ズートピア 他

ズートピア ★★★★★★★★☆☆
アメリカに存在する人種差別や性差別を、重いドラマではなく子どもでも楽しめるエンターテインメントに消化した、学校の教科書にしたくなるような映画でした。差別というものに無頓着な小さな子どもでも「自分と違う個性を持った相手を尊重する」というメッセージは受け取れるでしょうし、単純に映像美やジュディの躍動感だけでもワクワクできる要素を持っています。大筋は王道といえば王道なんですが、ジュディとニックの仲直りのシーンなどは、ジーンときてしまったり…。
ただ、あまりにもちゃんと出来すぎているところが、かえってインパクトに欠ける面にも繋がっているんですよね。万人に薦められる良作ですけど、数年後に記憶に残っているような作品かというと微妙なところ。



スーサイド・スクワッド ★★★★★★☆☆☆☆
至るところで酷評されてハードルが下がり切っていたためか、予想していたよりは楽しめました。
ハーレイ・クインのための映画として見れば80点の満足度。彼女のアクションは普通ですけど、クレイジーなキャラクターが最高に魅力的で、ジョーカーを慕う姿は滅茶苦茶可愛かったです。半面、他のメンバーは個性に欠け、バットマンシリーズの陰の主役というイメージのあったジョーカーがすっかり存在感を失ってしまって魅力ゼロ。結果、悪党たちよりも、彼らを集めたウォラーが一番怖いというのは皮肉な話ですね。
それと、アクションシーンがつまらないのもなぁ。マーベル系に比べると各キャラの特殊能力が地味で、敵のエンチャントレスとの力の差もありすぎるため、最後までゴリ押し感が払拭できませんでした。
いろいろ言いながらも個人的にはアベンジャーズの2作目よりは楽しめたんですけど、やはりこのクオリティではよほど魅力的なキャスティングがされない限り、次回作はスルーしてしまいそうです。
スポンサーサイト

テーマ : 映画★★★★★レビュー
ジャンル : 映画

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本