Porsche Tennis Grand Prix

 <Quarterfinals>
Shahar Peer def. Dinara Safina (2) 6-3, 6-2
Justine Henin def. Jelena Jankovic (4) 3-6, 7-6 (7-4), 6-3
Samantha Stosur (7) def. Na Li 6-3, 6-3
Anna Lapushchenkova def. Lucie Safarova 7-6 (7-1), 1-6, 6-1

 <Semifinals>
Samantha Stosur (7) def. Anna Lapushchenkova 7-5, 6-3
Justine Henin def. Shahar Peer 6-3, 6-2

 <Final>
Justine Henin def. Samantha Stosur (7) 6-4, 2-6, 6-1


エナン、復帰後初優勝。
復帰直後からキムやセリーナと激戦を演じていたので、タイトルを取るのは時間の問題と思われていましたが、やはりクレーでは強いですな。今週はウィックマイヤー、ヤンコビッチ、ストーサーといった強豪との対戦もあり決して楽な勝ち上がりではありませんでしたが、流れを手繰り寄せる能力というのはさすがです。
エナンは復帰後にだいぶネットプレーの使用率が上がったなという印象を持っていたんですけど、ボールを捕らえるタイミングもワンテンポ早くなりましたよね。ヒンギスや伊達と同じようなテンポであのスイングスピードですから、あの恐ろしいショットも納得。ただ、ミスが多すぎるのは気掛かりです。ウィンブルドンタイトルのためならともかく、クレーには適さないような気がするんですけども…。決勝の2ndセットでストーサーのサービスやストロークにタイミングが合わず、ミスを量産する姿にはストレスが溜まりました。

それにしても、ストーサーのこの好調は何なんでしょう。トップ5レベルにはまだ及ばないものの、今季は取りこぼしがほとんどなく、クレーでの11連勝を含めてインディアンウェルズ以降のすべてでベスト8以上の成績が続いています。グランドスラムタイトルを取るにはもう一つステップアップが必要になるでしょうが、全仏ではドロー次第で昨年と同じベスト4が狙えそうな気がします。

応援していたスヴェタとサフィナは期待していたほどの結果は残せなかったものの、どちらも故障明けだったということを踏まえると、まぁ納得でしょうか。特にサフィナは3ヶ月もツアーから離れていただけに、コートに戻ってきてくれただけでもホッとしています。二人とも昨年のクレーシーズンで稼いだポイントが大きかった分、全仏後にどのくらいランキングを落とすのか心配ですが、調子が上がれば相手関係なく勝ち上がれる実力はあるので、一旦ランキングのことは忘れて復調に専念してほしいと思います。

とにかく、最近影の薄いロシア勢、みんながんばれ!!!
スポンサーサイト

テーマ : テニス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

WB仕様

エナンはもうWB初制覇しか考えてないんじゃないでしょうか。RGは庭みたいなものですし、本命不在なのでタイトルを取りそうな気がしないでもないのですが(それに取れれば取りたいところでしょうけど)、ポルシェGPの特に決勝を見て、そして試合後にまたフェデラーの生涯GS達成の話をしているのを聞いて、照準はあくまでもWBだなと確信に近いものを感じました。逆に、それで今季さっそくWBで生涯GS達成したりなんかすると、また燃え尽きるんじゃないかと思ってしまうんですが…。

ストーサーの安定感は本当に驚きです。ローマは怪我(詳しいことはわからない)で欠場という話ですが、連戦による疲労で予防のために、要するにRGを見据えて欠場したんじゃないかと疑ってます(笑)。ようやく昨日チャールストンの決勝を最後まで見たんですが、やっぱりすごかった(笑)。10ゲーム連取して、11ゲーム連取しそうな勢いでした。で、11ゲーム連取されそうになってベラ激昂! ラケットぶっ壊して、ベンチに折ったラケット投げつけるだけでは気が済まず、跳ね返ってコートに落ちたラケットを蹴っていました。これでようやくゲームが取れるようになってストーサーから1つブレイクに成功するのですが、ストーサーにミスが重なったのはそこくらいで、結局、ストーサーがゲーム連取であっという間に試合が終わりました。ポルシェGPのGAORA解説で浅越さんが、「ストーサーはもっと雑なプレーをする選手だったんですけどねー」と驚かれていましたが、そういう雑なプレーが減ったことや、女子のなかでも屈指のキックサーブ、ヘヴィスピンという武器(ネットプレーはもちろんのこと)があることが彼女に自信を与えて、結果がともなうことで、それが強固なものになってきているんじゃないでしょうか。いわゆる、勝ち方を覚えたというか。男子でも最近、ベルダスコがそんな感じです。ほんと、ドロー次第で今季もRG、いけそうですね、彼女。

すいません、長々と…。

つーか、クズネツォワぁぁぁぁぁ……。

思った通り

やはりWB仕様なんですねぇ。
フェデラーに触れたコメントからは確かにそんな気持ちがはっきり汲み取れました。
素人意見だと、確率の高いRGもしっかり狙って行ったら?と思ってしまうんですが、1度引退した時もRG前でしたし、実はそれほど執着していないのかもしれませんね。
そして、WBタイトル取ったら確実に燃え尽きるでしょうね…。
個人的には以前の粘り強い(そしてたまに脆い)プレーの方が好きです。

ストーサーは2度生観戦した時があって、特に2008年のジャパンオープンでユーズニーの隣で試合をしていた姿が印象的だったんですが、あの時も滅茶苦茶雑でした。
メンタルも荒れてたし、メディナ=ガリケスに勝ったのが嘘みたいに。
ベルダスコの好調ぶりも驚きですけど、テニスって急に化けることも多々ありますから、見ていて面白いです。

そしてスヴェタ…。
キリレンコはWTAで2番目に好きな選手なので嬉しさもあるんですけど、全豪のシャラポワといい、自分が応援しようと思った選手を相手に素晴らしいパフォーマンスを見せるので、若干ヒール的な立ち位置になりつつあります。
でも、各サイトで掲載されている勝利後の笑顔、かわいいなぁv-10
プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本