Music Review (4月)

19 / Adele ★★★★★★★☆☆☆
「(3)Chasing Pavements」が良すぎて、最初にアルバムを通して聴いた時には地味に感じたんですけど、繰り返し聴いていくうちに徐々に好きになってきました。第一印象が悪かったのはきっと最初の「(1)Daydreamer」が好きじゃなかったからだろうな…。あれはあれで導入としてはアリですが。
鬱屈しているようでいて、不思議とポジティブな空気が漂うのはUKアーティストらしい作風と言えるでしょうか。アルバム内で特に気に入っている「(5)Melt My Heart To Stone」や「(11)Tired」あたりは、その世界観がきちんと出ています。BGMとしてではなく、1曲1曲じっくり向き合うことで初めて魅力が伝わってくるタイプのアルバムなので、外出中よりも家でくつろぎながら聴きたいですね。
こうなると、大ヒット中の2ndアルバム「21」も早く聴いてみたいところですが、彼女の曲を一気に聴いてしまうのはもったいない気も…。グラミーで最優秀新人賞を取るなどデビュー時から高い評価をされた彼女ですけど、未聴の人は今からでも全く遅くないですよ!

1919
(2008/01/29)
Adele

商品詳細を見る

「Chasing Pavements」(US21位、UK2位)のライヴ映像


My Worlds / Justin Bieber ★★★★★★☆☆☆☆
EP「My World 1.0」と、全米で200万枚を超えるセールスを記録している「My World 2.0」のセット。これのDVD付盤が中古で500円とは、B●●K ●FF侮れん!
Usherが後ろ盾となっていたり、The-Dreamらが制作に関与するなどR&Bファンとしてもスルーできない作品ではあるんですけど、聴いた印象は8割方ポップスですね、これは。そのThe-DreamとTricky Stewartが組み、Ludacrisのラップパートが付く「(9)Baby」までも完全にアイドルポップス。なのでR&B好きの自分の愛聴盤になることはないでしょうが、個々の楽曲の質はかなり高いと思います。「(10)Somebody To Love」はUsherがメインで歌うバージョンのような重厚感はないものの、その分疾走感が増していますし。Adeleとは対照的に、こちらは外出中にiPodで持ち歩くなど、頭を空っぽにして楽しみたいアルバムです。
はっきり言って歌唱力の方は"15~16歳にしては"上手いという程度ですけど、彼にそれを求めている人はほとんどいないか。それよりも声質との相性の方が重要でしょうか。最近は至るところで声の劣化が指摘されているだけに、甘酸っぱいヴォーカルが楽しめる本作は、ある意味貴重な1枚になるかもしれませんしね。まぁ、自分はTVで見た時の生意気な態度が心に刻まれてしまったので、一生好きになれそうにないですが…。

「Baby」(US5位、UK3位)
スポンサーサイト

テーマ : 洋楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本