Cremlin Cup

シャラポワ婚約!
相手はNBAプレイヤーのサーシャ・ブヤチッチらしいですが、WTAの顔とも言えるシャラポワが他競技の選手と婚約したということで、妙な嫉妬心が芽生えてしまいました。シャラポワの現役生活は長くはないと以前お父さんが発言していたと思うんですけど、この婚約がテニスへのモチベーションにどう影響を与えるか気になるところです。ところで、呼び名はどうなるんでしょうかね。シャラポワはやっぱりシャラポワと呼び続けていたいけど…。

 <Quarterfinals>
Victoria Azarenka (2) def. Alisa Kleybanova (7) 6-1, 6-3
Maria Kirilenko (6) def. Zarina Diyas 6-1, 6-2
Maria Jose Martinez Sanchez (8) def. Dominika Cibulkova 6-2, 6-3
Vera Dushevina def. Anna Chakvetadze 6-3, 7-6 (9-7)

 <Semifinals>
Victoria Azarenka (2) def. Maria Jose Martinez Sanchez (8) 6-3, 6-3
Maria Kirilenko (6) def. Vera Dushevina 6-1, 6-1

 <Final>
Victoria Azarenka (2) def. Maria Kirilenko (6) 6-3, 6-4


プレミアシリーズにも関わらず、地元の上位選手に総スカンを喰らってしまったクレムリン。フィジカルに問題のあったヴェラやスヴェタはともかく、どうしてディメはインターナショナルシリーズのルクセンブルクの方に出ていたんだ?
それに、今に始まったことではないけど、クレムリンはプレミアにも関わらず観客が少なすぎ。これを見てしまうと、東レは賑わっているよなぁと感じられますね。会場が有明に移ってから選手が身近になりましたしね。

さて、週初めにセリーナの最終戦欠場が発表され、李娜とアザレンカにチャンスが巡ってきました。大会前は李娜の方が5ポイント上回っていたものの、彼女が初戦でチャクベターゼに負け、アザレンカが2回戦を突破した時点でアザレンカが出場権を得ました。個人的には、李娜に出てほしかったなぁ。北京オリンピックであった中国人応援団への一喝事件以来、好感度は増していましたし、初めてのチャンスを掴んでほしかったという気持ちもありますが、怪我さえなければ来年もチャンスは十分あると思っているので、がんばってもらいましょう。
まぁ、今年も補欠なのでまだ可能性は残されていますけどね。

で、最終戦の出場権を得たアザレンカがそのままの勢いで優勝を果たしました。決勝を戦ったのはダブルスパートナーだったキリレンコ(ダブルスはベスト4)。
キリレンコは2ndセットで4-0とリードし、追い上げられながらも第7ゲームと第9ゲームでは0-40と3つのブレイクポイントを握っていただけに、そこを取り切れなかったのが悔やまれます。アザレンカの積極的なプレーが光りましたけど、キリレンコの方もリードしてから消極的になってしまったような…。今年はテクニックだけでなく、ショットにパワーが感じられるようになりましたけど、アザレンカと比べてしまうとまだまだ詰めの甘さが目立つんだなぁ。無理にドライブボレーを打ちにいって甘いショットになることも多いし…。
とはいえ、これで2年ぶりのトップ20復帰。まぁ、来年早々、全豪で稼いだ500ポイントを失いますけど、とりあえずめでたい!

今週のサプライズはカザフスタンのディヤス。今週17歳になったばかりの268位がプレミアシリーズで予選を勝ち上がり、本戦でもドゥルコとヤンコビッチを破ってしまいました。準々決勝ではキリレンコの冷静な組み立ての前にミスを連発し、残念ながらその才能の片鱗を示すには至りませんでしたが、近い将来また見られるようになるといいですね。
スポンサーサイト

テーマ : テニス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本