THE LAST STORY (Wii)

ラストストーリー 特典 エレメント オブ ザ ラストストーリー (サントラCD+ビジュアルブック) 付きラストストーリー
(2011/01/27)
Nintendo Wii

商品詳細を見る

寄り道を結構してもエンディング到達まで25時間ほど。なのでクリアしてもまだ余力があり、ムービーを飛ばしながら2周目を遊んでいます。
2周目を遊ぶことを考えるとムービーが早送りできたりスキップできたりするのは便利ですね。特に早送りはこれまでのRPGにはなかったもので、長いムービーを延々と眺めなくても物語を追えるという利点があります。2周目以降でないと手に入らないアイテムがあり、おかげで武器や防具を強化させる楽しみは健在です。
ただ、中ボスクラスを除けば敵の強さが1周目と変わらないので、ゴリ押しが通用し、作戦を練って多くの敵を蹴散らすという爽快感が全くなくなっているのが残念。オンラインでも討伐と乱闘のどちらも簡素な作りで、アイテム収集程度しか目的が持てないので、当初感じていたほどやり込めるゲームではないのかもしれません。
中途半端に2周目のおまけを付けるくらいなら、クリア後のダンジョンを用意してくれた方が嬉しかったな。ネットでの配信という形でもいいんだけど…。

他にも、陳腐なシナリオや下手な演出、本編より難易度が高いサブイベント(衛兵との追いかけっこで何度ゲームオーバーになったか…)など、不満点はたくさんあって、実際ネット上でもそこを集中的に批判されているみたいですね。酷評されるほどの出来だとは思わないんですが、そこはWiiの大作RPGとして大々的に売り出されて期待値が上がりすぎてしまったからなんでしょう。

それでも、自分は新しい要素を高く評価したいと思います。
敵に向かって進むだけで勝手に攻撃してくれるシンプルな操作、ギャザリングを駆使した仲間との連携、地形を利用しての奇襲攻撃など、斬新な戦闘システムには粗もあるもののとても楽しめました。「THE LAST STORY」に続編は期待できないかもしれませんけど、このシステムは練り込めばRPGの新たな形になる可能性を秘めているような気がします。

あとは、キャラクターの装備の色を自由に変えられたり、装備は変えずにパーツを取り外しできることができる(下着姿のキャラクターをイベントシーンに登場させたり)など、本筋とは関係ないところで遊び心が感じられるところも良かったですし、移動中にキャラクター同士の会話が聞けるのも非常にいいアイデアだと思いました。おかげで退屈せずにダンジョンを探索できています。ただ、イベントムービーに突入すると強制的に会話が打ち切られるのは残念ですが。
操作はクラシックコントローラーでも遊べますが、個人的にはヌンチャクの方が遊びやすかったです。それと、街の中はMAP移動で瞬時に飛べるので、ぜひ活用を。自分は1周目はそれの存在に気付かず、ずっと走り回っていました…。

惜しい点がありながらも、チャレンジ精神が十分に窺える秀作。WiiはRPGが少ないですし、もっと多くの人に遊んでもらいたいですね。

★★★★★★★★★☆
(プレイ時間:約35時間、オンラインは2時間ほど)
簡易レビューはこちら
スポンサーサイト

テーマ : THE LAST STORY
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本