全仏オープンテニス2010 決勝

 <Final>
Francesca Schiavone (17) def. Samantha Stosur (7) 6-4, 7-6 (7-2)


女子決勝は驚きの、しかし心のどこかで予想していたような結果になりました。メンタル勝負になることは確信していたものの、それは両者が緊張のせいでこれまでよりもパフォーマンスを落とし、その下げ幅を小さく食い止めた方が勝つのだと考えていました。まさかスキアボーネがGS決勝で最高のテニスを見せるなんて…。

いやぁ、ホントに完璧でしたね。
立ち上がりはストーサーにサービスゲームを楽にキープされていたので、こりゃ自分のサービスにプレッシャーが掛かるんじゃないかな…なんて思っていたんですけど、気負うどころか逆に闘志を前面に押し出して向かっていっていました。ストーサーの強力なサービスやストロークにも身体ごとぶつかっていっているように見えましたし、またスライスを混ぜながらチャンスを待ったり、ネットプレイで相手にペースを握らせないようにするなど、戦略もばっちり。特にストーサーのバック側にアングルショットが入った時に何の躊躇もなくネットに詰めて確実にボレーを決めていたのが印象的でした。この組み立てはディメとの準決勝でも有効でしたね。
また、サービスも素晴らしかった。本来ならストーサーのバックにボールを集めたいところでしょうけど、甘くなると回り込まれて強力なフォアが返ってきてしまう。そこで、要所要所でフォア側にサービスを打っていたんですが、これがまた見事で、2ndサービスでもライン際にコントロールされていました。

もちろん戦略がハマったこともあるんでしょうが、特筆すべきは冒頭で触れたメンタルでしょう! 決勝戦だからという緊張感は全く感じられず、むしろ自分の一世一代の晴れ舞台を見てもらうんだという意気込みがはっきり感じられるほどコート上で躍動していました。その気迫は、勝ちが見えてきた終盤にしぼむどころかますますヒートアップ。終盤のゲームなんか完全にゾーンに入っていて、打つボールがどれも深くラインを捉えていましたね。初めての決勝であれだけ伸び伸び動けるなんて、どんだけ強靭な精神力なんだ! 試合中だけでなく、表彰式の振る舞いも印象的でした。国歌の終わるタイミングでガッツポーズなんて、彼女しかできないでしょ。人前に出ると緊張して言いたいことの半分も言えない自分に、自然体でいられるコツを伝授していただきたいものです…。

敗れたストーサーも、自分のテニスを貫いたと思います。ただ、4回戦から準決勝までに見せた相手を威圧するプレーは若干影を潜めていたように見えました。粗さがあるのは仕方ないんですが、それが大切なポイントで、しかも詰めのショットでのミスに繋がってしまった…。本当にこれがダブルスのナンバーワン経験者?と思うくらいこの試合ではボレーやスマッシュのミスが目立ちました。
他にバックハンドのダウン・ザ・ラインが入らなかったのも大きいですね。そのせいでほとんどクロスに返球するしかなく、スキアボーネにいいように攻撃されてしまった観があります。
それでも2ndセットは初めてのブレイクに成功し、4-1とリードを広げました。ストーサーの動きもグンと良くなっていたところだったんですけど、流れが完全に彼女に行くんじゃないかと思ったところで、次のゲームのスキアボーネはまたいいショットを立て続けに放って楽にキープしたんですよね。そこでまたストーサーは若干引いてしまいました。そこだけが悔やまれるポイントです。

全仏は1997年のマヨーリや2004年のミスキナのようにノーマークの選手が優勝することも稀にあるんですが、どちらも優勝時はトップ10プレイヤー。第17シードの全仏タイトルというのは記憶にありませんね。
自分を含め、決勝の組み合わせを見て地味だなと感じていた人も、セリーナやエナンが優勝した時とはまた全然質の違う感動をもらったんじゃないでしょうか。強打だけでない展開力のテニスも堪能でき、少なくとも2002年以降の全仏決勝としては最も内容の濃いゲームだったと思います。敗れたストーサーも、今後に期待を持てるような勝ち上がりでしたし、また来年を楽しみに待ちたいですね。

この二人が芝でも活躍できるかというと難しい気もしますが、これでウィンブルドンがまた楽しみになってきました。この10年、W姉妹が中心だったこのトーナメントでエナンが念願のタイトルなるか、復調の兆しを見せたシャラポワはどこまで勝ち上がれるか、全仏のように新勢力がかき回すのか、全く読めませんね。ディメの故障が思った以上に大きそうなのは気掛かりですが…。
スポンサーサイト

テーマ : テニス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

決勝前

schiavoneはいろんな感情が込み上げてきて涙が止まらずずっと泣いていたとWOWOWの杉山さんのインタビューで言っていましたね。それが逆に決勝での最高のパフォーマンスに繋がったんだろうなと思います。これまで彼女のプレーは何度も見ましたが、私が見た中でもベスト、そしておそらく彼女のキャリアでも最高のパフォーマンスだったんではないでしょうか。感動しました。

stosurは前から気になっていたんですが、シングルスの試合になるとネットプレーがいまいちなんですよね。よく凡ミスするところを目撃します。ストローク戦で充分展開が作れる、押せるだけに彼女にすればネットに詰める展開も少ないですし。

将来性

試合前のスキアボーネはそんなことになっていたんですか~。
それを力に代えるなんて、どの選手もできることじゃないですよね。すごい…。
確かに自分が見た彼女の中でもベストのテニスをしていましたけど、伸び盛りの若手ならともかく、30歳を目前にしたベテランがあれほど化けることもあるんだなぁ。
テニスの面白さを再確認した大会でした。

ストーサーは準決勝までにも凡ミスは多かったですよね。
生で見た一昨年のジャパンオープンでも、素人でもやらないようなミスを犯したりしていましたし…。
ただ、荒削りなだけに、これからどれだけのプレイヤーに成長するんだろうという期待も抱かせる恐ろしいプレイヤーだと思いました。

スキアヴォーネのインタビュー

いぬふさん、WOWOWのインタビューがご覧になっていなかったのですね。ということで、スキアヴォーネの言葉(彼女が話した英語そのまま、カッコは私の勝手な補足)を記しておきます。

This morning I was crying a lot until I say now it's my turn, I go there and I take the trophy. I felt something inside, that say(s), it's the moment to "go practice, believe in yourself, try to play agressive like(as much asかな?) I can. And when I was in the match point I say it's my moment.

(杉山さんがここで"You cried because you were nervous? So much emotions..."と聞くと)

Si, I was nervous, but much more emotions, I felt so much emotions, that I couldn't say nothing(anything) I couldn't do nothing(anything). So are coming, drops and drops and drops a lot. Then I say, it's okay, if you need to cry, why not?

>自分の一世一代の晴れ舞台を見てもらうんだという意気込みがはっきり感じられるほどコート上で躍動していました。

>それを力に代えるなんて、どの選手もできることじゃないですよね。すごい…。

ほんと、おっしゃる通りです。でも、

>伸び盛りの若手ならともかく、30歳を目前にしたベテランがあれほど化けることもあるんだなぁ。

うちのブログで彼女のSF後の記者会見の言葉を紹介したのですが、彼女にしてみたら、遅くはない、タイミングは人それぞれだ、っていうことだそうなので、そういう考え方が(そしてもちろんこれまでの努力や経験が)今回の素晴らしいプレー、そしてGS初制覇だったんだろうなぁ、と思います。

三十路の姐御といえば、引退したばかりのモレスモさん、復帰の噂があるようですよ…。

感謝!

ウチはWOWOWが観られないので決勝もストリーミング観戦だったんですよ。
そのため解説なしなので、スキアボーネのコメントがここで読めたことはすごく嬉しいです。
ありがとうございました!

takezohさんの記事、もちろん読みましたよー。
豊かな人間性を感じさせる発言に、プレー内容と同じくらい感動してしまいました。
あの優勝は他の選手への影響も大きかったでしょうね。
しかし、確かにピークは人それぞれですが、今回のスキアボーネの場合は何の前触れもなく突然の爆発でしたから、正直いまだに信じられない気持ちもあります。

ところで、アメリー復帰するかも!ですかぁ。
実現してほしいけど、いくら何でも早すぎ…。
マラソンするという話を以前聞きましたが、あれはどうなったんだろう。
ウィンブルドンではヒンギス&クルニコワがレジェンド枠で出るみたいですし、リンジーはミックスで復帰らしいですから、まだまだこの手の話題は尽きませんね。
現役プレイヤーもがんばれ!!
プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本