全仏オープンテニス2010展望

ドローを見る前に、奈良くるみ&土居美咲、予選突破おめでとう!
チャレンジャーで結果を残し、徐々にランキングを上げてきているのは知っていましたが、こんなに早くGS本戦に出場できるとは思いませんでした。森田あゆみが伊達に国内ナンバーワンの座を譲ったまま20歳になってしまいましたが、その下の世代がちゃんと伸びてきてくれているのが嬉しいですね。男子の錦織くんを含め、久々に日本人がGSを賑わせてくれています。

ドローはこちら
http://www.rolandgarros.com/en_FR/scores/draws/ws/index.html
得意不得意がはっきり表れるクレーコートでのトーナメントなので、シード順がそのまま優勝確率に繋がるわけではないんですが、それにしても今回は強豪選手がトップハーフに固まりすぎているなという印象を持ちました。

セリーナ(1)、バルトリ(13)、ピアー(18)
ストーサー(7)、シャラポワ(12)、エナン(22)、森田
ヤンコビッチ(4)、ウィックマイヤー(16)、スアレス=ナバロ
ラドワンスカ姉(8)、サフィナ(9)、ヴェラ(21)、イヴァノビッチ、クルム伊達
スヴェタ(6)、李娜(11)、スキアボーネ(17)、キリレンコ(30)
ウォズニアッキ(3)、ペンネッタ(14)、サファロワ(24)、土居
ディメ(5)、アザレンカ(10)、MJMS(30)、ドュルコ、ウダン
ヴィーナス(2)、レザイ(15)、ペトロワ(19)、シブルコワ(26)、チャクベターゼ、奈良


トップシードのセリーナブロックはかなりの激戦になりそう。
セリーナはクレー巧者と当たることのない3回戦まではそれほど問題ないでしょう。しかし4回戦では前哨戦好調のピアー、そして準々決勝ではストーサーかエナンと対戦する可能性が高く、かなり厳しくなりそうです。
昨年ベスト8のシャラポワは3回戦でエナンとですか~。ストラスブールではしっかり勝ち進んでいるものの、今季はいまだトッププレイヤーとの対戦がないので、クレーのエナンを突破するには調整が足りないかな。
ストーサーは今季のクレーで最も安定している選手の一人ですけど、エナンとセリーナの両方を倒せるかと言うと難しく感じます。もしエナンが3回戦までにコケるようなことがあれば決勝進出も見えてくるような気もしますが…。勝ち上がり予想は
◎エナン、〇セリーナ、△ストーサー
そろそろGS初勝利を見たい森田あゆみは、フリプケンスとの初戦。ベルギー第4の女として着実にキャリアを築いているフリプケンスですが、今季のクレーシーズンではあまり勝てていないので森田にとってはチャンスでは?

トップハーフの下半分は復調してきたヤンコビッチが中心か。ここもクレーの実力者が揃っていて面白い試合が見られそうです。
1年前ならサフィナが抜きん出た存在だったんですけど、今年は故障明けでいまだ調整段階ですから順番としては
◎ヤンコビッチ、〇サフィナ、△ラドワンスカ
というところかな。ウィックマイヤーは全豪以降若干調子を落としているように見えますし、前哨戦でヤンコビッチに完敗しているのがマイナス要素。ヤンコビッチにとってはむしろカネピやスアレス=ナバロの方が怖い相手かもしれません。
全仏初の4回戦突破を目指すラドワンスカは近くに強豪が揃っているのが気掛かり。サフィナだけじゃなく、ヴェラやイヴァノビッチもいます。好きな選手同士の潰し合いになりそうなのが残念。
その潰し合いにはクルム伊達も参加しています。初戦で何とサフィナを引いてしまいました…。これはどちらも応援したい! ウィンブルドンならアップセットの可能性も考えられますけど、伊達はクレーを苦手としているのでふくらはぎに問題を抱えたままサフィナに勝つのは難しいか。

強豪揃いのトップハーフとは反対に、ボトムハーフは全員決め手に欠けますね。
ウォズニアッキブロックでは、本来ならディフェンディングチャンピオンのスヴェタを推したいところですが、如何せん前哨戦の成績が悪すぎる…。その上、初戦の相手は昨年ベスト8のシルステアですからね。シルステアも一時の勢いはないとはいえ、決して油断できません。まぁ、スヴェタの場合はメンタルの問題ですから、2つ3つ勝つうちに調子を取り戻してくれると信じましょう。
ウォズニアッキもチャールストンで足首をひねってから調子を勝ちに見放されています。ワルシャワで棄権したのが"念のため"だったらいいんですが。
トップ2がもたついているようだと李娜やペンネッタ、スキアボーネあたりが暴れるかも。
◎ウォズニアッキ、〇スヴェタ、△スキアボーネ

いつの間にか2位までランキングを戻してきたヴィーナス。全仏は最も苦手とするGSのはずですけど、対抗馬となるはずのディメとアザレンカが不調や故障に苦しんでいるため、意外とスルスル勝ち上がってしまうかもしれません。
個人的にはペトロワを推したいところです。全豪でキムやスヴェタ、マドリードでセリーナを倒した実力が発揮できれば、この混戦の中を勝ち上がれるはず。他には前哨戦で大爆発したレザイとマルチネス=サンチェス(MJMS)、昨年ベスト4のシブルコワの勝ち上がりに注目したいですね。
◎ヴィーナス、〇ペトロワ、△ディメ

昨年クレーシーズンを占拠したスヴェタとサフィナ、若手の中でも抜きん出た存在だったウォズニアッキとアザレンカは故障なども影響して前哨戦は散々、安定感が武器だったディメとラドワンスカも前哨戦ではパッとしませんでした。レザイやMJMSはまだ経験と安定感に欠けるし、好調なクレーシーズンを送ったヤンコビッチとストーサーもまだ優勝候補に挙げるには何か足りないような気がします。
こうなると優勝候補筆頭はエナンでしょうね。復帰後攻撃的なテニスにシフトチェンジしたことが全仏での成績にどう影響するのか、非常に気になるところ。続くのは、経験とメンタルでクレーでも結果が残せそうなセリーナか。ただ、いつまでもこの二人がビッグタイトルを独占するのはつまらないので、混戦に紛れて新しいチャンピオンが生まれることに期待します。2004年全仏をきっかけにロシアンブームに拍車がかかったように、大きな流れを呼び込む大会になるかもしれません。
スポンサーサイト

テーマ : テニス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

いぬふくさん、こんにちは。クズネツォワの試合、第1セットの0-3で眠りに落ちてしまったんですが、修正してきているようでよかった…。それで機嫌がいいのか、フェデラーの試合を見たあとは、マレーvsガスケの試合を見て、twitterでつぶやきまくっているのには苦笑しました。まぁ、男子の試合を参考にして、技に磨きをかけてくれればそれでいいかな…いや、それよりもメンタルタフネスを参考にしてくれ! お願いだからっ!!

スヴェタ

スヴェタ、ストリーミング観戦できましたよ!

序盤の3ゲームは全然ボールに気持ちが乗り移っていなかった感じですが、2ゲーム返したあたるから急に動きがよくなりました(彼女のことなので、最初は緊張していたんでしょうねぇ)。
ストロークは深く入るわ、角度はつくわ、ドロップショットも絶妙なタイミングで決まるわで、こんなに余裕を持って観ちゃっていいの?というくらいでしたよ。

2回戦のペトコビッチも曲者だと思いますし、それに加えてTwitterでの饒舌ぶりで若干不安も再燃しつつありますが、自信を取り戻して走り回ってもらいましょう!

今、伊達の勝利でちょっとおかしなテンションになりつつあります…v-398

こんばんは

ひょっとして、またSecret押してました?^^;

今日の試合はダテキミに感動しました。
それと、サフィナは優しいのかなと思いました。
振り回せば確実に勝てたと思いますが、あまりそうしなかったように思ったから。

あ、途中寝てしまっていたので、3rdセットの途中から見ての感想ですけど。^^;
あとは感情のコントロールかな。
Amelieの弱気と似てる気がするんですけど。。。

確かに

Secretになってました…。

伊達の試合はホントに感動しました。
勝つための明確な戦略とそれを最後まで貫く意志の強さは、アマチュアでも参考にできますね。
個人的にはサフィナも応援していたので複雑な気分になりましたけど…。

そのサフィナは振り回さなかったというよりも振り回せなかった感じでした。
伊達のショットのタイミングがあまりにも早くフラットに飛んでくるために、じっくり組み立てる余裕がなかったように見えます。
終盤は大声を出して自分を奮い立たせていましたけど、確かにアメリー同様弱気になるシーンが目立ちますね。
あの泣き出しそうな顔を見ると、本気で勝たせてあげたくなるんですけどね~v-409
プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本