いろづきチンクルの恋のバルーントリップ (DS)

いろづきチンクルの恋のバルーントリップいろづきチンクルの恋のバルーントリップ
(2009/08/06)
Nintendo DS

商品詳細を見る

自分にしては割とサクサクとクリアできました。
ラスボスとの戦いがタッチペンを使ったシューティングなので難易度が上がり、万人受けするゲームではなくなってしまっているのがすごく残念。そこまでゆる~い雰囲気できているんだから、プレイヤーにテクニックを要求しない思考型アドベンチャーで終わらせてほしかった…。

欠点から先に言ってしまうと、このゲーム、テンポがかなり悪いです。風船で過去に戻るシステムも、同じセリフを何度も見ることがあるため(しかも飛ばせない…)ストレスが溜まりやすい。タッチペンでの操作はきちんと練られているけど、十字キーで動かすよりも便利とは言い難いですし。

ただね…、作りがすごく丁寧なんですよ。
システム自体は決して新鮮なものではないんですけど、次々と立ちはだかる謎を解くためにアイテムを探したり仲間の特殊能力を使ったりという古典的なシステムは、かえってアドベンチャーゲームの面白さを再確認させてくれます。ストーリーの先が気になって一生懸命謎解きしてしまうアドベンチャーを遊んだのは久しぶりでした。テンポの悪さも、このゆるい世界には合っているので許せてしまいます。

そして毒気を含みながら心温まるストーリーに、それを彩る個性的なキャラクター。主人公の気持ち悪さが魅力になるゲームは他にないでしょう。女性に邪険に扱われる様が不憫でもあり、面白くもあり…。チンクルに警戒する女性たちを物で釣るというラブ・プッシュはその主人公のキャラを上手く活かしたシステムで、シンプルながらハマります。
しかし、本作のMVPはカカシでしょう! カカシ、ブリキ、ライオンという仲間は明らかにオズの魔法使いをモチーフにしたものですが、脳のない(頭の悪い)カカシには和ませられっぱなし。へんてこなことばかり言う彼ですけど、そのセリフにはホントに心があるんです。最終話ではその温かさに涙しそうになるくらいで、このままずっとカカシと冒険していたいと思わせてくれましたよ。

ボリュームもアドベンチャーゲームにしてはなかなかのもの。クリアまでは「逆転裁判」シリーズと同じくらいですが、本編以外のイベントも豊富に用意されているのであと5時間は遊べそう。ただ、サブイベントで頻繁に行くことになるその後の世界では仲間が登場しないことが多いので、本編より魅力は劣るかな。

★★★★★★★★★☆
<プレイ時間:25時間弱、クリアタイム:20時間11分>
簡易レビューはこちら
スポンサーサイト

テーマ : ニンテンドーDS
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本