舞台 / 西加奈子



29歳の葉太はニューヨークで一人旅をしている最中に盗難に遭い無一文になってしまう。しかし、自意識過剰な彼は困っていることを誰にも伝えることができず、何事もなかったような演技をし続ける…。

心の中では明らかに混乱しているのに、平静を演じてしまう。見知らぬ人ばかりのニューヨークだというのに、主人公のカッコつけは一向に止まりません。書店であらすじを読んだ時からこの一点だけでも僕は主人公にただならぬ共感を覚え、絶対に読まなくてはと思いました。

が、実際はあらすじを読んで想像していた内容とはかけ離れていて、しかもそれが好みではない方向に向かってしまっていた感じ。主人公の心情もリアルに描かれているとは思いますが、不快指数が高すぎて全く共感できません。父親との関係も上手く描かれているとはいえず、本当にただの嫌なヤツにしかなっていないんですよね。
作中にも名前が出てくるように、作者は明らかに「人間失格」を意識して書いてはいるんですけど、あちらの主人公が生に絶望するほど悩んでいながら(好き嫌いがはっきり分かれるのは別として…)感情移入しやすい人間だったのに対し、こちらの葉太は悩み方が自分に近いのがかえってどうでもよく見えてしまいます。本や映画は多少脚色されている方が面白くなるんだろうな。

やはり同じような手法で「人間失格」を書いた太宰治は天才だったんだなと再認識しました。
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本
いぬふくの今やってるゲーム