シャーロック・ホームズ

334016view001.jpg

月曜日に試写会に行ってきました。

「アリス」と同じく、シャーロック・ホームズも原作を読んだことのない作品です。なまじ有名なばかりに勝手に自分の中でホームズとワトソン像が出来上がっていて、頼りない助手ワトソンをたしなめながら、数々の難事件を解決していくダンディな天才探偵ホームズという姿を想像していたんですが、映画版は全然違った…。観賞後の周りの反応を見る限り、原作とは全く違うホームズみたいですね。

ついでにガイ・リッチー監督作品も初めてで、こちらも想像していたものとは全く違った、真っ当で上質なエンターテインメント作品に仕上がっていたのに驚かされました。
睡魔に負けて途中で意識が飛んでいた自分が言っても説得力ないですが、動きのある映像、静と動を巧みに使い分けた音楽(普段は落ち着いた音楽が中心なので、山場での躍動感ある曲が印象的)、個性的な登場人物、あらゆる面でバランスがよくて飽きさせない作りで大満足です。映像に力を入れすぎて中身が空っぽになっていたり、いろいろな要素を詰め込みすぎてどれも中途半端になってしまっているというような、大作にありがちな落とし穴もなし!

そしてワトソンくん。ロバート・ダウニー・Jr演じるホームズもなかなか面白い人間に仕上がっていましたが、個人的にはこちらの方が魅力的に見えました。まぁ、これは意図的なものでしょうね。人としていかがなものかと思えるほど強烈な性格のホームズを寛容に受け入れ、ピンチでは身を呈してホームズを守る、非の打ち所のない人物になっていますから。ジュード・ロウはこれまで大衆向けの作品になると面白味のない役ばかりでしたけど、ようやく当たり役を引き当てたんじゃないでしょうかね。

欲を言えば最後に解明されるトリックにもう少し驚きがあれば良かったな。妖しげな術を使う犯人によって本当にスリリングな世界が作り上げられていただけに、最後の最後で「あれ、こんなもん?」という感覚が残ってしまったのは否めません。
大作としての華やかさを追求したためか観客が犯人や展開を推理するという楽しさは失われているものの、この内容なら製作が決定したと言われる続編への期待も高まります。

★★★★★★★★☆☆
スポンサーサイト

テーマ : ☆試写会☆
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本