僕の彼女はサイボーグ 他

僕の彼女はサイボーグ ★★★★★★★☆☆☆
いつだったか覚えていませんが、ある時から急に綾瀬はるかがかわいく見えました。柔らかいのに意志の強そうなところとか、天然のキャラクターとか、そういったところが特に好きなんです。本作は、そんな彼女の魅力だけで2時間引っ張れるということを証明した意欲作でしょう! サイボーグという設定やあのコスチュームはエヴァンゲリオンの綾波レイを意識したものっぽくて安直ですけど、そんなの大した問題じゃないです。序盤、ジロー(小出恵介)と車道を挟んで歩いている時の表情を見ただけで完全にノックアウトされてあっという間に2時間。小出恵介も頼りない大学生役を見事に演じ切っていて、ほとんど2人だけしか出演しない映画にもかかわらず、1度もダレることがありませんでしたね~。
展開が読めるコテコテのラブコメだろうな~と思っていたし、実際に序盤はそんな風に進んでいくのだけど、終盤はどんでん返しの連続。クァク・ジェヨン監督は「僕の彼女を紹介します」などでお馴染みですが、お得意のハチャメチャな展開は刺激的ではあるものの、多くの要素を詰め込みすぎてまとまりに欠けるという面も持ち合わせています。天変地異まで起こさなくても良かったんじゃない?

ザ・マジックアワー ★★★★★★★☆☆☆
「王様のレストラン」や「ラヂオの時間」のように設定に現実味がないためか、これまでと比べるとワクワク度は低め。舞台は広がったけども、カメオ出演の俳優が印象に残ってしまうのでメインどころの会話の妙を存分に楽しむことができないんですよ。そんなわけで、上の2作と比較すると満足度は低かったです。
ただ、これは三谷幸喜らしさを求めたが故の不満で、その辺を過剰に意識しなければじゅうぶん楽しめるんじゃないでしょうか。
今回はとにかく佐藤浩市がすごいです。予告編で目立っていたナイフ舐めだけでなく、これまでの彼のイメージとは全く違う演技が山ほど見られて圧倒されました。寺島進との絡みは特に面白かったですね。深津絵里はコメディだということを意識させずに観客を笑わすことができるというという点で、「THE有頂天ホテル」の松たか子同様貴重な存在だなと思います。
妻夫木くんもがんばっていましたが、がんばっている感じが出てしまうというのは役者としては少し厳しいですね。まぁ、これだけ個性的な面子に囲まれてしまっては仕方ないですけども…。
不満もいろいろとありましたが、これだけ万人受けするコメディを作り続けられるのは日本では三谷幸喜氏くらいだと思うので次回作も楽しみです。
<三谷幸喜監督作品の評価:「THE 有頂天ホテル」 ★★★★★★★★☆☆>
スポンサーサイト

テーマ : 日本映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本