全仏オープンテニス2011 展望

男子はロディックが欠場。まぁ、彼はウィンブルドンに間に合えばいいです。
錦織くんは腎臓結石もあったようですが、結局胃けいれんの影響が強かったことが判明。全仏には間に合ったようで一安心です。添田は初戦でユーズニ-と対戦することになりました。WOWOWでの放送があるんだろうな~。羨ましい…。今季の調子から言ってユーズニーは昨年のベスト8に並ぶのは厳しいでしょうが、ドローには恵まれたのでベスト16には食い込んでほしいところです。

で、本題の女子。ドローはこちらですが、今回はいつもと少し形を変えて上位16シードの展望を一人一人見ていこうと思います。並びはドロー順。つまり、順当にいけば3回戦でウォズニアッキとスヴェタ、バルトリとストーサーといった具合に当たり、その勝者が4回戦で当たるというわけです。

ウォズニアッキ (1)
ウォズニアッキの不運はおそらく本人も予想していた以上に早くナンバーワンになってしまったこと。そのせいで、まだまだ発展途上にもかかわらず、結果が求められるためになかなか大きな冒険ができない…。
今回も外からのプレッシャーはあるでしょうが、全米あたりに照準を合わせるくらいの気持ちで新しいテニスに取り組んでいってもらいたいところです。もちろん上位陣が不安定なようなら優勝争いに絡んでくる可能性は十分にあります。

スヴェタ (13)
本調子であれば、クレーならウォズニアッキらを突破して決勝進出を狙えそうなドローなんですが、今はウォズニアッキ戦どころか初戦突破もできるかどうか…。今回は4回戦まで進めば良しとします。レザイやピアーも怖いですが、二人とも今季はあまり調子が上がっていませんし。

バルトリ (11)
ストラスブールでは決勝に進んでいるものの、クレーは苦手としていますからねぇ。3回戦でゲルゲスかサファロワに敗れると予想。

ストーサー (8)
復調気味ではありますが、ゲルゲスとウォズニアッキを連破するだけのレベルに引き上げられるかどうか。
しかし、現役の中では最もクレーに適性のあるプレイヤーだと思うので(言い方を変えれば、ここで勝たなきゃどこで勝つんだ!)、何とかがんばってもらいたいですね。

ヴェラ (3)
安定はしているものの、ドーハ以外では目立った活躍のない彼女。しかしドローは割と開けています。スキアボーネには抜群の相性を誇るので(何と過去10戦全勝!)、その前のパブリチェンコワに照準を絞りたいところ。

パブリチェンコワ (14)
実力は確かなのになかなか突き抜けることができないパブちゃん。GSでは3回戦が定位置になっていますが、上位16シード入りを果たしましたし、20歳の誕生日を前にそろそろベスト8入りしておきたいですね。

ヤンコビッチ (10)
ムラのあった昨年、一昨年と比べると、安定した勝ち上がりを見せている今シーズン。しかし、取りこぼしが減った分、トップ30相手に2勝9敗という突破力のなさも露呈しており、すっかり存在感がなくなってしまいました。全仏は過去3回ベスト4入りしている相性のいいトーナメントではありますが、今の調子だと優勝候補には挙げられず、準決勝まで辿り着ければ上出来というレベルだと思います。

スキアボーネ (5)
昨年の全仏のヒロインも、今シーズンは苦戦中。まぁ、1年前は明らかに確変モードだったわけで、今年は通常モードに戻っただけだと思いますが…。とはいえ全豪のスヴェタ戦で見せたような執念があればチャンスはあるので、分の悪いヤンコビッチやヴェラ相手にも果敢に挑んでもらいたいです。

リー・ナ (6)
全豪で彼女を支えていた旦那と師弟関係を解消し、新たなコーチを迎えてから再び上昇気流に乗るリー・ナですが、クレーならベスニナあたりに負けても驚かないな。

クヴィトワ (9)
前哨戦の優勝はあるものの、クレーの中でも球足の速いマドリッドだったこと、それまでのクレーの実績があまりなかったことから、若干懐疑的になってしまいます。翌週のサーキット大会では72位のリバリコワに負けていますしね。同じブロックのリー・ナよりも上位進出の可能性は高そうですし、波に乗れば決勝進出だって狙えそうですが、まずは3回戦のシブルコワが大きな関門かな。

カネピ (16)
毎週ランキングをチェックしているのに、彼女がこの位置にいることに改めて驚きます。それほど、すっかり存在感がなくなってしまいました。爆発力はあるし、アザレンカやイヴァノビッチがフィジカルの問題を抱えているのでチャンスはあるでしょうが、まずは初戦突破を…というところでしょうか。

アザレンカ (4)
フィジカルの問題さえなければ優勝だって狙えるくらい好調を持続するアザレンカ。そう、問題さえなければ…。
怪我だけじゃなく、暑さにやられたり、脳震盪の影響で倒れたりしている彼女ですから、始まってみなければ何とも言えません。2週間前の怪我にしろ、本人は状態はいいと言っているけど再発するかもしれませんしね。

シャラポワ (7)
クレーでも軽視禁物だということをローマの優勝で証明しましたが、この2~3年は好不調の波が激しいのが気掛かり。サービスの確率を高い水準でキープできれば優勝だって狙える!?

ラドワンスカ (12)
故障明けの全豪でいきなりベスト8を記録し、以降もコンスタントに勝ち進むも、クレーシーズンで失速。元々クレーに強いプレイヤーではないので、過度な期待はできません。と言いながらキムの状態次第ではベスト4も狙えるドローなので、やっぱり応援してしまうんだろな。

ペトコビッチ (15)
昨年は2回戦でスヴェタ相手にマッチポイントを握りながら逆転負けを喫しました。クレーは苦手ではないようですが、過去に目立った活躍もなく未知数。

キム (2)
故障明けで前哨戦を戦っていないという不安はあるものの、ドローにはかなり恵まれた印象。試合を重ねることで調整不足を補うだけの力は持っていますが、複数の故障を抱えていた身体がロングラリーが予想されるクレーコートで持ち応えてくれるかどうか。

この16人以外にも個人的に注目しているプレイヤーも挙げてみました。長くなったので下をクリックで
ゲルゲス (17)
前哨戦の調子を保っていればバルトリを倒す確率はかなり高いでしょう。ストーサーを突破すればウォズニアッキとの再戦が待っていますがさすがに世界ナンバーワンに3連勝は厳しいかな。

イヴァノビッチ (20)
得意としていた全仏で復活の狼煙を上げたいイヴァノビッチは左手首の怪我が懸念材料。ドロー的には3回戦でカネピとかなり恵まれたので、アザレンカとイヴァノビッチ、万全の態勢で臨めた方がベスト8に進出する可能性は高そう。まぁ、どちらもリタイアという可能性も否定できませんが…。

シブルコワ (22)
全仏ベスト4の経歴を持つ小さな実力者。優勝争いに絡むことはないでしょうが、力強いストロークで大物食いをすることもしばしばあるので、注目せずにはいられない選手です。仲の良いクヴィトワとの試合を制して上位進出を果たしてもらいたいところ。

キリレンコ (25)
昨年はスヴェタやシブルコワを下してベスト16入り、他にもクレーではそれなりの成績を収めていますが、今年はなかなか調子が上がってきません。ポイントを守るためにもキムと当たる3回戦までは勝ち進んでもらいたいです。

ペトロワ (26)
キリレンコ同様、3回戦まで進めれば…。年齢と故障の多さを考えればもうキャリア終盤だと思うのでどこかで爆発してほしいんですが、前哨戦を見る限りプレーが粗くて期待できなさそう。

森田
初戦の相手はWCのムラデノビッチ。ランキング251位とはいえまだ18歳ですから油断は禁物ですが、今シーズンの落ち着いたプレーができれば問題なく突破できるはず。ここで頑張ればトップ40も見えてくるかも。

伊達
まさか初戦でウォズニアッキとは…。一昨年のウィンブルドンでは善戦していたけど、ウォズニアッキもあの時よりレベルアップしていて対策を練ってくるだろうし、何よりクレーコートでは難しそう。勝てないまでも、ウィンブルドンに向けてモチベーションが上がるようなプレーを見せてもらいたいところ。

波形
セリーナの欠場により本戦ストレートインを果たした波形の相手はウォズニアク。予選上がりとはいえ、全仏で3年連続3回戦進出を果たしている選手ですから苦戦は必至です。ただ、ウォズニアクは前哨戦を戦っていないので故障でもしていたのかな。だとしたら今回はGS初勝利の大チャンスですね。

可能な範囲でのベスト4希望はスヴェタ、パブリチェンコワ、シブルコワ、ラドワンスカ。でも、実際は4強を誰が崩すかというのが焦点になるでしょうね。その可能性が高いのはシャラポワ、ストーサー、クヴィトワあたりだと思います。
スポンサーサイト

テーマ : テニス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

本命不在

というのが私の感想です。
ここで守りの良いウォズニアッキと言いたいんですけど、なかなかそうも思えない。

キムはちょっとやる気あるの?!と思いますが、それでスルスルっと勝ったりするからわかりませんね。

今年もまたダークホースが出るんでしょうか。
得意のサーフェスで調子もよかったとはいえ、昨年のスキアボーネはほんとに驚きました。
それが全仏のおもしろいところでもあるんでしょうけどね。

スヴェちゃんの試合には、ほぼAmélieがいますから放送してほしいです。
今、錦織の試合やってますけど、1st取って、リードしてた2セット目後半で『体力』についての心配されてるのはどうなんでしょうね。

混戦模様

同じ混戦でも、去年はエナン、セリーナがいてストーサーも好調でしたから予想も絞れましたが、今年は本当にどの選手も決め手に欠けますね。

昔は守備的プレイヤーが強いイメージのあったクレーですけど、ウォズニアッキはハードのような踏ん張りの利くフットワークが活きないせいで、苦しんでいるイメージがあります。
とはいえ、クレーシーズンもトップの成績でしたけど…。

キムは出場するということはほぼ問題ないということなのかな。
それとも、今年を最後の全仏にするつもりだから無理にでも出ておくつもりとか…v-405

錦織くん、いい勝ち方でしたね。
体力が心配されていたのは、直前で病気になって静養していたからだと思います。
ストレート勝ちしたことで、次の試合までに余裕ができたんじゃないでしょうか。

出ます!

ブログにもUPしましたけど
AmélieがRGのミックスダブルスにMichaël Llodraとペアででますv-237
RGのサイトでも確認したから間違いないです。

相手はLizel Huber/Wesley Moodieと強豪ですけど
とりあえずうれしいです。
web上で見られるとこご存知ですか?

これは嬉しい!

一時でも師弟関係を結んだロドラならお互いのプレーも理解しているでしょうし、いいペアになりそうですね。
現役を退いてしばらく経つアメリーがダブルス巧者の中でちゃんとプレーできるのか、若干の不安はありますけど、とにかくコートに立ってくれることに感謝!

ちなみに、ストリーミング観戦できるサイトはここですe-30
http://www.fromsport.com/c-4.html
ただ、シングルスの数コートがメインで、ダブルスは決勝くらいしか見られないことが多いです…。
それと、日によって映像がスムーズさにムラがあるので、見られたらラッキー程度に考えておいた方がいいかもしれません。
Youtubeにアップされたらいいんですけどね~。
プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本