楽天オープンテニス予選観戦記 (2日目)

ユーズニーとシモンは今年は北京。ユーズニーは昨年も北京に出場する予定でいながら直前で東京に切り替えるという経緯があったので、今年も期待していたんですけど、さすがに2度はなかったか…。「オレ(東京)をフッたんだから(北京で)幸せになれよ」なんていう器の大きな男にはなかなかなれませんが、特にユーズニーはこれから1年は守るポイントも大きくなりますし、何より初めての最終戦出場のためにはここでがんばってもらわなくては!

さて、予選2日目。まずは前日、大激戦の末にアップセットを演じた守屋宏紀から。
昨日よりはランキングが下とはいえ、今日の相手も173位。遥かに格上です。しかも相手のラムはビッグサーバーで、宏紀くんの得意なストローク戦にはなかなか持ち込ませてもらえませんでした。1stはおろか、2ndサービスにも最後まで対応できなかったように思えます。ネットに出られると本当に苦しかった…。
敗れはしたもののスコアは6-4、4-6、3-6。ストローク戦では完全に主導権を握っていました。個人的には、サービスのパワーアップが印象に残っています。そして何よりメンタルの強さ。今日のように自分のペースで展開できない試合でも、必死に食らいつく姿がとても頼もしかったです。この夏、海外チャレンジャーに挑み、跳ね返されてきた経験がここで活きたんでしょうか。自国開催ということで応援が力になった部分もあるでしょうけど、それはそれでプレッシャーもあるでしょうから、そういう場でこれだけのパフォーマンスができたというのは大きな自信になるでしょうね。今後が楽しみです。
勝つにはハングリーさが必要ですが、できれば今の好青年キャラのままで育っていってほしいなぁ。

他に予選で見たのはウルシュラ(ラドワンスカ)くらい。今季は故障で200位台まで落ちてしまいましたが、本来ならツアーレベルの選手。それを証明するかのように、この日は2試合とも相手に1ゲームしか与えず完勝でした。お姉さん顔負けのドロップショットも見られて満足。

あとは練習コート巡りですが、デルポトロ、ガスケ、ロドラ、ステパネクら、昨日も見たメンバーばかりで有難みがない…。ツォンガやモンフィスも去年観たしなぁ…。でも伊藤竜馬と練習していたツルスノフは初めてだったから嬉しかったです。

そういえば、デルポ練習中に石津選手が目の前を素通りしました。ホントに小柄な女の子なので観客の中に普通に紛れこんでしまっていましたが、さすがにウィンブルドンジュニアの活躍はセンセーショナルだったようで、小さい子どもにもサインをねだられていました。
逆に、錦織くんはすっかり大スター。先週のだてっくもそうでしたが、練習コートにやってくるにもファンと警備員で民族大移動が起きてしまいます。前回見たのは3年前だったけど、精悍な顔つきになりましたね。でも、さすがに人混みの中にいる気にはなれないのであっさり退却。

ここ数年は一番のお気に入りの大会でしたが、今年は惹かれる選手があまり来なかったこと(2年ぶりのロディックは見たかったですけど)と東レが熱すぎたせいで、去年ほどの興奮はなかったです。それでも、やっぱり夢のような時間でしたね~。本戦はまだ始まってもいませんが、自分のテニス観戦は今日でお終いなので現在脱力中…。来年は何とか平日の本戦に行きたいな。
そういえば、会場近くの歩道橋でドキッチが近くを歩いていましたよ。10年前は警備なしでは会場を移動できなかった人気選手が普通にコーチと二人っきりで歩いているなんて、月日の移り変わりを感じて淋しくなるとともに、ちょっと儲けた気分になりました。今回は第2シードなので優勝狙ってね!
スポンサーサイト

テーマ : テニス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本