告白 / 湊かなえ

告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)
(2010/04/08)
湊 かなえ

商品詳細を見る

娘を亡くした女性中学校教師(森口)が、最後の勤務である終業式の日に、娘を殺した犯人がそのクラスにいることを打ち明ける…。
そのあらすじと本屋大賞を取ったというニュースから大きな期待を寄せていたんですけど、予想以上に暗く重い内容で、読んでいる間1度も楽しい気分になれませんでした。

ミステリーやサスペンスは一般的に、犯人が終盤まで明かされないことによる謎解き要素や、次の誰の命が危険に晒されるか分からないハラハラ感によって読み手もカタルシスを得られると思うんですが、そういうのは本作に一切なし。事件に関係した複数の人間が真実(かどうかも定かではないこと)を次々に告白していくという展開で、その内容はかなり陰湿です。

作者は少年法に対して強く思うところがあるんでしょうかねぇ。「子どもとはいえ、罪を犯したら裁かれるのが当然」という考え方に同意できる部分もあるので、犯人に対しては「ざまあみろ」と思うんですが、この手の下し方はいくら何でも…。結局犯人に向いていた嫌悪感が最後には森口に向いただけで、すっきりしませんでしたよ。
犯人の姿が神戸市の連続児童殺傷事件を思い起こさせるところや、本来被害者であるはずの森口が体温が感じられない冷酷な人間に見えることも、気分を重くさせる要因。

などとマイナス面ばかりを書き連ねてしまいましたが、フィクションなんだから何でもアリ!と思える人なら問題なく楽しめるかもしれません。読みやすい文章と、進めるほど全貌が見えてくる巧みな構成のために止め時が見つからない魅力はあって、忙しい平日でも3~4日で読めてしまうほど夢中にはなったのは確か。しかも、読後ももう1度読み返すことでまた新たに見えてくるものも多いんですよね。

とにかく刺激的な作品なので、「嫌われ松子の一生」、「パコと魔法の絵本」の中島哲也監督によって映画化されたというのはかなり興味深いですところ。どういう映画になっているのか見当もつかないのが面白い! しかも、松たか子が主演、木村佳乃も犯人の母親役で出演していますし。今年公開された邦画の中では今のところ注目度ナンバーワンです。
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

No title

唐突ですが、俺も読書大好きなんですよ。なかなか時間が取れなくて、寝る前にベッドで寝っ転がりながらちょっと読んで、気づいたら寝てるパターンが多いんですが、旅行とか行った時は、買っていてまだ手をつけていない本を持って行って、ボーっと読むのとか大好きです。
いぬふくさんの読書のやつ見てたら、結構読んでるジャンルが俺と似てるなあと勝手に思ってしまいコメントしてしまいました。
この告白、最初読んだ時にかなりどっきりしてスリリングだったのを覚えてます。その後、映画化の話を聞いて、見てみたいなあと思って今に至るという(笑) もうDVD出てるんですかね?見てみたいなあ。

共通点

バレーボールの話もありましたし、musiqmusiqさんとは音楽以外でも好みが近いものが多いですねv-218
自分は電車での読書が多いんですが、すぐに眠りに落ちてなかなか読み進められません…。

「告白」のDVDは1/28発売みたいです。
原作はすごい売れ方をしましたけど、個人的に映画版は傑作だと思っているので、リリースされたらぜひぜひ観てください!
自分ももう1度観たいなぁ。
プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本