やればやるほど課題が見える

先週痛めた手首はほとんど回復せず、無理して練習に出た形となってしまいました。
問題点は前回と同じ。やはりフォアハンドのフラットを打つ時が一番キツい…。手首に負担が来ないことばかり考えてしまうので、打点がどんどん低くなってしまう悪循環でした。おかげで左右のコントロールは安定しても、深さの調整が全然できません。
ライジングショットは前回ほど身体が逃げず、浮き球になりながらもクロスからダウン・ザ・ラインへ流すことができていたので、体調が万全になれば安定してくるような気がします。それまでにいろいろ細工をしすぎてタイミングを狂わさないようにしたいもの。

フォアハンドに関してはボロボロではあるんですが、実はワンラリー(4球)だけ完璧なストロークが打てたんですよ。打つ前に「よし、このラリーは腰を回すことを意識しよう」と決意。ラケットを振り出す前に腹を相手の方に向けるようにして、その流れでラケットを振るようにすると驚くほど鋭いショットが飛んでいきました。クロスラリーで徐々に角度をつけていき、返球が甘くなったところでダウン・ザ・ラインへ…。腰を回せば当然タイミングも狂いやすいのでカウンターで使えるようになるかどうかは分かりませんけど、勢いのないボールを打ち込むには必要なフォームですね。
初めてテニスをしてから13年も経つのに、こんな基本もできていなかったんだなぁ…。

今回はバックハンドスライスのミスが目立ちました。コートには入るんだけれど、打点が前になりすぎてカスっとしたカット気味の当たりになりがち。これは明らかにフットワークの問題。フォアに集中しすぎてバックハンドを適当に打っていたなぁ、と。次回はしっかりボールを呼び込んでテイクバック時に腰を回すことに心掛けたいと思います。

サービスは確率の高い2ndサービスの練習。トスを後方に上げて縦回転をかけ、相手のバックハンドを狙う。アマチュアにはフォアハンドの方を得意としているプレイヤーの方が多いので、これをマスターすれば少なくともリターンから攻められる危険性は減るはずです。
デジカメで動画を撮影してみたところフォームは昔とさほど変わっていなかったので、まずはトスをもっと安定させて、そこから細かく修正していきたいな。

長く練習をしていると目先の爽快感に気を取られて課題を忘れがちなので、次回は
【フォアハンドの時に腕よりも先に腰を回す】
【フォアハンド時に身体の中心から外側に向かってスイングする】

という2点にこだわって取り組むぞ!
その前に、幸か不幸か来週末は都合が悪くてテニスができないので、2~3週間はじっくり静養して手首の痛みを消し去りたいところ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本