イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密 他

レヴェナント 蘇りし者 ★★★★★★☆☆☆☆
「バードマン」でアカデミー賞の作品賞を獲ったアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督の最新作。そこに主演がレオナルド・ディカプリオと来れば期待するなという方が無理な話です。イニャリトゥ監督としては最高級の映像。熊とグラス(ディカプリオ)の格闘シーンは話題になりすぎて想定内に終わってしまいましたけど、雪に覆われた大自然を普通に観ているだけでもワクワクできました。
ただ、前半の緊張感に比べると後半は淡白だったなぁ。グラスはただただフィッツジェラルドを追いかけるだけ。本当なら熊に負わされた傷との戦いも見どころの一つになるはずなのに、その壮絶さがどうも嘘臭く映るんですよね。ディカプリオにオスカーをあげるんだったら絶対に「ウルフ・オブ・ウォールストリート」の方が相応しいと思うし、本作のグラス役ならもっと適した俳優がいたはずという思いだけが残りました。
全体的に力を入れて作られたのは伝わるものの、捻りが少なく面白味には欠けた作品でした。

◆アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督作品の評価
「バードマン あるいは (無知がもたらす予期せぬ奇跡)」 ★★★★★★★★☆☆

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密 ★★★★★★★★☆☆
最初に乱暴な言い方をしてしまいますが、僕が現在のハリウッド俳優で<生理的に>苦手な俳優というのが3人いて、一人が「レ・ミゼラブル」で最初に観たエディ・レッドメイン、もう一人が「マイティ・ソー」のトム・ヒドルストン、そしてこの作品の主演を務めているベネディクト・カンバーバッチなのです。
しかし、エディが「リリーのすべて」の繊細な演技で一気に印象をよくしたのと同様に、カンバーバッチも本作での演技は抜群でした。彼が演じたのはエニグマ解読に挑むイギリス人数学者、アラン・チューリング。周囲に理解されず上手く溶け込めないという天才ならではの欠点も持ち合わせているものの、後に婚約するジョーン(キーラ・ナイトレイ)らの支えもあり、現在のコンピューターの基礎と作り上げるまでに至ります。
エニグマに関してはタイトルほど重視されていませんし、マシュー・グードとキーラ・ナイトレイの好演はあってもヒューマンドラマとしても良作止まり。しかし、主人公の孤独が凄まじく胸を打ちました。同性愛者が罪と言われていた時代に育った彼は若くして死んだ初恋相手の名前をコンピューターに付け、愛情を注ぎます。ただ変わり者なんじゃない、その相手ほど愛せる人間がいなかっただけなんだというのが悲しみに拍車をかけるし、結末も惨いものです。それでも、「誰も予想しなかった人物が誰も想像しなかった偉業を成し遂げる事だってある」、「あなたが普通じゃないから世界はこんなにすばらしい」という劇中の名セリフが、彼が決して不幸な人間ではなかったということを証明し、不思議と背中を押されたような気分になりました。

スポンサーサイト

テーマ : 映画★★★★★レビュー
ジャンル : 映画

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本
いぬふくの今やってるゲーム