ルーム ROOM 他

ルーム ROOM ★★★★★★★★☆☆
オールド・ニックに7年間監禁されている母子。5歳の息子は納屋で生まれ、外の世界を知りません。ついに我慢の限界に達した母親のジョイは脱出計画を実行し、見事それを成功させるんですが…。
監禁生活から逃れることができて「めでたしめでたし」ではないのが本作の特徴。後半の、好奇の目に晒される母親の苦悩や、未知の世界に戸惑う息子の感情描写が素晴らしく、それをセリフではなく人物の微妙な視線の行方や景色などで表しているのに感心してしまいました。特に、息子のジャックがトラックの荷台から見上げた広い空は、まるで自分まで初めて見る光景に思えて気分が高まりました。
ブリー・ラーソンはもちろん、子役のジェイコブ・トレンブレイの演技も満点でしたし、世界が広がることが幸せに直結するわけではない、でも成長するには世界を広げなくてはいけない時もあるというメッセージには深く考えさせられたりも…。
しかし、よく出来た映画=面白い映画とはいかないわけで、クオリティの高さの割に後に残るものが少ないのが残念でした。個人的には同じレニー・アブラハムソン監督の「FRANK」の方が粗削りだけど好み。

◆レニー・アブラハムソン監督作品の評価
「FRANK」 ★★★★★★★★☆☆



お嬢さん ★★★★★★★★☆☆
韓国人監督としては一番好きなパク・チャヌクの最新作ということで劇場公開時から楽しみにしていた作品なんですが、いやぁ、相変わらずの変態性で安心しました。この人はエログロと言っても割とグロ寄りのイメージが強かったんですけど、前作の「イノセント・ガーデン」が官能的な雰囲気を持った作品で、今作はそれに輪をかけてエロティックになっています。
ただ、単にエロを目的としたものではなく、お嬢さんと詐欺師の男、侍女の騙し合いといったサスペンス要素、さらに官能小説を日本語で読ませる奇妙さなど、緩急をつけた構成が本当に見事。これ、3部構成なんですけど、全貌が見えてくる2部から俄然面白くなってきます。ビジュアル面でも見所が盛り沢山。僕はレズビアンのセックスシーンってどちらかと言うと苦手だったんですが、お嬢さんと侍女のそれは本当にキレイでした。貝合わせ中の二人の絶頂の表情も演技とは思えないほどリアルでしたしね。
逆に、最も残念だったのは、登場人物たち(特に男優陣)の日本語が聞き取りづらかったこと。この作品は韓国人の俳優が至るところで日本語を話していて、それが魅力となっているんですけど、片言なので難しいんですよ。何度もDVDで巻き戻してしまったせいで没入感を削がれてしまった部分もありました。せっかく日本人だからこそ楽しめる名言(迷言)もあるだけに、韓国語セリフにしか字幕がないのは残念だなぁ。

◆パク・チャヌク監督作品の評価
「JSA」 ★★★★★★★★★☆
「イノセント・ガーデン」 ★★★★★★★★☆☆

スポンサーサイト

テーマ : 映画★★★★★レビュー
ジャンル : 映画

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本