2014 BEST SINGLE

1. Shake It Off / Taylor Swift
ゴシップ誌を賑わす恋多きアーティスト像を逆手に取った新作で大胆なイメージチェンジを図った新作。そこからの先行シングルがこれでした。
ネガティブな噂をすべて吹き飛ばすようなハジけて、滅茶苦茶なパフォーマンスでも一向に気にしていないTaylorがたまらなくかわいいんですよね。


2. Turn Down For What / DJ Snake & Lil Jon
PVの第一印象は下品でドン引き。しかし2度目は不思議と受け入れることができ、それ以降は聴くたびにハマっていく中毒性を秘めていました。こういう曲がメインストリームでヒットするというのは日本ではちょっと考えられないです。


3. Chandelier / Sia
年末にベストミュージックビデオに選出したとおり、本人が登場せず少女ダンサーがワンカットで踊るPVが秀逸。


4. Take Me To Church / Hozier
同性愛者を弾圧するビデオが衝撃的。もちろんそれは弾圧批判なわけですが、今もなお世界に残る偏見を真っ向から描いた映像に惹き込まれ、それとマッチした繊細な音は一度聴くと耳から離れなくなります。

5. Money On My Mind / Sam Smith
今年大ブレイクを果たしたSam Smith。「Stay With Me」をはじめ、切ないメロディーのイメージが定着しましたが、個人的には最初に耳に留まったアップが最も好きでした。

6. Problem / Ariana Grande feat. Iggy Azalea
Babyfaceらの楽曲で歌唱力を売りにデビューしてから一年、ポップフィールドに大きく足を踏み入れたArianaは彼女の年齢に見合った華やかさが爆発していました。Iggy Azalea、そしてPVにも登場するボーイフレンドのBig Seanの存在もいいアクセント。

7. It's On Again / Alicia Keys feat. Kendrick Lamar
トップ10の中では唯一全米でヒットしなかった楽曲ですが、Kendrick Lamarとの相性もよく、久々に力強いAliciaのヴォーカルを楽しめたと思います。
映画「アメイジング・スパイダーマン2」のエンディングを飾るのに相応しい1曲。

8. Anaconda / Nicki Minaj
今時珍しいド直球のエロPVが笑えますね。セクシーというゾーンに達していないあたりがかえって好感が持てて聴きやすかったです。大好きなプロデューサーであるPolow Da Donが久々にいい仕事をしたのも嬉しいポイント。

9. Black Widow / Iggy Azalea feat. Rita Ora
今年大ブレイクした一人であるIggy Azaleaは、全米ナンバーワンに立った「Fancy」にハマれなかったものの、アルバムにはヒップポップを体現した良曲が盛り沢山。ヒットはしませんでしたが、「Work」も負けず劣らず好きでした。

10. Dark Horse / Katy Perry feat. Juicy J
クレオパトラに扮したPVがKatyらしい明るさと毒々しさがあって魅力的。3rdアルバムは今でも好きになれないんですけど、この曲だけは2ndのシングルに負けないくらいのパワーがあったなぁ、と。
スポンサーサイト

テーマ : 洋楽
ジャンル : 音楽

2014 BEST MUSIC

今年アルバムを聴いた回数なら
1. BEYONCE / Beyonce
2. Pure Heroine / Lorde
3. The New Classic / Iggy Azalea
4. In The Lonely Hour / Sam Smith
5. Bangerz / Miley Cyrus

の順。

というわけで、昨年の年間ベストに入れてしまったので今年は対象外ですが、実際はBeyonceがナンバーワン。あのアルバムを正しく評価するには昨年末の半月だけでは無理でした。
それを除くと大好きと言えるレベルの作品は上位3作くらいで、あとは不作でしたねぇ。特にR&Bは死滅寸前。

1. Pure Heroine / Lorde
「Royals」は全く引っ掛からなかったので、とりあえず話題になったし…程度の気持ちだったんですが、これがかなりの掘り出し物でした。強烈な個性を発揮しながらも人を選ばないポップセンスを持ち合わせています。
昨年のLana Del RayやMumford & Sons同様、リアルタイムでアルバムを聴くべきだったと後悔するくらいの傑作です。

ピュア・ヒロインピュア・ヒロイン
(2014/02/19)
ロード

商品詳細を見る

2. Bangerz / Miley Cyrus
数年前までは優等生アイドルのイメージで売っていたMileyが、ここまで変貌して、しかもここまでクオリティの高いアルバムを届けてくれるとは! 彼女の覚悟を感じさせつつもMile WILL Made-Itの手腕も光る復活作でした。

3. The New Classic / Iggy Azalea
白人女性ラッパーという話題性ばかり先行して色眼鏡で見てしまっていましたが、アルバムは王道ヒップポップで、シングルのヒットポテンシャルも高い一枚でした。Nicki Minajはクセがありすぎてちょっと…という人にも安心して薦められます。

4. x / Ed Sheeran
今月買ったばかりなのでまだまだ聴き込みが足りないですけど、1曲1曲聴き応えもあり、ブラックミュージック的なアプローチで遊び心もあって長く楽しめそう。

5. The Notorious KIM / Lil Kim
何と今さら2000年作品。しかし、Puff DaddyやMario Winansを中心とした完成度の高いプロダクションと、Lil Kimのエロエロなリリックは今でも十分ヘビロテできるアルバムでした。
Nicki MinajやIggy Azaleaの台頭で女性MCも復権してきましたし、Lil KimやMissy Elliottにも久々に新作をリリースしてもらいたいですね。

6. Love, Marriage & Divorce / Toni Braxton & Babyface
恋愛の酸いも甘いも知り尽くした大人のR&B。まるで90年代に戻ったかのような古さがかえって心地よくて、今年序盤は重宝しました。特にToniは妹たちががんばっているだけに、彼女メインのオリジナル作品もまた届けてもらいたいところ。

7. In The Lonely Hour / Sam Smith
高い期待値をものともせず、今年最もブレイクした大型新人。
アルバム自体にはもう少しパンチが欲しかったところですが、今後も長きに渡って活躍してくれるだろうとワクワクするようなクオリティで、何だかんだ言いながらもよく聴きました。

8. Love In The Future / John Legend
今年買った男性R&BはR. Kelly、Trey Songz、Chris Brownといったところが軒並み不発。唯一の救いが、昨年リリースではありますが、このJohn Legendでした。新しいことをやっているわけでもないのに「All Of Me」がサプライズヒットになったのは、歌モノを聴きたいという声の表れなんでしょう。

9. My Everything / Ariana Grande
Babyfaceらの手で歌唱力をアピールしたデビュー作から一転、EDMを取り入れて現代風の味付けに。しかし、歌唱力は確かなのでデジタル音にも決して負けていませんでした。
デビュー作は優等生然としていて面白くなかったので、若いうちはこのくらい溌剌とした曲をやってもらいたいです。

10. The Heist / Macklemore & Ryan Lewis
Iggy Azaleaと同じく色物と見ていましたが、ヒップホップに白人ならではのポップセンスを融合させて独自性の高いアルバムに仕上がっていました。ナメてかかったことに申し訳ない気持ち。

部門賞はこちら

続きを読む

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

2014 BEST MOVIE

今年の観賞数は49本。再観賞込みで54本。映画館へ行ったのが3度、観劇も4度だったので昨年とほぼ同じペースでした。

1. ゼロ・グラビティ
人生初のIMAXだったのでそこのプラス査定も確実にあります。しかし、ストーリーを極力簡略化して、映像とサンドラ・ブロックの演技だけで最後まで釘づけにさせてくれる作りは見事としか言い様がないですね。あまりの臨場感に、観ているこちらまで息苦しくなってしまうほど。
映画界に革命を起こした「アバター」以降は取ってつけたような3D映像が目立ちましたが、久々に3Dで観るべき!と断言できる作品に出会えました。

ゼロ・グラビティ ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産)2枚組 [Blu-ray]ゼロ・グラビティ ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産)2枚組
(2014/04/23)
サンドラ・ブロック、ジョージ・クルーニー 他

商品詳細を見る

2. 舟を編む
今年は劇場で観賞した作品がどれも当たりで、このランキングでも上位を占めていますが、その中で地味な本作が大健闘。物作りに懸ける人の情熱と温もりを感じられる一作で、明日への活力になります。

3. インターステラー
クリストファー・ノーランは今回も外しませんでした。難解な用語と3時間近くもの大ボリュームで観るのはかなりの気力が必要となるものの、観賞後の心地よさは抜群。観たのが映画館でなかったら涙腺が崩壊していたかもしれません。

4. アメイジング・スパイダーマン2
すいぶん大人しかった前作は、あれはあれで新たな方向性を見せてはいたと思うんですが、せっかくの3Dが活かされていないこともあり、少々不満も残りました。世間の評価もそこそこ止まりで、それを反省してか、今回は冗談好きなスパイダーマンのキャラといい立体的なアクションシーンといい、王道を行った感じですね。原作を知らない人間にとっては衝撃的だったラストを含め、続きが早くも気になる展開です。

5. 空気人形
興味はあってもなかなか手が出ず、唯一観た「歩いても歩いても」もピンと来なかった是枝監督作品ですが、これは飽きずに楽しめました。とにかく生命を吹き込まれた人形を演じたペ・ドゥナが可愛すぎ。彼女は「クラウドアトラス」でも存在感があったし、今後も韓国映画以外にもどんどん出演していってもらいたいですね。

6. X-MEN フューチャー&パスト
一気にシリーズの評価を上げるきっかけとなった「ファーストジェネレーション」の流れを汲みつつ、本編のメンバーも登場するオールスター版。まとまりに欠ける点もありましたが、これだけのキャストが集まればどの場面でも興奮できるというものです。

7. トランス
クリストファー・ノーランと並んで、近年僕の中で信頼度トップクラスのダニー・ボイル。さすがに「スラムドッグ$ミリオネア」や「127時間」級の破壊力はなかったものの、視覚的にも展開面も刺激的で、個性溢れる役者たちの演技も相俟って十分楽しめました。

8. アイアンマン3
今年はアメコミ作品の当たり年(正確には、これは2013年作品ですけど)。
「2」で一度トーンダウンした感はありましたが、「アベンジャーズ」を挟んだことでトニー・スタークのキャラクターがより明確になったのか、トラウマを抱えながらも伸び伸び活躍していたように見えます。さらに量産型アイアンマンの物量作戦で見た目にも派手になりました。

9. 地獄でなぜ悪い
すっかりメディアへの露出も増えてタレント化しつつある園子温。「ヒミズ」という傑作を作り上げた後だけに迷走する予感もあったんですけど、かつての三谷幸喜を思わせる、役者の新たな一面を引き出しながらのドタバタコメディに唸らされました。それでいて、ちゃんと映画愛に溢れた作品になっているんだから素晴らしい。

10. 白ゆき姫殺人事件
年末に観た作品。
原作を読んだ時から予想していた通り深みは全くない映画になりましたが、テンポよく映像に落とし込んで、現代の文化を上手く描いたなと感心させられました。
地味な城野美姫を井上真央が演るにはかわいすぎるんじゃないかという不安も、さすがの演技力でオーラを消しまくって払拭してくれましたね。

トップ10に4本入ったように今年豊作だった邦画は、
1. 舟を編む
2. 空気人形
3. 地獄でなぜ悪い
4. 白ゆき姫殺人事件
5. 渇き。

のトップ5。

部門賞はこちら

続きを読む

テーマ : ★おすすめ映画★
ジャンル : 映画

2014 BEST GAME

年間ベスト第2弾はゲーム部門。
昨年はPS3デビューを果たしましたが、今年は春に3DSを貰い、それ以来移動中のメインになりました。

プレイ時間トップ5は、
1. ファイアーエムブレム 覚醒 (3DS)
2. ファイナルファンタジー13 (PS3)
3. ディアブロ3 リーパー・オブ・ソウルズ アルティメット・イービル・エディション (PS3)
4. ドラゴンクエスト10 目覚めし五つの種族 オンライン (Wii)
5. パズドラZ (3DS)


シミュレーションとRPGばかりだ…。
2年連続1位だった「ドラクエ10」は今年も4位にランクイン。それでもまだエンディングに到達していません。プレイ時間の割に達成感を得られないので、安易にオンラインゲームに手は出すまいと決意しました。

1. HEAVY RAIN ~心の軋むとき~ (PS3)
10時間ほどしかプレイしていないこれを年間ベストにするのは抵抗があるし、自由度も快適性も大して高くないんですけど、ハードの性能が進化してのアドベンチャーの一つの形を見せてくれたという点で、価値あるソフトです。
日本版は相当規制がかかっているみたいですが、ラブシーンを操作できた時は衝撃を受けました。

HEAVY RAIN(ヘビーレイン) -心の軋むとき- PlayStation3 the BestHEAVY RAIN(ヘビーレイン) -心の軋むとき- PlayStation3 the Best
(2011/03/10)
PlayStation 3

商品詳細を見る

2. ファイアーエムブレム 覚醒 (3DS)
プレイ時間はダントツ。スーファミ版の「紋章の謎」をピークにキャラクターデザインにはなかなか満足できなかったんですけど、今回はよかったんじゃないでしょうか。昔のような詰め将棋的なハラハラ感は薄れましたけど、「聖戦の系譜」にあった結婚システムなどは昇華されて自由度アップに繋がりました。

3. ディアブロ3 リーパー・オブ・ソウルズ アルティメット・イービル・エディション (PS3)
放っておくと延々と遊んでしまいそうな中毒性を持ったゲーム。字幕の小ささ以外はローカライズも問題なく、自分のペースでじっくりともさっくりとも遊べる懐の深さも持ち合わせていて、その気になればあと一年はどっぷり遊べそうです。だからこそ安易に手を出せない怖さもあるんですけどね。

4. アサシンクリード (PS3)
以前から気にはなってはいたんですけど、先日退社した元同僚が猛烈にプッシュしていたのが後押しになりました。
スニークアクションながらメタルギアほど繊細な操作を要求されないのが嬉しく、高所から街を見渡す感覚がたまりません。

5. 大乱闘スマッシュブラザーズ for NINTENDO 3DS (3DS)
Wii版の携帯機用という印象は拭えないものの、短時間でサクッと遊べる気軽さはやっぱり魅力的。使用可能キャラも全く減っていないなど、ボリューム面も完璧に近いです。

6. バットマン アーカム・ビギンズ (PS3)
こちらも過去作をプレイ済みだとインパクトは小さめ。しかし、アクションと探索要素は相変わらずバランスよくブレンドされ、オープンワールドを飛び回る感覚はバットマンらしい楽しさがありました。

7. ブレイブリー・デフォルト フォー・ザ・シークウェル (3DS)
ジョブシステムとアビリティといった初期のFFのような王道ファンタジーRPG。シナリオ面の引きが弱く、中毒性はあまり高くないものの、じっくり遊べるシステムや描き込まれたグラフィックなど、全体的に丁寧に作り込まれていて好印象を持ちました。すれ違い通信による街の復興も3DSらしくてよし!

8. ソリティ馬 (3DS)
ソリティアと競馬がまさかの融合。やることは単純なれど、気軽さと戦略性のどちらも余裕の合格点で一時期はこればかり遊んでいました。
さらに驚くべきはそのコストパフォーマンス。これ、500円ですよ! 現在はスマホでも基本無料で配信されていますけど、課金を気にしながら遊ぶくらいなら500円の買い切りの方がいいんじゃないでしょうか。

9. ベヨネッタ (PS3)
強烈なキャラクターと痛快アクションでぐいぐい惹き込んでくれる良作。操作にクセがあるのと展開が単調なせいで後半は飽きてしまい、この順位に落ち着きましたけど、実は敷居も低いしやればやるほど魅せるプレーができるという点で、アクションゲームのお手本とも言える作りです。

10. ファイナルファンタジー13 (PS3)
レビューにも書いた通り、「バトルは最高、シナリオと自由度は最低」という両極端に評価が分かれるソフト。楽しめるようになるまで時間はかかりますが、100万本売り上げるシリーズでこれだけ冒険してきたことは個人的に評価したいところ。ただ「FF13-2」を遊ぶ気力はまだ湧かないな…。

部門別はこちら

続きを読む

テーマ : ゲーム
ジャンル : ゲーム

2014 BEST BOOK

今年の読書数は12冊。昨年よりは微増したものの、目標の月2冊には遠く及びませんでした。
とりあえず海外作品2冊と太宰作品に触れることができたのは収穫かな。が、数年間積読の「永遠の0」にはまたもや着手できず。
そして今年は信頼性抜群の作家である村上春樹、恩田陸、宮部みゆき、橋本治といったところが軒並み期待値に届かず、代わりに初挑戦だった作家の小説に魅了された一年でした。食わず嫌いせずまだまだ新しい分野も発掘していきたいものです。

1. 下町ロケット / 池井戸潤
今年ダントツで好きだった作品がこれ。
中小企業vs大企業、営業部vs開発部など、エンターテインメントとして痛快に描かれていながら、読み終わる頃には働く意味まで考えさせられ、明日の仕事への意欲も湧いてくる…。恐るべし池井戸作品! 半沢ブームには乗り遅れたけど、来年も一冊は読んでみたいと思います。

下町ロケット (小学館文庫)下町ロケット (小学館文庫)
(2013/12/21)
池井戸 潤

商品詳細を見る

2. 光 / 三浦しをん
BL大好き腐女子である作者が珍しくダークな作風で挑んだ性と暴力の世界。登場人物の性格設定が好みというのもありますが、エッセイは面白いけど小説は薄味というイメージを覆してくれるだけのインパクトがあり、他の小説にも興味が湧きました。でも次はエッセイが読みたいな。

3. 楽園のカンヴァス / 原田マハ
敷居の高いイメージのあった美術をここまで身近に感じさせるとはお見事。読み手を一気に惹き込むような描写はあまりなく、むしろ控えめすぎるくらいなんですけど、それがかえって作品に深みを与えて読後感を心地よくさせていましたね。

4. 斜陽 / 太宰治
「人間失格」や「ヴィヨンの妻」には及ばないものの、貴族の家庭が没落していく様と、彼らが最後まで貫いたプライドを繊細に描いた佳作。今年読んだ林芙美子の「骨」にも共通する、人間に同居する強さと弱さを十分に感じ取れました。
さて、次は「津軽」だな。

5. 四十九日のレシピ / 伊吹有喜
ややキレイに描きすぎている嫌いもあるものの、自分がこの世からいなくなっても何かが残せるのか考えさせられたり、亡くなった人を想い続けることの大切さを痛感したり、様々な感情が湧き起こり心温まる作品でした。永作博美主演で制作された映画版も観るつもりです。

テーマ : 雑記
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本