Western & Southern Women's Open

 <Quarterfinals>
Dinara Safina (1) def. Kim Clijsters 6-2, 7-5
Elena Dementieva (4) def. Caroline Wozniacki (8) 6-2, 6-1
Jelena Jankovic (5) def. Sybille Bammer 6-0, 6-3
Flavia Pennetta (14) def. Daniela Hantuchova 6-3, 6-3

 <Semifinals>
Dinara Safina (1) def. Flavia Pennetta (14) 6-2, 6-0
Jelena Jankovic (5) def. Elena Dementieva (4) 7-6 (7-2), 0-6, 7-6 (8-6)

 <Final>
Jelena Jankovic (5) def. Dinara Safina (1) 6-4, 6-2


ヤンコビッチが久々の優勝。4月にもツアー優勝はあるんですが、あれはトップとの対戦がなかったので、今回とは比較にならないでしょう。2週前の記事に書いたように今季はローマでスヴェタに敗れた以外はトップ10との対戦すらない状況でしたが、今週だけでアザレンカ、ディメ、サフィナと3人のトップ10を倒して久しぶりに存在ををアピールしました。完全復活とまでは言えないまでも、本人が自信を取り戻すには十分な大会になったでしょうね。
もちろん、昨年の全米で得た1400ポイント、そして秋の3週連続優勝での2010ポイントなど守るポイントが山ほどあるのでランキングの下降を免れることは難しいと思います。でも、この調子を保てば最終戦出場も射程圏内かな。

反対に、ディメとサフィナはトラウマになりそうな負け方をしてしまいました。
ディメは準決勝のファイナルタイブレイクで6-2と4つのマッチポイントを握りながらの逆転負け、サフィナは準決勝まで完璧なテニスをしていながら最後の試合で自分のプレーがまったくできずあっさり敗退。特にディメは相手のヤンコビッチがまだ不安定だっただけに、ダブルフォールト量産で自滅してしまったのはすごくもったいない! ウィンブルドン準決勝といい、勝てる試合を立て続けに落としてますよね…。

ペネッタは先週の優勝の勢いを持続し今週もベスト4、これでイタリア人女子初(意外だ…)のトップ10入りを果たしました。9位との差は相当ありますが、バルトリとの10位争いというのも地味に面白そう。

というわけで、本来ならキムの記事を中心に書くつもりだったんですけど、予想以上に書きたいことが増えてしまったのでまた改めて。ま、キムなら今後も安定して勝ち続けるだろうからいつでも書けるか。しかし、復帰してすぐバルトリ、パティ、スヴェタを立て続けに破るとはさすがに予想しきれず、並のプレイヤーじゃないなということを改めて思い知らされました。

トロントでのキムは2回戦でアザレンカと当たるドロー。簡単な相手ではありませんけど、スヴェタを破っているだけに期待が持てますね。他にも1回戦からペトロワvsシャラポワ(またか!)が実現したりして、序盤から盛り上がりそうな組み合わせになっています。
キリレンコも最近は少しずつ安定し始めて今週も予選を突破していますが、初戦からペネッタというのはさすがに厳しいか。この二人のペアは最近固定じゃなくなっているみたいですけども、その後もキリレンコはシルステアやラドワンスカなどなかなか面白そうなプレイヤーと組んでいますね。ラドワンスカとの技巧派ペアはぜひ東レで実現させてもらいたいものですが、パワーにあっさり押し切られそうな気も…。
スポンサーサイト

テーマ : テニス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

ヤンコおめでとう

チャンピオンズスピーチで目に光るものがあったヤンコ。
彼女はトップ10と戦う回数に比例して強くなる気がする。
今年勝てなかったのも、その回数が少なかったからか。
今回のSFとFは粘れる選手同志の粘り勝負となったね。
並の選手がペネッタの粘りを崩すのは至難。
だけど、サフィナが同じくらい粘れるので、パワーで
サフィナに軍配が上がった。まさに相性だよね。
決勝でも粘りの試合になった。ラリーが長く続くけれど、
ヤンコがロブに近いトップスピンを使ったり、
得意のバックのラリーに持ち込んで、うまい具合に
サフィナ封じ込めていたよ。ヤンコ本当におめでとう。

へこたれず…

名前がないけど、この文体は海人かな?
ということでタメ口で参ります。

ヤンコビッチは準決勝はディメの自滅に助けられた部分もあったと思うんだけど、決勝は安定したテニスができたみたいだね。
お母さんの病気のために精神的にも苦しい時期にあったと思うので、それを乗り越えたのは心から祝福したいなv-424

サフィナは決勝では序盤から崩れてしまったようで、準々決勝や準決勝のようなプレーを最後まで出しきれないという流れはなかなか立ち切れないね。
しかも、今年の全豪やポルシェもそうだったけど、準決勝でディメ、決勝でサフィナを倒すルートができつつあって、二人を応援する身としては辛いものがあります…。

名無しでした、すいません。

いぬふくが悲しいのはペトロワについても言えるのではない?
シャラポワとクリスターズがシードもつかずに暴れまわってたんじゃ
シード勢も安心してられないよね。
今大会、ペトロワとアザレンカが早速、二人の餌食になってしまった。
ヤンコといえどもキムに勝てる保障はないので、
いぬふくと同じ気持ちで戦々恐々と見ているよ。
(でもキムも好きなんだけどね、その点もいぬふくと同じかな。)
ていうか、スヴェタは勝てよなぁ ^~^

サフィナ

先日決勝見たんですが、No.1があそこまで…と思うようなミスの多い試合でしたし、2ndセットはいいとこなしでした。

No.1になってからのほうがプレッシャーを感じてるんでしょうね。
一方的にというのがあまりに多い、いえ目立ちますね。

ヤンコビッチとサフィナ、どちらもGSタイトルのないNo.1経験者ですが、どっちが先にとるでしょうか。

で、Amélieが来ます!
東レのサイトに出てました。
だから早速初日のチケット買いました。^^;
2日目は平日だから当日券でも大丈夫かなと思って。

怪我しませんように!

>海人

シャラポワもまだ全開とは言えないだけに1回は勝ってほしかったけど、相変わらず勝負強さに欠けるところがペトロワらしいというか…。

シャラポワはこの大会で決勝に進めば全米のシードも確定しそうだけど、ちょっと厳しいかなぁ。
キムとともに上位を喰いまくる存在になりそうだね。
もったいないe-444

>ameponさん

サフィナはあれだけ強いのに、負ける時は大抵何もできず…というパターンですよね。
それがナンバーワンとして認められていない理由なんでしょうが、それでも自分はヤンコビッチよりGSタイトルに近い存在だと思っています。
潜在能力の高さはもちろん(調子のいいキムを封じ込めたのも見事でした)、7試合戦い抜くだけのフィジカルの強さも持ち合わせていますし。
「決勝に弱い」という点を克服したら無敵の女王として君臨する可能性も秘めていると思うんですけどね。

東レはトップ40のうち38人が出場予定という驚異の面子になっていますが、ディフェンディングチャンピオンのサフィナがいないのがやっぱり謎です。
キリレンコは予選からのチャレンジになりそうですけど、無料で観戦できるチャンスかな。
今年は予選と本戦3回戦に行こうと思うんですけど、アメリーはそこまで勝ち残ってくれるでしょうかね。心配です…。

厳しいです。^^;

でもスヴェちゃんとAmelieのダブルスをやってくれれば、楽しみは倍増です!

Amélieが怪我しないことと、それを祈ります。

そうですね。

二人のダブルスは、シングルス以上に見てみたいです。
今年も自由席のチケットを買って外コート中心に回るつもりですが、このペアが実現したらやっぱり初戦からセンターコートでしょうか。
選手の会話や表情が楽しめるダブルスは何とか近くで観戦したいものですね!

今年は全米後に休養する時間がある分、大きな怪我をしなければ来てくれるんじゃないかなe-454
プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本