鉄コン筋クリート 他

少し前にテレビで放送されているのを観ました。
最近の日本は大ヒットしたドラマや小説(マンガ)の映画化で人気俳優を前面に押し出した作品ばかりが目立ちますけど、この2本は設定や物語が練られているなと思いました。ま、面白いかどうかは別として…。

包帯クラブ ★★★★★☆☆☆☆☆
頭の硬い大人の考えだと思われるでしょうけど、町中の公共物に包帯を巻いて人助けをしている気分になるなんて、論外でしょ。彼らの考えが間違っているとは思わないし、映画自体は決してつまらなくはありません。でも、結局は自己満足の物語にしか映りませんでした。それと、良くも悪くもディノ(柳楽優弥)中心なので、彼を受け入れられるかどうかがそのまま作品としての評価になってきそうな気がします。自分はダメ。かなり強烈なキャラなので柳楽優弥にとっては演じ甲斐のある人物だったとは思うんですが…。
石原さとみや貫地谷しほりは相変わらず良し。特に石原さとみの「ドンマイ!」は悶絶モノです。貫地谷しほりはこれまでに見た作品すべてでヒロインの明るく元気な友人役なので、いい加減違うタイプの演技も見たいところですが、まぁ、これはキャスティングの問題であって彼女に責任はないですもんね。

鉄コン筋クリート ★★★★★★☆☆☆☆
本作の魅力は、何と言っても躍動感のある映像に尽きるでしょう。普段アニメを見ることがあまりないから、このスピード感や緊張感に溢れた映像には軽く感動できました。
しかし、ストーリーはこだわりが感じられる反面、解るヤツだけついてくればいいというような突き放した感じが強くてなかなか入り込めません。このあたりは別に欠点じゃないんだけど、多くのアニメがマニアのものになってしまっている要因ですよね。
声優陣は蒼井優が好演。彼女の出演作をレビューするたびに褒めていますけど、今回も言われないと誰だか分からないくらい役になり切っていました。彼女の陰に隠れた印象はありますが、二宮くんもがんばっていましたし、他もなかなか自然にまとまっています。ただ唯一、伊勢谷友介だけは違和感が拭えなかったな。今回はかなりいいポジションの役だったし、受け取り方によっては表情を殺した演技と言えなくもないんですが、自分にはどうしても棒読みに感じられてしまいます。これから観るつもりの「ブラインドネス」にも若干の不安が…。
スポンサーサイト

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

初めまして!

>解るヤツだけついてくればいいというような突き放した感じが強くてなかなか入り込めません。

う~ん・・・。
この作品は個人的にはエンターテイメント
性と哲学性が上手くバランス取ったと
思っていますが、それでもですか>_<

押井監督とかは優しくないですが^^;

はじめまして!

観賞中には何度もよくできてるなぁ…と感じたので、あとは単純に好みの問題なんでしょうね。
"哲学性"ということばが出てピンときましたが、自分はアニメに強いエンターテインメント性を求めているのかもしれません。
プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本