Music Review (9月Part1)

Signature / Joe ★★★★★☆☆☆☆☆
振り返ってみると、僕が最初に好きになった男声R&BアルバムはJoeの「My Name Is Joe」でした。「All The Things (Your Man Won't Do)」のヒット以降、バラード・キングとして名を馳せてきただけあって、やはりこの人が歌うバラードは安定感がありますね。女性ファン悶絶必至の良曲揃いです。中盤以降の盛り上げ方が見事な「(10)Love's Greatest Episode」をはじめ、「(1)Majic」、「(4)Friends Don't Let Friends」など、ゆっくり耳を傾けたくなる作りで、昔からのファンは確実に満足できる作りになっていますね。
ただ、バラードが続くためアルバムとして単調な点は否めません。思い切って「(8)Come Get To This」のようにワイルドな曲を増やせばメリハリがついたかも。自分にとってはちょっと甘すぎました…。

◆前作の評価
「Joe Thomas New Man」 ★★★★★☆☆☆☆☆

「(5)Worst Case Scenario」(US R&B52位)


Versus / Usher ★★★★★★★★☆☆
「OMG」の流れなら「(2)DJ Got Us Fallin' In Love」、「Lil Freak」路線では同じPolow Da Donプロデュースの「(3)Hot Tottie」や「(7)Get In My Car」というように、「Raymond V Raymond」をそのまま縮小したかのような作り。とは言っても「Raymond V Raymond」からスケールダウンした感じもせず、聴き応えのある楽曲で彩られています。特に(3)のかっこよさは半端じゃない! Polow Da Donは存在が地味になってきてもちゃんとコンスタントに良曲を届けてくれますね。
Justin Bieberとメインを入れ替えた「(8)Somebody To Love Remix」も気に入りました。Justinのヴォーカルが好きになれないこともあるんですが、Usherの突き抜ける高音はやはり心地良く、彼の才能を再評価するきっかけになりました。
曲数が少ない分物足りなさもありますが、もっと聴きたいと思えたからこその感想なのかもしれませんね。ミニ・アルバムとしては満足の星8つです。

VersusVersus
(2010/08/24)
Usher

商品詳細を見る

◆Usherの関連作の評価
「Raymond V Raymond」 ★★★★★★★★☆☆

「DJ Got Us Fallin' In Love」(US5位、UK7位)。未発表のPVの代わりにパフォーマンス映像を…
スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

No title

俺も(3)は大好物です。カッコイイですよね~、これ。最初の衝撃ってやっぱ後になっても納豆のようにあと引きます。
そもそものオリジナルのアウトテイクでしょと思ってたら大間違い。かなりのてんこ盛りでしたね。

Hot Tottie

ミニアルバムってコンセプトが見えないし、割高な印象があるし…。
ということで敬遠気味だったんですが、この出来なら文句ありませんね。

(3)はフルアルバムに入れてほしかったくらいのクオリティだと思います。
「Versus」は買う人が限られるでしょうから、多くの人の耳に届かないのがホントに残念。
ちゃんとPV作って、シングルヒットさせてもらいたいですねv-218
プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本