アリス・イン・ワンダーランド

アリス・イン・ワンダーランド

評判が芳しくないため熱が冷めつつありましたが、3Dで観ておきたかったので映画館に足を運んできました。つまらなくはなかったけど、アリスとティム・バートン両方の魅力を打ち消し合ってしまったような作品ですね。アリスらしさを出そうと無理矢理ブラック・ユーモアをぶち込んだような形になってる。

今回は3Dで見るために字幕版を避けたんですけど、これが失敗だったかもしれません。原作のアリスが持っている言葉遊びの面白さが吹替え版だと全然伝わってこず、ただ訳の分からないことを話すだけのキャラクターがウザったく感じられました。原作を日本語訳で読んだ時も似たような感覚を抱いたんですが、本と違って自分のペースで進められるわけじゃないので余計に気になってしまうんですよね。まぁ、字幕版を観たとしても聴き取れるセリフなんて高が知れているけども、音の響きだけでも楽しみたいという欲求がむくむくと湧き上がってしまって…。

3D映像は楽しいけど、「アバター」ほどのインパクトはなかったです。ただ、チェシャ猫は3Dっぽさが出ていたかな。。最初は気味が悪くて仕方なかったんですけど、帽子のくだりあたりから急にかわいく見えてきましたよ。他のキャラクターがその姿かたちほどの個性がなく、(ジョニー・デップのマッドハッターでさえ)ただその場にいるだけに止まっている中、チェシャ猫だけは3Dの恩恵も受けてワンダーランドを自在に動き回っているように映りました。
3Dとは関係なく、ヘレナ・ボナム=カーターの赤の女王はさすがの存在感でしたね。逆に、主役であるはずのアリスには全く魅力が感じられませんでした。演じたミア・ワシコウスカはずっと困ったような表情をしているし、グウィネス・パルトロウに似てるというくらいしか印象に残りませんでしたし…。自分の中でのアリスはもっとお転婆なイメージが出来上がっちゃっていたせいかもしれませんが。

ダニー・エルフマンの音楽は大安定だし(でも新鮮さも欲しい…)、幅広い層に受け入れられることを目指した作品としては非常に上質だとは思うんですが、観客はみんなワンダーランドに連れて行ってもらいたかったのでは? 「ビッグ・フィッシュ」「チャーリーとチョコレート工場」の方が遥かにワンダーランドだったよなぁ。

★★★★★★★☆☆☆
<ティム・バートン監督作品:「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」 ★★★★★★★★☆☆>
スポンサーサイト

テーマ : アリス・イン・ワンダーランド
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本