Damn. / Kendrick Lamar



大傑作の「To Pimp A Butterfly」を経て、新たなテーマを掲げた4thアルバム。
とはいえ、人種差別を前面に出している点は変わらずで、黒人に差別的な態度を取る警察に対し敵意すら露わにする場面すらあります。
FOXチャンネルのコメンテーターが「若い黒人に悪影響を与える」と話したことで対立もあったようですが、僕個人としてはこの対立に関してはどちらにも理解を示したいところではあります。アメリカに根深い黒人差別があるのはこれまでのヒップホップ作品を聴いていても明らか。Beyonceも昨年の「Lemonade」でその姿勢を出していましたけど、Kendrickの方が詞もビデオもより過激な分、誤解を招き「警察=悪」というイメージを定着させてしまう危険性は確かに孕んでいると思います。

ただし、彼は決して敵意だけを表現しているのではなく、その中で自分の中に潜む悪や弱さと葛藤しているんですよね。それは彼個人の問題なのか、黒人だからなのか、それとも人間として当たり前のものなのか。前作にあった詞の二面性(性と社会的なテーマが同時に潜むなど)は薄れましたし、前作に比べてラップ自体もアグレッシブで生々しく感じられますけど、この葛藤を表すためには最適な手段でしょう。

プロダクションの面ではだいぶシンプルになりました。個人的にはジャズ色を強く取り入れた前作の方が好きですね。Mike WiLL Made-Itが手掛けた「(2)DNA.」と「(8)Humble.」がキャッチーなのが災いして、他の曲のインパクトが薄れてしまっているような…。Rihannaと組んだ「(6)Royalty」でさえ、期待値には届きませんでした。
現時点でも聴き応えのあるトラックは揃っていますし、もっと詞を読み込んでいけば前作同様に評価が上がる可能性も残していますが、前作がよすぎたために物足りなさも感じるのも確かです。

★★★★★★★☆☆☆

◆前作の評価
「To Pimp A Butterfly」 ★★★★★★★★★☆

「DNA.」(US4位、UK18位)
スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE
ジャンル : 音楽

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本