App Review (2016年2月)

パラダイス・ベイ ★★★★★★★★☆☆
一言で例えるとアメリカン牧場物語。ストーリー性はほとんどありませんが、クエストが豊富で目的がはっきりしているので単調さは感じません。単純に自分が箱庭系のゲームが好みというだけかもしれませんけど…。
操作系統はもう少し工夫が欲しかったところ。建物を設置するときに自分の指の下にカーソルが来るために場所を間違えることもありますし、木を縦に並べた時、奥を選択しようとしても手前の木を選んでしまうなど、誤操作がしばしば起こります。ただ、鎌で草を刈るのは最高に快感。
レベルがもう少しサクサク上がったり、建物の設置に必要な金がもう少し控えめだったら…とは思いますが、あまり欲張らずゆっくりプレイするべきなんでしょうね。

虫姫さま ★★★★★★★★☆☆
iPhoneのサイズで2Dシューティングとは無理があるような気がしていましたが、ショットを自動で放ち操作を自機の移動に専念させることで従来のシューティングと同じような感覚で遊ぶことができます。まぁ、昔の連射至上主義とは違って、現在は連射もオートになってきていたので違和感はありませんね。十分な爽快感を得られます。
直接画面をタッチするため、時折自分の指が邪魔になってしまうものの、許容範囲。タブレットならその問題もクリアできてさらに楽しく遊べるでしょう。

Lifeline ★★★★★☆☆☆☆☆
地球外の星に墜落した宇宙船の生存者、タイラーからの通信を受け、生還させるためにコミュニケーションを取るSFアドベンチャー。
画面はほぼテキストオンリー。昔あったゲームブックに近いシステムではあるものの、宇宙服を着用したタイラーの呼吸音が緊張感アップに役立っています。さらに半リアルタイムで会話が進むため、タイラーの探索中などはゲームがストップするというのも大きな特徴。その間にタイラーがどんな状況に置かれ、何を発見するのかワクワクしながら待つことになるほどの没入感を備えています。
しかし、面白いのは最初だけ。基本的に、テキストを読むだけで単調なので、世界にのめり込めなくなった途端に飽きてしまいました。終いには、ゲームを立ち上げていない時にも通知される
(タイラーが応答を待っています)
というメッセージにまでうんざり。これが現実の世界だとしたらものすごく薄情な男ですね、僕は。
スポンサーサイト

テーマ : スマートフォンゲーム
ジャンル : ゲーム

App Review (2015年8月)

テラバトル ★★★★★★★☆☆☆
一言で例えるならはさみ将棋RPG。味方キャラクターで敵を挟むことで攻撃、そこにレベルや3すくみの概念を肉付けした、と…。キャラクターのグラフィックはかっこいいし、世界観やBGMなどもスタイリッシュに仕上げています。
ダウンロード数に応じて追加要素が発表になるのは少しあざとい気もするけど、人気を長続きさせるためにはこういう策も必要でしょうし、課金を強いるよりは遥かに良心的。
しかし、キャラクターを強化するためにはかなりの時間と根気が必要となるため、やり込むにはそれなりの覚悟が必要となりそうです。
(11章プレイ中)

キャンディクラッシュソーダ ★★★★★★★★★☆
現時点では、家庭用ゲーム機ソフトと比較しても今年最もハマったゲーム。
キャンディを入れ替えて3つつなげる、基本はよくあるパズルゲームながら、連鎖を作るよりもボムやキャンディフィッシュといったアイテムを作ることが重要という点が特長。クリア条件もボトルを割ったり、キャンディの背後にあるベアを発掘するなど多岐に渡っていて、単調にならない工夫もされています。
運の要素が強すぎるかなという気もしますが、そのおかげで大きく身構えることなく簡単に遊べますし、1プレイが短いのでついつい遊び続けてしまう魅力もあり。そのせいで課金の誘惑とも戦うことになりますけどね。
(249面プレイ中)

Sleep Meister ★★★★★★★★☆☆
睡眠管理がしたいと考えていた時に出合ったアプリ。レム睡眠とノンレム睡眠を感知し、眠りの浅いタイミングで目覚ましを鳴らしてくれるというのが大きな特長。身体に装置を装着するのならともかく、枕元にスマホやiPodを置くだけでどうやって入眠時間や眠りの浅さなどを把握しているのだろうという謎は残りますが、自分の感覚としては割と精度が高いように思えます。
個人的にヒットしたのは録音機能。寝言やいびきを拾ってくれるわけですけど、疲れている時やお酒を飲んだ夜のいびきを最初に聴いた時の恥ずかしさはなかなかのもの。でもこれ、本当にしっかりデータを拾えば健康管理できそうですね。

テーマ : スマートフォン・アプリ
ジャンル : 携帯電話・PHS

App Review (2015年2月)

2月は時間がないせいで携帯ゲーム機すら立ち上げることもできなかったので、その分、さらに気軽なアプリゲームで遊ぶことが出てきました。そんなわけで、今回からアプリのレビューも不定期にやっていくつもりです。

魔法使いと黒猫のウィズ ★★★★★★★★☆☆
「クイズ マジックアカデミーDS」を遊んだ時に、携帯機の手軽さとタッチパネルの相性のよさを実感したので、迷わずダウンロード。2ヶ月半ほど無課金で遊んでみましたが、イベントも豊富だし、クイズの難易度も程々で、今のところ大きな不満はありません。カードのデザインも万人受けするものなので、誰もが気軽にトライできるのは嬉しいところ。
ただ、従来のクイズゲームにモンスターの育成や合成といったスマホゲームならではのシステムを合わせただけなので、展開も単調で飽きるのも早そう。

モンスターストライク ★★★★★★★☆☆☆
CMなどでよく見かけていたので試しにダウンロードしてみました。こちらは「魔法使いと黒猫のウィズ」以上に間口が広いゲーム。ベースのルールはビリヤードで、仲間モンスターを弾いて敵に当てるだけ。ただし、味方に当てた時にモンスターごとの技が発動したり、敵に当たっても反射せず貫通するモンスターがいるなど、独自のルールで幅を持たせています。
そうはいってもやはりこちらも単調。マルチプレイとなれば盛り上がりは違ってくるのかもしれませんが、ソロだけではすぐに飽きました。モンスターの育成や合成にも金がかかるし、そもそものモンスターにあまり愛着が湧かないのが残念です。

ダンガンロンパ アルティメットバトル ★★★★☆☆☆☆☆☆
上の「モンスト」の亜流ですが、後発でありながら本家に勝るところが一つも見当たりません。
最大の欠点は、敵に当たって跳ね返る時のエフェクトが地味すぎて爽快感がないこと。「モンスト」は爽快感勝負のようなところがあったため、そこが欠けては魅力も半減以下というもの。キャラクターはかわいくデフォルメされているものの、ストーリーがないので、オリジナル最大の魅力だった強烈な個性が全く伝わってこないんですよね。
シリーズのファンが集まってのマルチプレイということならそれなりの内容かもしれませんけど、元の知名度が特別高くない以上、需要は限られてくるような気がします。

テーマ : 携帯アプリ(ゲーム)
ジャンル : ゲーム

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本
いぬふくの今やってるゲーム