F.A.M.E. / Chris Brown

F.A.M.E.F.A.M.E.
(2011/04/06)
クリス・ブラウン

商品詳細を見る

前作は、Rihannaとの事件から1年足らずでリリースされたとは思えないほど煌びやかな楽曲が並んでいてかなり楽しめましたが、同時に、事件を引きずったような詞もいくらか見受けられ、こちらとしてもどういうスタンスで聴けばいいのか分からないアルバムでもありました。
そこからさらに1年。ミックステープ「Fan Of A Fan」に収録されていた「(1)Deuces」がR&Bチャートを制するなどなぜか突然の復活を果たし、その後も着実にファンを取り戻している中でのアルバムリリース。見事、自身初の全米1位を記録しています。

プロデューサーに目を向けると、「Fan Of A Fan」を手掛けていたK-Mac(Kevin McCall)は結局(1)のみの参加、他のメンバーも1~2曲の提供に留まっています。その分アルバムとしての統一感には欠けますが、プロデューサーを固定せずバラエティに富んだ楽曲を揃えたのは正解でしょう。僕は輸入盤デラックス・エディションよりもさらに曲数が多い19曲収録の国内盤を購入したんですが(UK2位を記録したChipmunkの「Champion」がまたいいので、未購入の人は迷わずこちらを選ぶべし!)、75分にも及ぶ収録時間にもかかわらず、全く飽きることがありません。

バラードも含めて総じて楽曲のレベルが高いんですけど、踊れるアーティスト、Chrisならやはりアップを推したいところ。
アルバムはヒップホップトラックの「(4)Look At Me Now」から加速度的に勢いが増します。Michael Jackson「Human Nature」をサンプリングした「(5)She Ain't You」は一発で耳が持っていかれてしまうし、3分間で一気に駆け抜ける「(6)Say It With Me」、PVのように青空の下ではしゃぎたくなる「(7)Yeah 3x」の並びは破壊力抜群。他にも「(11)Oh My Love」や「(13)Beautiful People」など、聴いているだけで気分が高揚する楽曲がこれでもかというくらい収録されています。どの曲も新鮮味こそないものの、彼のカラーに見事にマッチしているため、流行りに乗っかったという印象は受けないんですよ。
正直なところ、デビューから6年経ち、さすがに10代半ばで持っていたヴォーカルは瑞々しさは失われつつあるのかなと感じました。こればかりは仕方のないこと。しかし、やんちゃさはまだまだ残っているし、(11)などではダンサブルにもかかわらず切なさも漂わせていて、彼の個性は全く奪われてはいませんね。

欲を言えば、バラードでのヴォーカルの表現力に物足りなさが残るかな。アップではオーソドックスな中にもきちんと自分らしさを出せるようになっているだけに、声が落ち着くであろう数年後には深みのある歌を聴かせてくれるようになってくれるよう期待しています。

★★★★★★★★☆☆

◆前作の評価
「Graffiti」 ★★★★★★★☆☆☆

「Yeah 3x」(US15位、UK6位)
スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本