出には疑問も…。サム(トビー・マグワイア)の苦悩はしっかり描かれているのに、彼の家族は混乱するばかり。正直、家族がサムに対して、戦地で何があったのか話すことをひたすら強要しているのは不愉快です。最後は再生への第一歩を踏み出すような終わり方をするんですけど、そこに理解があるのかなぁと感じてしまいました。そもそも「マイ・ブラザー」なのに、兄弟としての描写が足りないような…。

マイ・ブラザー [DVD]マイ・ブラザー [DVD]
(2011/02/02)
トビー・マグワイア、ジェイク・ギレンホール 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : 映画★★★★★レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本