BNP Paribas Open (後半戦)

 <Quarterfinals>
Victoria Azarenka (8) def. Dinara Safina (1), 6-7 (4-7), 6-1, 6-3
Vera Zvonareva (4) def. Caroline Wozniacki (9), 6-4, 6-2
Ana Ivanovic (5) def. Sybille Bammer (23) walkover
Anastasia Pavlyuchenkova, def. Agnieszka Radwanska (7), 7-6 (10-8), 6-4

 <Semifinals>
Vera Zvonareva (4) def. Victoria Azarenka (8), 6-3, 6-3
Ana Ivanovic (5) def. Anastasia Pavlyuchenkova, 6-2, 6-3

 <Final>
Vera Zvonareva (4) def. Ana Ivanovic (5), 7-6 (7-5), 6-2


波乱含みだったインディアンウェルズ、後半はかなり落ち着いてきましたが、その中でも抜群の安定感を誇っていたヴェラが優勝しました。少し前まで苦手としていた李娜(Li Na)に、成長著しいウォズニアッキとアザレンカ、そして復調してきたイヴァノビッチらを相手にしても1セットも落とさなかったのは称賛に値します。彼女は過去に8タイトル取っていたとはいえすべてティア3以下の大会でしたから、今回は彼女にとって最も嬉しい優勝になったでしょうし、しかもアザレンカと組んだダブルスも勝ちましたからね。決勝は滅多にないほどの強風の中、数年前までメンタルの弱さを指摘されていたヴェラとは思えないほど我慢強いテニスをした模様。まぁ、その風の強さはハイライト映像が珍プレー集に見えるほどで、二人ともラケットを叩きつけまくっていましたけど…。
ヴェラに関しては昨年末に、「2009年はグランドスラムでの上位進出とプレミアクラスでの優勝を目標にしてほしい」というようなことを書きましたけど、早くも両方ともクリアしてしまいました。上位がもたついているようだとトップ3入りも達成してしまうかもしれません。

決勝で敗れたイヴァノビッチも復活へのきっかけを掴んだ大会だったんじゃないでしょうか。クレーシーズンまでにあの女子最強フォアハンドが戻ってくれば全仏2連覇も視野に入ってくると思うので、今後の動向に注目していこうと思います。
アザレンカはトップ10入りを果たしました。ビッグタイトルを取るためにはもう一つ越えなければならない壁があるように思えますが、このあたりは経験を重ねることによってカバーしていくのでしょう。ただ、若手の中にはラドワンスカのように老練なテニスを見せるプレイヤーもいれば、ウォズニアッキやコルネのように人目を引くルックスの持ち主もいるわけで、そういう点でアザレンカは地味に映るんだな~。まぁ、今後キャラが開花することに期待しましょう!

そのアザレンカに準々決勝で敗れたサフィナ。キミはナンバーワンへの千載一遇のチャンスを逃したぞ! どちらにしろ今の中途半端なプレーではナンバーワンに相応しくないと思うので、マイアミで吹っ切れてくれることを祈ります。

2009年ツアーも始まって既に3ヶ月、ブレイク組、不調組、復帰組などに分かれつつありますが、スヴェタやキリレンコは完全に不調組ですね。キリレンコなんかまだ1勝しかしていませんよ。ただ、怪我や病気が原因でもあるようなので、ここからの奮起に期待したいところです。クレイバノワとパブリオチェンコワの台頭でキリレンコはロシアの10番手まで下がってしまいました。好調を保っているヴェスニナの存在が怖いですが、何とか国内のトップ10には居続けてもらわないと。それにしても、ロシアのトップ10の面子、豪華すぎ!
スポンサーサイト

テーマ : テニス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本