宇多田ヒカル特集

こんな企画をやっておいてどうかと思いますが、自分は宇多田に対して強い思い入れはありません。持っているアルバムは「ULTRA BLUE」と「Heart Station」、そして6年前に発売されたベスト盤だけで(Utada名義の2作は持っています)、他のアルバムはレンタルして数回聴いただけに止まっています。
しかし「ULTRA BLUE」と「Heart Station」は名作だと思いますし、2000年代J-POP界の最重要アーティストでもある宇多田の復帰を期待する意味で、特集を組んでみました。
一応好きな曲をベスト5形式にしましたが、1位以外は順不同だと思ってください…。

1. Travelling
宇多田の曲で断トツで好きなのがこれ。曲も秀逸ですが、ポップだけどエキセントリックという宇多田のキャラクターを活かしたPVが素晴らしすぎます。赤毛の宇多田がかわいいですな~。


2. Automatic
楽曲としてはこれより好きなものはたくさんあるんですけど、やはり最初に聴いた時の衝撃は忘れられません。当時はPCも持っていなかったのでこれを聴くためにCDショップの試聴機に向かっていました。
そしてビデオが初々しい! 低い天井ダンス(?)が結構話題になっていましたよね。


3. Movin' On Without You
ハウスがあまり好きじゃないので敬遠気味だったこの曲。しかし、不思議と今でも飽きずに聴けてしまいます。


4. Keep Tryin'
すんなり耳に入ってくる詞が印象的な、宇多田流の応援歌。決して押しつけがましくならないあたりが彼女らしいですね。
コスプレ姿が多数見られるPVはマニア必見。


5. Passion
この曲は普通に聴いただけでは魅力が解らなかったんですが、TVでパフォーマンスしているところを見て好きになりました。流麗なメロディとは不釣り合いにも思えるアグレッシブなパーカッションが最高です。


R&Bファンとしてはチキチキが楽しめる「Addicted To You」も捨て難いです。当時流行っていた音だけに、今聴くと古さも感じますが。曲単位ではR&B色の濃かった初期の方が好きなんですが、彼女の力が発揮され始めたのは間違いなくポップ色が強まった後期だと思います。アルバムのまとまりが良くなって、シングル曲がすんなり溶け込むようになりました。
高い歌唱力と恵まれたルックス、そして何よりソングライトのセンス。上に挙げたアップはもちろん、単に"泣ける"のではなく心にかかった靄を表現したようなバラードも彼女ならではのもの。「Be My Last」の導入「バラバラになったコラージュ捨てられないのは~♪」の部分なんか、改めて聴くと鳥肌が立つほど見事だなと思わされます。同じような曲を作れるアーティストがなかなか見当たらないだけに一刻も早い復帰を望んでいますが、まずは久々の自由を楽しんでもらいましょう!
スポンサーサイト

テーマ : おすすめ音楽♪
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本