全米オープンテニス準決勝

アーサー・アッシュ・スタジアムって屋根がなかったんですねー。すっかり忘れていました…。おかげで今回は準決勝の試合が観られたけども、やっぱり雨対策はどこも必要になってきますね。

 <Semifinals>
Kim Clijsters def. Serena Williams (2) 6-4, 7-5
Caroline Wozniacki (9) def. Yanina Wickmayer 6-3, 6-3


ベスト8が揃った時点で応援していた二人の決勝になったのは嬉しいですが、キムvsセリーナは驚きの幕切れでした。
1stセットを奪われ、2ndセットも5-6の15-30と追い詰められたセリーナ。その2ndサービスで相手にマッチポイントを与えるフットフォールトを犯してしまいます。それに激昂して線審に詰め寄るセリーナが汚い言葉を発したとかで2度目のコード・バイオレーション(1stセットを落としてラケットを叩きつけた時が1度目)を受けて失点。つまりプレーをしないまま最後のポイントを献上してしまったわけです。
微妙な判定でしたがフットフォールトについても暴言についても責任はセリーナにあるのでそれを今さらとやかく言うつもりはありません。ただ、審判側からきちんとした説明がされなかったために観客側としては余計に後味の悪い結末となってしまったのが残念。そして何より、いつも試合中の集中力が半端じゃないセリーナがあんなにすごい剣幕で怒っているのは久々に見たので、こっちもドキドキしてしまいました。
シングルスは結果が出てしまったものの、まだセリーナにはダブルスの決勝が残っているので、記者会見でのちゃんとした証言と線審への謝罪をして戦ってもらいたいなと思います。しかし、最初から最後まで驚きっぱなしの大会だな~。

まぁ、それがなくてもキムの充実ぶりが光っていました。今大会は波乱続きで上位陣との対戦が少なかったとはいえ、W姉妹を両方とも破るとは本当に只者じゃないですよね。この姉妹を同一グランドスラムで倒したのは誰以来だろう。2001年全豪のヒンギスの他にもいたはずですが…。

そのキムと決勝で対戦することになったのは19歳の第9シード、ウォズニアッキ。世界でも3本の指に入るんじゃないかと思われる安定した守備力で確実に勝ち上がってきました。準決勝のウィックマイヤー戦もスヴェタ戦と同じくらい防戦一方に見えましたが、守りながらもコースを変えて相手を走らせたり、ループボールを使ってテンポを変えるなど、試合巧者ぶりも確認できる内容でしたね。経験のない相手だったにせよ、とても初めてのグランドスラム準決勝とは思えないほどの落ち着きぶりでしたし。
ただ、やっぱり攻撃力のなさが気にはなります。キムはこれまでの相手を凌ぐほどの攻撃力の持ち主ですから、走り回ることになるのは必至。準決勝では凌ぎのショットが浅く高くなって攻め込まれるシーンも目立ったので、1日でどう修正してくるか楽しみにしています。

決勝はキム有利なのは間違いないでしょう。応援もキムの方が多くなりそうですよね。自分もキムは好きだし、ぜひトップに戻ってきてもらいたいと思っています。ただ、復帰3大会目で、しかも今もなお最強と言われているW姉妹を破ってのグランドスラム優勝となると、彼女が戦列を離れていた2年という期間は何だったんだという気分にもさせられそうで少し怖いな。どちらにしろ、来週以降はロシアンの逆襲が始まるんでしょうけど…。
この2年間を否定されないためにも、ウォズニアッキには何とかがんばってフルセットには持ち込んでほしい!と思いつつ、自分はストレートでキムが勝つと予想します。ウォズニアッキのような守備型のプレイヤーには滅法強そうですし。
スポンサーサイト

テーマ : テニス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

セリーナ

最後まで観てなかったので、そのへんはよくわからないんですが
セリーナは以前やっぱりUS OPENで、オーバーコールの誤審がありましたよね。

だから審判を信用できないというような気持ちもあるのかも。
自分へのイライラと重なってしまったのかなぁと思いました。
いずれにしても、よくないことですけど。。。
史上最高の罰金とか。

ウォズニアッキのウェア、どうも似合わないような気がします。^^;
一昨年のAmélieのウェアも×でしたけどね。

GSでWSを2人連続で倒した選手

確かエナンが全米かなんかで連破したような気がします。
そのときはキムも破って優勝した気が。

ウルウル

試合は観られなかったんですが、写真みただけでウルウル。
負けたウォズニアッキもすごくさわやかです。

彼女は確実に成長しましたね。
東レで見るのがたのしみです!

ステラ・マッカートニー

>ameponさん

セリーナの試合の誤審というのは確かカプリアティ戦でしたね。
あれが、ビデオ判定のシステムが導入されたきっかけの一つだと聞いたことがあります。
1万ドルの罰金というのは大きいですけど、世界的に影響力の強いプレイヤーでもあるので、厳しい処分を下されるのも仕方ないでしょう。

キムは出来すぎなくらいの復活優勝でしたね!
敗れたウォズニアッキもいいプレーができたようで何よりです。
去年の来日時よりさらにランキングも上がっていますし、今年は活躍してくれるんじゃないでしょうか。

ウォズニアッキのウェアはきっとステラ・マッカートニーモデルでしょう。
最近までキリレンコも着ていましたが、あの若さのない色使いが苦手です。
アディダスのデザインセンスは大抵好きなんですけど…。
それでも、ウィンブルドンの時のペトロワよりはマシかなe-440

調べました。

>海人

そうでした。
2007年のエナンが全米準々決勝でセリーナを、準決勝ではヴィーナスを倒してました。
決勝でスヴェタを破った大会だったね。
情報ありがとう!

あの年のW姉妹はあまり存在感がなかったけど、セリーナにGS3連勝したことを考えると、やっぱりエナンの全盛期はこの年なんだなと思います。
2003年も強かったけど、姉妹にはなかなか勝てなかったし…。
プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本