Game Review(2017年6月)

シュタインズ・ゲート0 (PS3) ★★★★★★☆☆☆☆
科学アドベンチャーシリーズ初体験。前作を遊んでいることが前提で、未経験者は最初から放り出されるので、最低でも前作のあらすじと人物の相関図くらいは確認しておかないといけませんね。ある程度理解できてきたタイミングでストーリーも動き出し、そのストーリーは確かに気になります。
ただ、分岐がほとんどなく、ただただ文章を読み進めていくだけのゲーム性の乏しさはさすがにいかがなものか…。どんなにストーリーが面白くても、これならキャラクターが活き活きと動くアニメの方がいいんじゃないかと思ってしまいます。バックログも確認しやすいし、オートでのメッセージ送りのスピードも細かく調整できるなど、丁寧に作られてはいるんですけど、登場人物が喋っている間止め画を見続けるのが退屈でオートはあまり使わないんだよなぁ。
2ちゃん用語などが頻発する独特の会話も含めて敷居は高いですが、ようやく盛り上がってきたところなのでエンディングまでがんばってみます。
(プレイ時間:5時間以上)

機動戦士ガンダム エクストリームバーサス フルブースト (PS3) ★★★★★★★★☆☆
11年ぶりのバーサスシリーズ。敵の攻撃を寸前でかわして反撃するというスピード感と、味方ユニットと協力して戦うという点で、ガンダム作品の中では最も"らしさ"が味わえるシリーズですけど、本作もその面白さは健在です。腱鞘炎必至の中毒性。
ただ、オンライン前提の作りで、オフラインで遊べるモードが少ないんですよね。アーケードモードは単調で、実質フルブースト(FB)ミッションくらいしか遊ぶものがありませんし、FBミッションも基本はフィギュアを集めるだけ。
さらに、モビルスーツ(MS)の多くが有料DLCというのも閉口。まぁ、全部購入する必要はないでしょうけど、一体に500円もかかるのはさすがに高すぎでしょう。さらにナビや衣装までもが有料とはあまりにも不親切。まぁ、無課金でもなかなかのボリュームなんですが、MS選択画面に未購入のコンテンツが表示されるとどうしても気になってしまうんですよね。せめてナビと衣装くらいはゲーム内で貯めたポイントで入手できるようにしてもらいたかったです。
(プレイ時間:5時間以上)

◆シリーズ作品の評価
「機動戦士Zガンダム エゥーゴvsティターンズ (PS2)」 ★★★★★★★★☆☆

スポンサーサイト

テーマ : レビュー・感想
ジャンル : ゲーム

Game Review (2017年5月)

ファイアーエムブレム Echoes もうひとりの英雄王 (3DS) ★★★★★★★★☆☆
ファミコンでリリースされたシリーズ2作目のリメイク。オリジナルはほとんどプレイしていないので比較はできませんが、従来のシリーズとはシステムが大きく変わっていますね。
単純なステージ制ではなく、マップを移動して時にはザコ戦も必要になるRPG要素は、近年の流れなのでよしとしても、ザコ戦で得られる経験値が少ないために冗長になりがち。武器の3すくみが排除されていたり、弓の理不尽な射程距離や魔女のワープなどのせいで戦略性が薄れたり、個人的には改悪と思える部分が多々ありました。3Dでのダンジョンの探索も蛇足でしたし。
追加要素はあっても全体的なシステムはシンプルになり、支援効果などが重要だった「覚醒」や「if」あたりから遊んでいる人にとっては物足りないかもしれません。
とはいえ、シミュレーションRPGとしての遊びやすさは相変わらずなので、今作も問題なく楽しめています。前作にあったダブルなどはランダム要素を強めてシミュレーションとしての魅力は落ちていたため、なければないで受け入れることができますし、ネット上で問題になっている"最上級職が有料DLC"というのもあくまで追加要素で、買わなくてもクリアに支障はないようなので、それを理由に評価を下げるのはやめておきます。
(プレイ時間:約25時間、第4章プレイ中)

◆前作の評価
「ファイアーエムブレムif 白夜王国 (3DS)」 ★★★★★★★★★☆



みんなで!カービィハンターズZ (3DS) ★★★★★★★☆☆☆
シリーズの特徴であるコピー能力もなく、ボス戦のみというシンプルさ。最大4人の通信協力プレイで、ジョブや装備によって個性が出せるような作りになっています。やっていることはシンプルでボスの数も少ないものの難易度によって攻撃方法に変化があり、コレクション要素が豊富なのでついつい遊び続けてしまう魅力がありますね。
ただし、他のF2P(基本無料ゲーム)同様、無課金で遊ぶには結構な根気が必要。武器の購入やステージ開放などに必要なジェムは一度に手に入る数は少ないため、一気にやり込もうとすると課金は避けられません。まぁ、数百円払うだけでもかなりの数のジェムが手に入るため理不尽だとは思いませんけど、無料でも遊べるゲームに課金をするというのは個人的には抵抗があるので、これなら最初から買い切りで売ってくれた方がという思いは残ります。
(プレイ時間:約10時間)

テーマ : 3DSゲーム、3DSニュース、3DS情報
ジャンル : ゲーム

Game Review(2017年4月)

立体ピクロス2 (3DS) ★★★★★★★★☆☆
前作からの違いは2種類の色を塗り分けるところ。青は直線、オレンジは曲線を表します。これによって、完成図が断然判りやすくなりました。半面、使うボタンが増えたために気を抜くと操作ミスしやすくなるといったストレスも…。ピクロス初心者がここから挑むのはちょっと敷居が高いかな。
しかし、複雑化したという点以外はすべてがパワーアップしたと言っていいでしょう。塗れるブロックがない列は最初に自動で削ってくれる機能が付いたり、ステージが図鑑のような作りになって前作の無機質さが解消されるなど、これまでの不満を一気に拭ってくれました。スタンプ集めなどのやり込み要素もありますし、解けば解くほど問題数も増えていく(amiiboを使えばさらなるオマケもある)のでかなりの間遊べます。このボリュームで税込3,240円なんだから、じっくり遊べるパズルゲームを探しているのなら真っ先に手を出してほしいところですね。
(プレイ時間:約30時間)

◆前作の評価
「立体ピクロス (DS)」 ★★★★★★★★☆☆



おそ松さん ニート脱出スパイラル!! (3DS) ★★★★☆☆☆☆☆☆
一筆書きでピースをなぞって消していくパズルゲーム。スコアによって6つ子の就職先が決まるというのが一番の特徴なんですが、その結果が一枚画…。豪華声優集結が人気の秘密であるアニメ版を基にしながら、ボイスなしというのは致命的でしょう。おそ松さんという人気のコンテンツを使っているからこそ余計に際立ってしまう手抜き感。
ゲーム自体も基本ルールはシンプルながら攻略法がよく解らず、上達感が味わえません。ステージごとの違いがほとんどなく、一定のスコアまで到達するとあとはもう頭打ちになってしまいます。何も考えず短時間でできるので、ついつい繰り返し遊んでしまう面もあるものの、これならスマホの基本無料ゲームで十分なのでは。540円でも割高に感じてしまいました。
(プレイ時間:約3時間)

テーマ : レビュー・感想
ジャンル : ゲーム

Game Review(2017年3月)

大逆転裁判 -成歩堂龍ノ介の冒險- (3DS) ★★★★★★★★☆☆
シリーズの雰囲気は残しつつ、キャラクターを一新した完全スピンオフ作品。制限が減った分、ホームズとの共同推理や、陪審員同士の矛盾を明かすなど、マンネリから脱却しようという工夫が多く見られます。新システムのすべてが完璧とまでは言いませんが、どれも新鮮で興味深いものになっていました。キャラクターもよく動いて個々の魅力を発揮していますし、スピンオフながら演出面の強化が光るのも嬉しいです。
ストーリーは今のところ可もなく不可もなくといったところ。龍ノ介やホームズの魅力で引っ張ってはくれるものの、今作は裁判パートと探索パートのどちらかのみという章もあるので、メリハリに欠け印象に残らないんですよね。このあたりは今後の展開に期待したいところですが…。
それと、長年続いているシリーズにしてはシステム回りが未完成なのが気になりました。特に、バックログがワンボタンで確認できないのが不便。
(プレイ時間:約10時間、第3章プレイ中)



スバラシティ (3DS) ★★★★★★★★☆☆
同色の建物ブロックを繋げて一つのハイレベルな建物に仕上げていくという、パズルゲームの基本に一つアレンジを加えただけのシンプルなルール。タッチペン一本ですべての操作ができ、時間制限がない分、かなり間口が広いです。そして中毒性は抜群。パズルゲームとしてはちょっと運の要素が強めかなとは思いますが、コツを掴んでハイスコアを叩き出す快感は十二分に味わえるので、1回だけチャレンジするつもりが何度もリトライを重ねることになります。
数十時間も楽しめるゲームが500円で買えるんですからコルトパフォーマンスは文句なしと言いたいところなんですけど、これ元はスマホ向けの無料ゲームなんですよね。500円の上乗せ分や今のゲーム基準で考えると、もう少しモードの種類やオマケが欲しかったところ。あとは自分が作り上げた街がもう少し華やかな形で確認できたら…。せっかくハイスコアを出しても見た目がショボいんですよね。
(プレイ時間:約15時間)

テーマ : レビュー・感想
ジャンル : ゲーム

Game Review (2017年2月)

ボーダーランズ2 (PS3) ★★★★★★★★★☆
山本匠馬がゲームの声優を務めている、さらに海外サイトでは数々の賞を受賞しているということで一昨年購入したものの、FPSが苦手な自分は操作に馴染めず早々に断念。しかし、先月から再開してみたら驚くほど違和感なく遊べるようになりました。これをFPSと考えると難しいけど、RPGと捉えるとレベルを上げたり強い武器を入手することで難易度を下げることができるので、とっつきやすくなります。
そうは言ってもやはり敷居は高いですね。ハクスラ要素が強いために同じ名前で能力が違う武器がたくさん出てくるんですが、その能力の差が判りづらく、しかも名前は英語表記なので覚えづらいのが難点。操作もクセが強いので慣れるまでは大変かもしれません。
その壁を越えてしまえば、荒廃した近未来世界の中で繰り広げられる狂ったキャラクターたちの殺し合いを何時間でも堪能したくなります。ミッションのテンポもいいですし、滅茶苦茶な世界観とは裏腹に武器の名前以外はローカライズもちゃんとされている(キャラクターが個性的なだけに日本語吹替があるのは非常に嬉しい)など、意外と丁寧に作られているのに驚かされました。
ちなみに現在は、コマンドーのアクストンで現在レベル14。FPS初心者としては自動で攻撃してくれるスコーピオタレットの存在がありがたいです。
(プレイ時間:約15時間)



ゼルダの伝説 時のオカリナ3D (3DS) ★★★★★★★★☆☆
オリジナルのニンテンドー64版は発売日に購入してそこそこ遊んだんですが、ハマるには至らず後半で挫折。名作と名高い作品のエンディングを見られなかったのが悔しくて、リベンジすることにしました。
驚くべきは、今遊んでも当時と全く印象の変わらない絶妙なゲームバランス。適度に悩ませてくれるから突破できた時の達成感は格別ですし、理不尽に感じる謎解きも今のところありません。追加要素としては、下画面でアイテム管理ができて画面切り替えの回数が減ったのは便利。3Dになっても特に臨場感がアップしているわけでもなく、主観視点時のジャイロ操作は思ったほど使いどころが多くないものの、トータルではオリジナルより遊びやすく改良されていますね。当時斬新だったZボタン注目に関しては、右スティックでの視点移動が定番になった近年のゲームと比べると古臭くはありますが…。
さすがに発売から20年近く経った今はこれを超えるゲームがたくさん出ていますけど、シリーズをプレイするには通っておきたい作品ではあります。個人的にゼルダは2D派なんですが、これをクリアできたらその勢いで、積んでいる「トワイライトプリンセス」も再開させたいところ。
(プレイ時間:約15時間)

テーマ : ゲームレビュー
ジャンル : ゲーム

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本