今週のWTA (2017年3月第1週)

 <Abierto Mexicano TELCEL>
Lesia Tsurenko(7) - Kiki Mladenovic(2) 6-1, 7-5


インターナショナルシリーズながら、大きな波乱もなく進んだ大会はツレンコが制し、通算3勝目を達成。トップ3シードを立て続けに倒してのタイトルになります。名前は知っているけどプレーはよく知らない、典型的な地味プレイヤーではありますけど、今季はホバートでの準決勝進出やフェドでのガブリロワ撃破などもあり、トータル9勝2敗と好調ですね。

 <Alya WTA Malaysian Open>
Ashleigh Barty - 日比野菜緒 6-3, 6-2


こちらは日本人プレイヤーの日比野が奮闘しました。2回戦で当たる予定だったスビトリナが棄権したラッキーはあったものの、チャンスをしっかり活かすところが日比野らしいというべきか…。もちろん、大坂のように大舞台で上位陣を食う活躍があればもっと注目度が高まるんでしょうけど、実は現役日本人プレイヤーで3度ツアーの決勝の舞台を踏んでいるのは伊達を除くと彼女しかいません(土居は125kのトーナメントも含めると3度になりますが…)。杉山の引退後、ツアータイトルを狙える選手が出てこないというのが日本の課題だっただけに、こういうチャンスに強い選手の存在は頼もしく映ります。

そんな日比野の勢いを止めたのがバーティ。彼女に関しては、弱冠20歳ながらようやく頭角を表してきたかというのが率直な印象。何せ、15歳にして天才少女として期待されていたプレイヤーですからね。確かに以前から才能の片鱗を見せてはいましたが、体格に恵まれているわけではないのでトップクラスにはなかなか通用せず、過剰な期待とのバランスも取れず2014年に一旦ツアーから離れるという発表がありました。正直、バーンアウトの典型のようなものでこのまま引退してしまうのではと思っていましたが、昨年戻ってきて、今年は全豪で3回戦に進出するなど上昇気流に乗っています。これでトップ100入りも果たしましたが、個人的には早いうちにトップ50の壁を破ってきてほしいと思っています。

日本人では他に尾崎と加藤がともにシード選手を破って2回戦進出を果たしました。ライバルの活躍やダブルスの好成績など、様々なプラス要因が重なって日本勢の名前を見る機会が増えたのは嬉しいところです。
スポンサーサイト

テーマ : テニス
ジャンル : スポーツ

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本
いぬふくの今やってるゲーム