全仏オープンテニス2010 3、4回戦

男子はロディックが3回戦で負けてしまいましたが、ユーズニーは順調に準々決勝進出! ツォンガのリタイアはあったものの、相変わらず安定したテニスをしていました。次のベルディッチは恐い相手ではありますが、勢いに乗ってベスト4入りを果たしてもらいたいですね。

 <Third Round>
Serena Williams (1) def. Anastasia Pavlyuchenkova (29) 6-1, 1-6, 6-2
Jelena Jankovic (4) def. Alona Bondarenko (27) 6-4, 7-6 (7-3)
Samantha Stosur (7) def. Anastasia Pivovarova 6-3, 6-2
Justine Henin (22) def. Maria Sharapova (12) 6-2, 3-6, 6-3
Shahar Peer (18) def. Marion Bartoli (13) 7-6 (9-7), 6-2
Nadia Petrova (19) def. Aravane Rezai (15) 6-7 (2-7), 6-4, 10-8
Daniela Hantuchova (23) def. Yanina Wickmayer (16) 7-5, 6-3
Yaroslava Shvedova def. Alisa Kleybanova (28) 6-2, 4-6, 6-0
Jarmila Groth def. Anastasia Rodionova 6-3, 5-7, 6-2


エナンとシャラポワの3回戦はファイナルセットにエナンが3-2とリードを奪ったシーンからようやく観ることができたんですけど、意地のぶつかり合いといった感じでとても見応えがありました。
シャラポワ、だいぶ戻ってきたんじゃないでしょうか。終盤はエナンの粘りに屈するシーンも多々あったものの、辛抱強くストロークを打ち続ける姿は久々に見たなぁという感じがします。それだけに、ファイナルセット2-0とリードして次のゲームもブレイクポイントを何度も握っていただけにこれを取り切れなかったのは残念ですが(これはスコアボードだけで追っていたのでプレーの内容は未確認)。それと、せっかくストロークで追い込んでもベースラインにステイバックするシーンが多かったのは気になりました。これが、彼女がクレーに苦しむ一因なんでしょうね。動きがよくカウンターが打てるエナンが相手だったので前に出るのも難しかったんでしょうけど、リスクを冒してでもポイントを短くしていく工夫が必要だったのでは? まぁ、奪った2ndセットをどんな取り方をしたか知らないので断言はできないんですが…。今回はドロー運にも恵まれませんでしたけど、ウィンブルドンでは久々の上位進出を見せてもらいたいですね。
エナンの方は終盤の流れの引き寄せ方はさすがといった感じですが、全豪の時と同様サービスに問題を抱えています。シャラポワもまたサービスに難があるので助けられましたが、4回戦のストーサーは強力なサービスの持ち主なのでエナンの方もサービスキープの必要性がこれまでより大きくなるんじゃないでしょうか。

 <Fourth Round>
Nadia Petrova (19) def. Venus Williams (2) 6-4, 6-3
Caroline Wozniacki (3) vs. Flavia Pennetta (14) 7-6 (7-5), 6-7 (4-7), 6-2
Elena Dementieva (5) def. Chanelle Scheepers 6-1, 6-3
Francesca Schiavone (17) def. Maria Kirilenko (30) 6-4, 6-4


エナンvsシャラポワに負けず劣らず面白かったのがスキアボーネvsキリレンコ。球種とルックスは対照的、しかしながらどちらもガッツを前面に出し、一撃必殺ではなく展開力で勝負するプレイヤーのため、工夫されたショットの応酬が見られて大興奮しました。
キリレンコはすごいいいプレーをしていましたよ! パワープレイヤーに対抗しようとハードヒットが目立ちテニスが雑に見えた時期もありましたが、この試合に関しては本来のテクニカルなテニスが存分に発揮されていたように思えます。何より戦略が明確でしたよね。スキアボーネのフォアハンドを警戒してかバックにボールを集め、浅くなったショットをフォア側に叩きネットに出る。どのショットも角度、深さともにじゅうぶんだったように見えましたし、ボレーへの移行もスムーズでした。
ただ、大切なポイントで凡ミスを犯すことが多くて、それがストレート負けに繋がってしまいました。ブレイクポイントであと少しだけ集中力を上げられれば逆のスコアになっていたかもしれないのに…。悔やまれます。

ペトロワは初めてヴィーナスを破りました。ロシアンの敗退を立て続けに見てきただけに、この勝利は本当に嬉しかった!
3回戦のレザイ戦はファイナルセットの8-7というシーンからしか観ていないんですけど、4回戦も含めて終始安定したテニスだったんじゃないでしょうか。何よりメンタルが充実している印象を受けました。これまでは相手に攻撃的なテニスで来られると気持ちが引いてしまうことばかりだったのに、今大会はポイントを失った後も瞬時に切り替えようと言う意志が感じられて頼もしい! さすがに4回戦の最終ゲームでマッチポイントに繋がるはずのスマッシュをふかした時は焦りましたけどね。切れ味鋭いストロークだけでなくスライスやボレーも器用にこなすペトロワだけに、このメンタルを持続できれば初の決勝進出も見えてくるのではないでしょうか。
しかし、準々決勝ではディメと当たることになってしまっているんですよねー。残ったロシアン二人がここで潰し合いとは何とももったいない…。この対戦は過去7勝7敗、クレーでも2勝2敗と全くの五分です。最近はディメさんが4連勝中ですが、ペトロワがリタイアした試合を除けばすべてフルセットなのであまり参考にならないかもしれません。ディメさんにも優勝してほしいですが、彼女は今フィジカルが万全ではないということと、この後のウィンブルドンや全米の方が(相性面で)優勝に近いことを考え、今回はペトロワの応援に回ろうかな。

ウォズニアッキvsペンネッタは消耗戦。ウォズニアッキはもちろんそうですけど、ペンネッタもまた相当粘り強いですね。昨年の全米ヴェラ戦を思い出しました。が、粘りではウォズニアッキも負けていません。この試合も終始走らされっぱなしという印象を受けましたが、ライジングやループボールを混ぜつつ少しずつ流れを手繰り寄せました。それにしても粘り以外のウォズニアッキの強さって何なんでしょう。いまだにランキング2位に到達する選手とは思えず、応援している選手にもかかわらず戸惑ってしまいます。今後の試合で強さの秘密を見せてもらいたいところ。(ただ勝ち上がった場合準決勝ではロシアンと対戦することになるので、そこで爆発されても困る…)
スポンサーサイト

テーマ : テニス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

いぬふくさん、こんばんは。

シャラポワ、第2セットは素晴らしいプレー内容でしたよ。早い仕掛けでエナンを左右に振り、スライスのかまえを見た瞬間ネットに詰めて仕留めたり、深いボールとドロップショットのコンビネーションで何度もポイントを取ったりと、こんなプレーができるのに、なんでなかなかビッグトーナメントで勝ち上がれないんだ! という感じでした。ただ、再開後の第3セットは確かにステイバックしすぎでしたね。最終セット序盤、ストロークで完全にエナンを押していたことで、もっとも自分の得意な展開で押し切ろうとしたのかもしれませんが、クレーへの苦手意識やエナンからくるプレッシャーなどもあったのかもしれません。

あぁ、全仏OPももう男女シングルス8人しか残っていないんですね。GSは(すべてを見られないけれども)いっぱい試合が行われる序盤戦が一番楽しいかもです。

初優勝

ペトロワ戦、途中までしか見られなかったんですが、てっきりダメだったのかと思ったら、
3rdセット6-0って、何があったんでしょうか。

こんなに長くTOPで頑張って、課題のサービスも克服して
ほんとに努力を重ねているというのがよくわかります。
ディメちゃん、初優勝してほしいです。

男子は、ロジャーくんとラファちゃんの対決を見たかったなぁ。。。

>takezohさん

2ndセットのシャラポワ、見たかったです!
クレーのエナンには簡単に一蹴されるんじゃないかと思っていたんですけど、この調子ならウィンブルドンに期待してもいいですかね?
まぁ、期待するとコロッと負けそうですけども。

少し前までトップ10の層が厚いと思っていたのに、全米後はスヴェタもサフィナも、アザレンカもシャラポワもいないわけで(後ろの二人は全米前からですけど…)、ちょっと寂しいです。
スキアボーネは決勝に進んだら一気に7位あたりまで上がるんでしょうか。
ちょっと信じられません…v-405

応援する選手に問題があるのかもしれませんけど、最近のGSは1週目の方が見たいカードが多いんですよね~。
ここにきて全仏熱も若干冷めつつあります。
決勝がディメvsストーサーになれば再燃しそうなんですが、ディメさんのフィジカル面はどうなんでしょうかね。


P.S. takezohさんの記事に残したコメント、三つ編みの女の子の存在をすっかり忘れておりましたv-399
というより、スランプと呼べないくらい長引いてますからねぇ。
地味に結果を追い続けているんですが…。

>ameponさん

この試合、両者とも太ももにテーピングをしていて、試合中にメディカルタイムアウトを取ったりしていましたが、ペトロワはその影響があったんだろうなと思います。
振り返ってみるとレザイ戦の激闘、そしてダブルスもQFまで勝ち上がって十分に回復させる時間が取れなかったのが大きかったのかもしれません。
終盤はディメのストロークも炸裂していましたしね。

自分は今回ペトロワ派だったんですけど、ディメさんのあの穏やかな笑顔を見ていたらもうどうでもよくなってしまいました。
辛い敗戦を何度も経験しているはずなのにそこから這い上がってくるディメの姿、ホントに素晴らしすぎます。
優勝したら泣いてしまうかもしれませんv-406

男子はナダルの復活優勝が見たいですけど、ソーダリンにもがんばってもらいたいな。
彼のコーチ、マグナス・ノーマンは現役時代大ファンだったので!
プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本