Music Review (2017年4月Part1)

Gang Signs & Prayer / Stormzy ★★★★★★★★★☆
グライムシーンの新星と言われる23歳のデビューアルバム。北米以外のブラックミュージックには疎く、UKとなると何となく遠ざけてしまう僕ですが、何の気なしにApple Musicで試聴してみたら大ハマり。CDまで買ってしまいました。
「(5)Big for Your Boots」はゴスペル要素を含んだラップソングということで、Kanye Westの「Jesus Walks」を思い出しましたが、Stormzyの場合はその高速ラップが大きな特長。必然的にアグレッシブなトラックの方がハマる気がします。個人的なベストは「(2)Cold」。音やヴォーカルの重なりが増すとともに緊張感と高揚感が右肩上がりに…。
メロウなトラックもかなりの数、収録されています。正直、こちらは少し目新しさに欠けるかなという印象は持ったものの、クオリティはどれも高く、デビュー作とは思えない見事なバランス配分。歌もラップもできるMCは当たり前になっていますけど、ラップのピッチも自在に変えられるのがこの人の強みで、アルバム通して飽きずに聴けるんですよ。
ま、グライムというジャンルがまだよく解っていないんですけど、ヒップホップが好きなら新しいジャンルと身構えることなく入り込めるはずです。日本はおろか全米デビューもまだですけど、間違いなく2017年を代表する作品です。



「Big for Your Boots」(UK6位)


DROGAS Light / Lupe Fiasco ★★★★★★★★☆☆
デビューから傑作を2作続けたものの、その後は迷走気味だったLupe Fiasco。レーベルとの確執や引退発言などネガティブなニュースが続きましたが、インディからながら無事に新作リリースとなりました。しかし、インディでも盟友Soundtrakkとのタッグは続いていてクオリティに問題はなし。バックコーラスを活かした都会的なトラックなど、Lupeらしさがきちんと出たお気に入りの一枚です。
夜明けを想起させる「(2)NGL」からほぼ歌モノの反則すれすれ「(11)Pick Up The Phone」まで、バラエティに富んだ楽曲がズラリと並んでいます。特に(2)はそれだけでアルバム全体を良作認定したくなるほど好きですね。Stormzyもそうですが、2曲目がいいと全体の印象がよくなります。
ただ、復活といえば聞こえはいいですけど、道を外れたところから元に戻っただけなので、デビュー時から進化が見られるかと問われれば肯定もできないんですよね。一応本作は3部作の第一章という位置付けらしいので、今年中に出ると言われている次回作「DRODAS Waves」のリリースでさらに化けることを期待しています。



◆前作の評価
「Tetsuo & Youth」 ★★★★★★★★☆☆

「(5)Jump」
スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE
ジャンル : 音楽

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本
いぬふくの今やってるゲーム