全豪オープンテニス2011 準決勝

大会期間中に、エナンが2度目の引退発表をしました。やはり昨年のウィンブルドンで痛めた右肘のためだとか…。GSで唯一取れていなかったウィンブルドンタイトルのために復帰したのに、そのウィンブルドンでの故障で引退を余儀なくされるというのは何とも皮肉。目標ははっきりしていたんだから、全豪をキャンセルして春以降に備えるということはできなかったのかなぁ。
昨年の全豪ではいまだGSタイトルを狙える位置にいることを証明しただけに、こうして本人の望まない形でキャリアを終えることになってしまったのはすごく残念です。コートに戻ってきたいなんて思わずに済むよう、第2の人生を思い切り楽しんでもらいたいですね。

Na Li (9) def. Caroline Wozniacki (1) 3-6, 7-5, 6-3
Kim Clijsters (3) def. Vera Zvonareva (2) 6-3, 6-3


全豪決勝は、シドニー決勝の再現になりました。ウォズニアッキはまたしてもタイトルに手が届かず!

第1セットはウォズニアッキの良さが発揮されていたんですよね。李娜のハードヒットを受け止めながらしっかりコースを変えて、ミスを誘っていました。数こそ多くなかったものの、大切なポイントでしっかりネットに詰めるなど、攻撃的な姿勢も見られました。全米のシャラポワ戦の再現かと思いましたよ。
李娜は粘られたことに加え、自身も調子が上がらず、なかなかショットがコートに収まらない状態。しかし、第2セット以降は上手く修正してきました。
そうなるとプレッシャーを受けるのはウォズニアッキの方。次第に攻守のバランスが崩れてきて、攻められることが増えてきました。それでも第2セットも先にブレイクアップしたんですが、4-3、40-0から5ポイント連取されて追いつかれたことで流れが途絶えてしまった感じがします。その後、再びブレイクし5-4でマッチポイントを握るも取り切れず、完全に流れを引き渡してしまいました。
ウォズニアッキは噛み合っている時はクレバーなテニスをするんですけど、守り一辺倒になってしまうとどうしても単調になってしまいます。ストロークに高低差をつけるなど工夫は見られるんですが、好調な相手には対応されることが多いので、今後はやはり前後に動かす組み立ても必要になるんじゃないでしょうか。つまりドロップショットとネットプレーです。彼女の場合、(多分本人も予想していなかったほど)早い段階でナンバーワンになってしまったことで結果を求められてしまっているというのが災いしているのかもしれませんが、なかなか大胆にプレーを変えていくことができていないんですよね。ハードヒットを持たないウォズニアッキにネットプレーは必要不可欠なので、何とかがんばってもらいたいと思います。

李娜はアジア人として初めてのGS決勝進出。ついに伊達超えを果たす選手が出てきましたね。ランキングも7位以上になることが確定しました(優勝すれば5位かな)。初の決勝の舞台は緊張するかもしれませんが、失うものは何もないので、全力でぶつかっていってもらいたいところです。

で、その李娜の相手はキムに決まりました。
キムは攻めても守っても強いな~。この日はサービスも安定していましたし、ミスを連続で出すようなこともあまりなかったので、ずっと主導権を握っていました。こうなるとヴェラはできることがあまりないんだなぁ…。終盤のリターンゲームで好ショットがいくつか飛び出し、2度のブレイクチャンスを握ったものの、一歩及びませんでした。
好調というほどではないけども、それでも今回の出場メンバーの中では突出した実力を持つキム。不安材料だった安定感のなさを払拭し、初の全豪タイトルを手にすることはできるんでしょうか。
スポンサーサイト

テーマ : テニス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ウォズニアッキ残念でした。
李娜は一時調子を落としてましたが、見事な復活ですね。
でも、キム相手じゃちょっと厳しいかな。
SFでも強かった!

エナンについては、怪我もあるでしょうが
やっぱり自分の期待通りの活躍ができなかったこともあるのかと思います。
怪我を治してやってもGS優勝やNo.1は難しい。
以前辞めた時もNo.1でないとというようなコメントもありましたし。
やっぱり頂点を極めた選手にとって中途半端な位置で続けるのは、モチベーションも上がらないし難しいんじゃないかしら。

ベルジャンの明暗

李娜は決勝でも予想以上に素晴らしいテニスをしましたね。
故障が多く、波が大きいプレイヤーというイメージでしたが、こんなに安定してくるとは…。
しかし、この10年ほどでテニスも変化しましたけど、キムやセリーナを超える選手はなかなか出てこないものですね。

エナンについては、少し前にロンドン五輪でキムとペアを組むという話もありましたから、モチベーションは大きかったというのが僕の見解です。
去年の全豪のように優勝のチャンスはあったでしょうし。
でも確かに、故障を抱えながら中途半端なレベルで戦うというのは許せないものがあったんでしょうね。
特別応援している選手ではなくても、これだけの才能の持ち主が完全燃焼できずに引退することになるのはすごく残念です…。
プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本