Music Review (4月Part2)

She Wolf / Shakira ★★★★★☆☆☆☆☆
あらゆる点で前作の方が上。1stシングルの「①She Wolf」はPVも含め、なかなか印象的な曲ではあるけども、「Hips Don't Lie」と比べると物足りなさは残ります。
全体的に同じような曲調が並びメリハリに欠けるのも難点。腰を据えて聴けるバラードが1曲でもあれば印象が変わったでしょうし、アップで固めるのならこれまでの彼女の路線や流行りのエレクトロから脱した新鮮な音を聴かせてもらいたかったな。せっかくThe-Neptunesがメインで関わっているのに彼らの色がほとんど出ていないような…。また、彼女の英語アルバムはいつも英語とスペイン語の両方で収録されている曲がいくつかあって、そのために同じ曲を2度聴く必要があって、飽きやすくなるんですよね。
やっぱり自分の中でShakiraはシングル・アーティストなんだなぁ。「Whenever, Wherever」、「Underneath Your Clothes」、「Hips Don't Lie」、「She Wolf」収録のベストアルバムがリリースされれば、そっちの方を聴き込んでしまうような気がします。
<前作の評価:「Oral Fixation vol.2」 ★★★★★★☆☆☆☆>

「She Wolf」(US11位、UK4位)


Colour Me Free! / Joss Stone ★★★★★★★★☆☆
Raphael Saadiqプロデュースの下、3rdアルバムで大きく変貌を遂げたJossですけれど、今回は制作面での関与が大きくなったとのことで、よりコアな方向に、そして深みを増した作品に仕上がっています。そして、ここまで強く自分を主張しながらも聴きやすさが犠牲になっていないのは見事。初期のアルバムのような背伸びしたような感じもなく、非常に気持ちがいいです。
ジャムセッションをパッケージ化したかのような"生"の感覚は彼女の意識したところだったんでしょうね。その世界観はNasのような有名どころと組んでも全くブレません。中でも「②Could Have Been You」と「⑪Stalemate」は痺れました! 
一聴してすぐ魅力が伝わってくるような作品ではなく、リピートするたびに好きな曲が増えていくタイプの作品。さすがに前作のようなインパクトはありませんが、彼女の作品では最も好きになれると思います。
<前作の評価:「Introducing Joss Stone」 ★★★★★★★★☆☆>

2ndシングルの「Stalemate」。やはり彼女はPVよりもライヴ映像が見たいですね
スポンサーサイト

テーマ : 洋楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本