全豪オープンテニス2010 3回戦

ユーズニーの試合が見られると思っていたのに、朝オフィシャルサイトをチェックしたら"walkover"の文字が! 初戦で難敵ガスケを撃破し、2回戦をいい形で勝ってきただけに悔しい棄権でしょう。右手首の故障ということですが、大したことないことを祈ります。

 <Third Round>
Serena Williams (1) def. Carla Suarez Navarro (32) 6-0, 6-3
Dinara Safina (2) def. Elena Baltacha 6-1, 6-2
Svetlana Kuznetsova (3) def. Angelique Kerber 3-6, 7-5, 6-4
Caroline Wozniacki (4) def. Shahar Peer (29) 6-4, 6-0
Venus Williams (6) def. Casey Dellacqua 6-1, 7-6 (7-4)
Victoria Azarenka (7) def. Tathiana Garbin 6-0, 6-2
Alona Bondarenko (31) def. Jelena Jankovic (8) 6-2, 6-3
Vera Zvonareva (9) def. Gisela Dulko 6-1, 7-5
Francesca Schiavone (17) def. Agnieszka Radwanska (10) 6-2, 6-2
Jie Zheng def. Marion Bartoli (11) 5-7, 6-3, 6-0
Samantha Stosur (13) def. Alberta Brianti 6-4, 6-1
Nadia Petrova (19) def. Kim Clijsters (15) 6-0, 6-1
Na Li (16) def. Daniela Hantuchova (22) 7-5, 3-6, 6-2
Justine Henin def. Alisa Kleybanova (27) 3-6, 6-4, 6-2
Maria Kirilenko def. Roberta Vinci 7-5, 7-6 (7-4)
Yanina Wickmayer def. Sara Errani 6-1, 6-7 (4-7), 6-3


シード同士の対戦は始まったために少しずつアップセットも起き始めましたが、それでも上位陣の安定感は光ります。こうなると2回戦でエナンと当たってしまったディメがあまりに不憫…。大会後のランキングもヴィーナスやアザレンカに抜かれてしまうんじゃないでしょうか。

3回戦最大のサプライズは優勝候補キムの敗退でしょう! ランキングがあまり変わらないとはいえペトロワには4戦無敗でしたし、前哨戦や今大会2回戦までの成績を比較してもキムの方が有利なのは明らかでした。
ところが蓋を開けてみるとキムは5ポイントしか奪えずに1stセットをダウン。2ndセットは少しだけ持ち直したもののまさかの惨敗に終わってしまいました。試合を観ていないので細かいところが分からないんですけど、キムが珍しく絶不調に陥っている日に好調のペトロワと当たってしまったということなんでしょうか。ペトロワは前哨戦で伊達に負けたことで一気に不安になっていましたけど、これをきっかけに調子を上げてきてくれるかな。

そのペトロワと次で戦うスヴェタ、3回戦はパッとしない内容でした。
もちろん相手のカーバーも、とても118位とは思えないレベルのテニスをしていました。スヴェタの強打を辛抱強く返球し、反撃に転じたショットはどれもコートの深いところに突き刺さっていましたね。ただスヴェタの場合、本来のプレーができれば相手の調子関係なく勝ちをもぎ取れるだけの力があるだけに、今回のような展開は本当にイライラしてしまうんです。今回もポイントを取った時はため息が漏れるほど素晴らしいショットばかりだったので、「これができるのなら前のゲームで見せてくれよ!」という感じで…。
今日ピアーにストレート勝ちしたウォズニアッキと比べても、スヴェタの方がグレードの高いプレーをしているように見えるんですが、ポイントに対する執着心が全く違うんですよね。5-0になっても決して気を緩めないウォズニアッキのメンタル、スヴェタに少しでも分けてもらえないでしょうか。

密かに復活中かと思われたヤンコビッチはここで敗退しました(ダブルスも負け)。イヴァノビッチといい、一昨年旋風を巻き起こしたセルビアコンビは一気に大人しくなってしまいましたね。両者ともプレースタイルを変えようとしていることがかえってこれまでの武器を打ち消す結果に繋がってしまっているようで、復活までの道のりはまだ遠いと感じさせられる今大会でした。

さて、明日はスヴェタvsペトロワ、サフィナvsキリレンコというロシアン対決が行われます。これは観たい!
エナンvsウィックマイヤーのベルジャン対決や、好調を保つアザレンカとヴェラの対戦も楽しみです。ヴェラは怪我の心配もなさそうで一安心。
シャラポワとキムが負けた時点でセリーナとエナンの決勝戦を予想する人も多いでしょうね。エナンは決勝まで行けばウィックマイヤー戦を挟んでクレイバノワ→スヴェタ(ペトロワ)→サフィナといったロシアン包囲網を突破することになりそうですが、まだ本調子というわけではなさそうなので、スヴェタとサフィナには現トップ3としてしっかり立ちはだかってもらいたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : テニス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

いぬふくさん、こんばんは。

クズネツォワのていたらくに、1000Qくらいの大きさで「はぁ~」というため息の文字を作ってブログに貼り付けようかと思ったくらいです。先日、うちのブログのコメント欄でエナンよりもクズネツォワのほうが技術的には上と脈絡もなく強調してしまったのですが、その直後にこんな試合で…いぬふくさんが書かれている通り、素晴らしいポイントの取り方をしてはいましたが、私が書いたコメントを読んでクズネツォワの試合を見たらば、何を言っているんだと笑われるじゃないかー、と筋違いな苛立ちも感じておりました(笑)。

とりあえずなんとか勝ち切ってくれてよかったです。クライシュテルスがいなくなり(ペトロワ姐さんには申し訳ありませんが)、ベストリザルトも見えてきたと思うんですよね。エナンもフィジカル的に厳しいかもしれませんし、勝利への執着心を持って第2週目にのぞんでもらいたいです。

結局

4回戦でも調子は上がってきませんでしたね。
序盤から自分のプレーに納得がいっていない様子の中、2ndを取り返した時は「おっ!」とテンション上がりかけたんですけど…。

>エナンよりもクズネツォワのほうが技術的には上
これは100%同意します!
ただ、すごいことを簡単にやってしまうので見ている側に伝わりにくいのと、それができるがゆえに自分にレベルの高いことを求めてしまうのが欠点なんでしょうね。
非常にサフィン的というか…。

こうなったらペトロワにがんばってもらいたいところですが、次がエナンですからねぇ。
ペトロワvsキリレンコの準決勝の可能性もなくはないと思うんですが、最悪どちらかが勝ち進んでくれればいいやと控えめな期待になってしまいます。

サフィナ

可哀想でしたね。
キリレンコはほんとに絶好調ですが、サフィナがリタイアを決めた後は歩くのも辛そうで、痛々しかったです。

ゲーム途中のリタイアというと私はやっぱり’06年のFINALを思い出しますが、あの時のエナンはやっぱり戦えたんじゃないかと思いますね。

そんなこんなで、ペトロワ頑張れ!^^;
ヴェラ vs アザレンカを見ている途中ですが、ヴェラちゃんすごいと思っていたら、アザレンカが2nd取り返しました。
良くも悪くも、アザレンカの若さがでてますね。ヴェラちゃんはおとなになりました。

涙の4回戦

何だかヴェラの限界を見たような1戦でした…。
2ndセットも4-2リード、アザレンカは警告まで受けてメンタル崩壊寸前だったんですけどねぇ。
そこから立て直したアザレンカも見事ですが、その後のヴェタはなす術なしという感じで見ていて辛かったですv-406

サフィナのリタイアは自分も'06年を思い出しましたよ。
好きな選手が勝ったのに素直に喜べないという…。
アメリーはあの後のウィンブルドンで正真正銘の勝利を手にしたので、キリレンコにももう1つ勝ってもらって心から祝福してあげたいなと思います。
プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本