'10 11/12 Music Chart

iPod故障!
というか、PCの方がiPodを認識されなくなってしまって同期も充電もできなくなってしまったんです。おかげで今週は外出時の音楽はナシ。音楽がないと出掛けるのも楽しくないです…。引きこもる前に何とかしないと。

さて、billboardと自分のランキングを融合させた独自の隔週Music Chart。
カッコ内は前回の順位。<>内は順に登場回数と最高位になっています。

(3)1. Like A G6 / Far East Movement feat. Cataracs & Dev<4,1>
(1)2. Just A Dream / Nelly <6,1>
(5)3. Just The Way You Are / Bruno Mars <6,3>
(NEW)4. We R Who We R / Ke$ha <1,4>
(7)5. Bottoms Up / Trey Songz feat. Nicki Minaj <4,5>
(4)6. Only Girl (In The World) / Rihanna <4,3>
(2)7. DJ Got Us Fallin' In Love / Usher feat. Pitbull <8,1>
(17)8. Can't Be Friends / Trey Songz <2,8>
(NEW)9. Whip My Hair / Willow <1,9>
(12)10. Raise Your Glass / P!nk <2,10>


Far East Movementが初の1位に。インパクト勝負のようで、意外と飽きが来ないんですよね~。でも多分、アルバム単位では好きになれないような気がします…。

4位に一気に飛び込んできたのはKe$ha。今月リリースのアルバム「Cannibal」(日本盤は「Animal」とセット販売で12/8リリース)からの先行シングルが、「Your Love Is My Drug」(3位)、「Take It Off」(2位)に続き、3曲目のトップ5入りを果たしました。良くも悪くも前作と変わらない曲調。従来のファンなら間違いなく満足できるでしょうが、そうでない人はKe$haの将来性に疑問を持ってしまうかも。

今週のサプライズは9位のWillow(ウィロウ)。先月末に10歳になったばかり…ということは9歳の時にレコーディングした曲ということですよね。
あのWill SmithとJada Pinkett Smithの娘という話を聞いて、七光りアーティストかよと一蹴していたんですけど、最近楽曲を聴いてビックリ。「A Milli」、「Diva」を彷彿とさせるアグレッシブなトラックで、音だけ聴くと幼さは感じられません。ヴォーカルはRihannaっぽく(Jay-Zのレーベルだそうですが納得…)、PVの重量感はDestiny's Childの「Jumpin' Jumpin'」を思い出すなぁ。TVパフォーマンスも堂々たるものでしたし、今後が楽しみなアーティストです。


(18)11. One In A Million / Ne-Yo <2,11>
(6)12. Teenage Dream / Katy Perry <8,3>
(8)13. Dynamite / Taio Cruz <10,3>
(NEW)14. What's My Name? / Rihanna feat. Drake <1,14>
(11)15. Cooler Than Me / Mike Posner <11,1>
(9)16. Hot Tottie / Usher feat. Jay-Z <6,5>
(10)17. Club Can't Handle It / Flo Rida feat. David Guetta <5,10>
(20)18. Animal / Neon Trees <3,18>
(NEW)19. Firework / Katy Perry <1,19>
(14)20. I Like It / Enrique Igresias feat. Pitbull <9,6>


Ne-Yoのアルバムは全米でどれだけ売れるんでしょうね。日本では初登場5位とそれなりの成果を収めましたが、UKではトップ10を逃すなど、多くの国で前作を下回るセールスになっています。全米でもシングルが全くヒットしていないですし、同じ週にKanye WestやNicki Minajといった注目作も出るので、埋もれてしまいそうな気がします。内容はいいんですけど…。

14位初登場はRihanna。ニューアルバム「Loud」からの2ndシングルで、今週のbillboardチャートではトップに立っているので、まだまだ伸びるでしょう。ソロとしては「Hard」(15位)、「Rude Boy」(2位)、「Only Girl (In The World)」(3位)に続き4曲目のチャートイン(客演としてはEminemの「Love The Way You Lie」で2位を記録しています)。
前作でダークに向かった反動かもしれませんが、Rihannaがこんなに明るく穏やかな曲調で歌うのは久しぶりのような気がします。まだこの曲にはピンと来ていないものの、PVが公開されて数多く耳にするようになればまた印象が変わってくるかもしれません。

ラストの初登場は19位のKaty Perry(ケイティ・ペリー)。今週は女性アーティストが強いですね。こちらも「California Gurls」(2位)、「Teenage Dream」(3位)に続くチャートイン。
PVは胸から花火が飛び出すシーンに最初は面喰いましたが、詞の内容が解らなくてもポジティブな気分になれる映像で気に入っています。
スポンサーサイト

テーマ : 洋楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本