Family Circle Cup

 <Quarterfinals>
Elena Dementieva (1) def. Dominika Cibulkova (7), 6-4, 1-0 retired
Caroline Wozniacki (5) def. Virginie Razzano (13), 6-2, 6-0
Marion Bartoli (6) def. Melinda Czink, 6-4, 6-1
Sabine Lisicki (16) def. Elena Vesnina, 6-4, 6-0

 <Semifinals>
Caroline Wozniacki (5) def. Elena Dementieva (1), 6-4, 5-7, 7-5
Sabine Lisicki (16) def. Marion Bartoli, 6-3, 6-1

 <Final>
Sabine Lisicki (16) def. Caroline Wozniacki (5), 6-2, 6-4


ウォズニアッキがクレーシーズンで本格的にブレイク!
という出だしを考えていたのですが、決勝でリシキに負けちゃいました。順調に伸びているのは確かですけど、ここでプレミア初制覇を見たかったな…。優勝していればトップ10入りも確定だったし。まぁ、それでも相変わらず安定しているし、世界3位のディメに2連勝しているわけで、18歳にしては出来すぎなんですけどね。
彼女は強烈なフラットショットも持っていますが同時に非常に粘り強いテニスをする選手で、追い込まれた時にもカウンターで切り返したりループで逃げたり多彩なショットを打つことができますし、若手にしてはメンタルも安定しています。つまりクレーでも勝てる資質は十分に備えているはずなんですが、ここ2年は他のサーフェスに比べてクレーでの勝率はあまり良くないみたい。今年はいいスタートを切ったことだし、過去はすっきり忘れてヨーロッパの土の上でも暴れてもらいたいですね。
余談ですが、ウォズニアッキってサンバイザーが妙に似合うなと思っていたんですけど、あれはきっと広いおでこを隠しているからなんだな~。ディメさんもインドアとアウトドアで顔の印象が変わりますけど、ウォズニアッキも(サンバイザーを着用する)アウトドアの方がかわいく見えます。

リシキについては、昨年の前半にサフィナやリンジーを破って大型新人感を出していたのにその後は若干伸び悩みました。あれから1年、本格的なブレイクとなるかは今後の活躍に懸かってきますが、今週ヴィーナスやウォズニアッキを倒したことで潜在能力の高さは示しましたね。彼女もまだ19歳。個人的にはドイツに有望な若手が出てきてくれたことが嬉しいです。

裏のバルセロナではキリレンコが決勝に進出しましたが、ヴィンチに完敗して2連覇はならず。それでも、準決勝でスアレス・ナバロに逆転勝ちするなど安定した勝ち上がりでしたし、故障や病気に苦しんだシーズン序盤を考えれば希望の持てる1週間でした。ただ、クレーシーズンは守るポイントがたくさんあるんですよね~。ランキングが落ちてしまってシードが付かないと勝ち上がるのが難しくなるので、ローマやマドリードで何とかがんばってトップ50には踏み止まってもらいましょう。

早くも次のプレミアシリーズが楽しみです。フェドじゃいまいち盛り上がらないんだよなぁ…。
スポンサーサイト

テーマ : テニス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

FED CUP

Fedが盛り上がったのは、昨年だけです。
あ、個人的にですけど。。。^^;

バルトリはFedではあまり名前を聞きませんね。
なんでかしら?!
お父さんがイラン人で、仏テニス協会からの支援を断った経歴があるのはバルトリですよね?!
そうなら納得ですけど。

バルトリ

お父さんがイラン人だというのは初めて聞きました。
調べてもその手の情報は得られませんでしたが、彼女の顔立ちを見るとイランの血が混じっていても納得できる感じですね。
協会からの支援を断ったのは聞いたことがあります。
それだけに、ウィンブルドン準優勝した時のスピーチは感動的でしたねぇ。

そういえば、アメリーがフェドの国内シングルス最多勝記録を持っているのを今日知りましたよ。
あと4勝すれば単複通じての最多勝になるみたいなので、まずは今週末の2勝を期待しましょうv-220

カロラインがカロライナで

Caroline のプレミア大会優勝が 奇しくも サウス Carolina で
といいたいところでしたが、優勝を逃してしまいました。

アザレンカにしても リセスキにしても 
俺たちがウィリアムズ姉妹を倒すのは容易ではないと話してから以後、
立て続けに(ウィリアムズ姉妹を)ぶっ飛ばしてくれました。

彼女たちの力が一時的なものなのか、継続できるのかは
今後の楽しみですね。
ただ、爆発すれば それだけの力があるという証明にはなりました。
そして今のWTAで優勝をすることの厳しさを再認識^^。
2009年は ナバロに始まり、いろんなところに伏兵がいる模様。

サフィナの1位もかりそめに…ならなければ良いですがね。

おやじギャグ…

ウィリアムズ姉妹を倒す力を持った10代選手は他にもたくさんいるんだろうな。
ただ、この姉妹がすごいのは勝ちに行った試合でものすごい勝率を誇るところで、他にそういうパワーを持った選手というと、現役ではシャラポワくらいしかいないような気がする。
年齢やプレースタイルを考えると、今のところそこに加わる見込みがあるのはイヴァノビッチくらいかなぁ。
10代プレイヤーの中ではアザレンカやウォズニアッキが一歩リードしているのは間違いないけどね。
プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本