'17 6/16 Music Chart

Billboardと自分のランキングを融合させた独自の隔週Music Chart。
カッコ内は前回の順位。<>内は順に登場回数と最高位になっています。

(1)1. Shape Of You / Ed Sheeran <12,1>
(2)2. Despacito / Luis Fonsi & Daddy Yankee feat. Justin Bieber <3,2>
(4)3. Humble. / Kendrick Lamar <5,2>
(3)4. That's What I Like / Bruno Mars <8,3>
(5)5. I'm The One / DJ Khaled feat. Justin Bieber, Quavo, Chance The Rapper & Lil Wayne <3,5>
(7)6. Mask Off / Future <5,4>
(10)7. Stay / Zedd & Alessia Cara <5,7>
(6)8. Something Just Like This / The Chainsmokers & Coldplay <7,4>
(9)9. XO TOUR Llif3 / Lil Uzi Vert <4,9>
(NEW)10. Bon Appetit / Katy Perry feat. Migos <1,10>


Ed SheeranがついにV10を達成しました。ポイントは毎週下降中ながら下げ幅は小さく、対抗馬もなかなかポイントを伸ばせない現状では、もう少し天下が続くかもしれません。

そしてKaty Perry(ケイティ・ペリー)の新曲が10位に入ってきました。
先行の「Chained To The Rhythm」をかなり気に入っていたのでこちらは地味に映っていましたが、意外と中毒性が高いですね。PVはKaty自身が調理されるというエロさとグロさを兼ね備えたもので、こういったブラックユーモアも彼女らしさが出ていていいと思います。
アルバム全体も前作よりも好印象。現在ヘビロテ中です。


(8)11. Passionfruit / Drake <6,3>
(18)12. Issues / Julia Michaels <4,12>
(11)13. It Ain't Me / Kygo x Selena Gomez <6,11>
(14)14. Congratulations / Post Malone feat. Quavo <2,14>
(13)15. Say You Won't Let Go / James Arthur <3,13>
(12)16. Green Light / Lorde <7,10>
(16)17. Chained To The Rhythm / Katy Perry feat. Skip Marley <9,2>
(RE)18. Body Like A Back Road / Sam Hunt <4,10>
(17)19. I Feel It Coming / The Weeknd feat. Daft Punk <13,2>
(NEW)20. Believer / Imagine Dragons <1,20>


11位以下も比較的動きのない今週。20位のImagine Dragonsは未聴なので、今週は13位のKygo(カイゴ)とSelena Gomez(セレーナ・ゴメス)のPVを紹介しましょう。
恋人が交通事故に遭うビデオは決して珍しい内容ではありませんが、音楽の力で、しかもEDMで蘇らせるというのはなかなか斬新ですね。意識不明の患者の周りで恋人や医者が踊るシーンはなかなかシュール。曲自体に新鮮さが感じられないのが残念なところですが…。
スポンサーサイト

テーマ : 洋楽
ジャンル : 音楽

'17 6/2 Music Chart

全仏オープンテニスの記事が追いついていないため、今回はランキングのみ。
Billboardと自分のランキングを融合させた独自の隔週Music Chart。
カッコ内は前回の順位。<>内は順に登場回数と最高位になっています。

(1)1. Shape Of You / Ed Sheeran <11,1>
(4)2. Despacito / Luis Fonsi & Daddy Yankee feat. Justin Bieber <2,2>
(3)3. That's What I Like / Bruno Mars <7,3>
(2)4. Humble. / Kendrick Lamar <4,2>
(13)5. I'm The One / DJ Khaled feat. Justin Bieber, Quavo, Chance The Rapper & Lil Wayne <2,5>
(7)6. Something Just Like This / The Chainsmokers & Coldplay <6,4>
(6)7. Mask Off / Future <4,4>
(5)8. Passionfruit / Drake <5,3>
(10)9. XO TOUR Llif3 / Lil Uzi Vert <3,9>
(12)10. Stay / Zedd & Alessia Cara <4,10>


(11)11. It Ain't Me / Kygo x Selena Gomez <5,11>
(14)12. Green Light / Lorde <6,10>
(17)13. Say You Won't Let Go / James Arthur <2,13>
(NEW)14. Congratulations / Post Malone feat. Quavo <1,14>
(9)15. iSpy / KYLE feat. Lil Yachty <6,5>
(15)16. Chained To The Rhythm / Katy Perry feat. Skip Marley <8,2>
(19)17. I Feel It Coming / The Weeknd feat. Daft Punk <12,2>
(20)18. Issues / Julia Michaels <3,16>
(8)19. DNA. / Kendrick Lamar <3,8>
(NEW)20. Malibu / Miley Cyrus <1,20>

テーマ : 洋楽
ジャンル : 音楽

'17 5/19 Music Chart

Billboardと自分のランキングを融合させた独自の隔週Music Chart。
カッコ内は前回の順位。<>内は順に登場回数と最高位になっています。

(1)1. Shape Of You / Ed Sheeran <10,1>
(2)2. Humble. / Kendrick Lamar <3,2>
(3)3. That's What I Like / Bruno Mars <6,3>
(NEW)4. Despacito / Luis Fonsi & Daddy Yankee feat. Justin Bieber <1,4>
(7)5. Passionfruit / Drake <4,3>
(4)6. Mask Off / Future <3,4>
(6)7. Something Just Like This / The Chainsmokers & Coldplay <5,4>
(8)8. DNA. / Kendrick Lamar <2,8>
(5)9. iSpy / KYLE feat. Lil Yachty <5,5>
(9)10. XO TOUR Llif3 / Lil Uzi Vert <2,9>


Ed SheeranがV8。ポイントは落ちているんですけど、Kendrick Lamarは前週がピークでしたし、他もポイントが拮抗していて本命不在の状態。

そんな中で次の1位候補を挙げるとすると、4位に飛び込んできたLuis Fonsi & Daddy Yankeeでしょうか。Daddy Yankeeは2004年に「Gasolina」をヒットさせ、世界中にレゲトンブームを起こした一人ですが、久々のヒットとなっています。原曲は情熱的なラテンナンバーだったのを、Justin Bieberを招いてポップ色をアップさせたリミックスで人気を拡大させました。とりあえず、今回は公開されている原曲のPVを紹介。リミックス版の音源はこちらからどうぞ。


(15)11. It Ain't Me / Kygo x Selena Gomez <4,11>
(11)12. Stay / Zedd & Alessia Cara <3,11>
(NEW)13. I'm The One / DJ Khaled feat. Justin Bieber, Quavo, Chance The Rapper & Lil Wayne <1,13>
(12)14. Green Light / Lorde <5,10>
(14)15. Chained To The Rhythm / Katy Perry feat. Skip Marley <7,2>
(RE)16. Rockabye / Clean Bandit feat. Sean Paul & Anne-Marie <4,13>
(NEW)17. Say You Won't Let Go / James Arthur <1,17>
(10)18. Body Like A Back Road / Sam Hunt <3,10>
(13)19. I Feel It Coming / The Weeknd feat. Daft Punk <11,2>
(16)20. Issues / Julia Michaels <2,16>


11位以下にもJustin Bieberの名前がありますね。DJ Khaledの「I'm The One」は全米では「Despacito」よりも先に1位を獲っています。どちらの曲も特にJustinを効果的に使っているとは思いませんけど、もはや彼を起用できればヒットするということなんでしょうねぇ。とはいえこちらはMigosのQuavoにChance The Rapper、そしてLil Wayneといった新旧人気ラッパー勢揃いの豪華なトラックなので、それだけでも1位になる力はあったとは思います。このチャートでも次週はトップ10に入ってくるでしょう。


他にも気になる曲はありますが、時間がないので今回はこの辺で…。

テーマ : 洋楽
ジャンル : 音楽

'17 5/5 Music Chart

Billboardと自分のランキングを融合させた独自の隔週Music Chart。
カッコ内は前回の順位。<>内は順に登場回数と最高位になっています。

(1)1. Shape Of You / Ed Sheeran <9,1>
(8)2. Humble. / Kendrick Lamar <2,2>
(5)3. That's What I Like / Bruno Mars <5,3>
(17)4. Mask Off / Future <2,4>
(6)5. iSpy / KYLE feat. Lil Yachty <4,5>
(4)6. Something Just Like This / The Chainsmokers & Coldplay <4,4>
(3)7. Passionfruit / Drake <3,3>
(NEW)8. DNA. / Kendrick Lamar <1,8>
(NEW)9. XO TOUR Llif3 / Lil Uzi Vert <1,9>
(12)10. Body Like A Back Road / Sam Hunt <2,10>


Kendrick Lamarの猛追をかわしてEd SheeranがV7達成。Kendrick Lamarもこの週がピークになりそうですけど、Edの方もじわじわとポイントを落としているので、今後は思わぬ伏兵が首位の座を奪ってくるかもしれません。他にはFutureの勢いが目立ちますけど、正直このあたりが限界でしょうね。

そして9位にはLil Uzi Vert(リル・ウージー・ヴァート)。マシンガンのようにラップをするからUZIという名前の銃から名前を取った22歳。ダンスの投稿動画がヒットのきっかけという、近年の流れを汲んだ曲ですが、Migos「Bad And Boujee」(2位)での客演で知名度が高まっていたタイミングだったことも一因でしょうね。


(18)11. Stay / Zedd & Alessia Cara <2,11>
(15)12. Green Light / Lorde <4,10>
(2)13. I Feel It Coming / The Weeknd feat. Daft Punk <10,2>
(9)14. Chained To The Rhythm / Katy Perry feat. Skip Marley <6,2>
(16)15. It Ain't Me / Kygo x Selena Gomez <3,15>
(NEW)16. Issues / Julia Michaels <1,16>
(NEW)17. Sign Of The Times / Harry Styles <1,17>
(NEW)18. Loyalty. / Kendrick Lamar feat. Rihanna <1,18>
(7)19. Paris / The Chainsmokers <7,7>
(NEW)20. Element. / Kendrick Lamar <1,20>


今週はアルバムリリースの関係でKendrick Lamarが大量にチャートインしています。
2. Humble.
8. DNA.
18. Loyalty.
20. Element.

の4曲がチャートインしました。
「Humble.」と「DNA.」はMike Will Made-Itプロデュース、「Loyalty.」はRihannaをフィーチャーした楽曲で、ヒットも納得といったところ。「DNA.」はPVが公開されていてなかなか面白い作りになっているので、アルバムレビュー時に紹介したいと思います。ただ、今回のアルバム、まだそれほどしっくり来ていないんですよね。前作も国内盤やネットの解説を読んでから激ハマりしたので、今回も国内盤の発売(5/24)以降に本領発揮されるものと期待していますが…。

17位にはOne Direction(1D)の人気メンバー、Harry Styles(ハリー・スタイルズ)が飛び込んできました。
脱退したZaynのソロデビュー作が意外な充実作でしたけど、こちらもなかなかの良曲。UKロックっぽい程よい湿り気が心地よくもあるし、ある種の神々しささえ漂わせています。David Bowieの遺作を想起させる…というと大袈裟な気もしますが、個人的にはHarryや1Dを見直すきっかけになりました。今月リリースのアルバムも試聴してみるつもりです。

テーマ : 洋楽
ジャンル : 音楽

'17 4/21 Music Chart

Billboardと自分のランキングを融合させた独自の隔週Music Chart。
カッコ内は前回の順位。<>内は順に登場回数と最高位になっています。

(1)1. Shape Of You / Ed Sheeran <8,1>
(2)2. I Feel It Coming / The Weeknd feat. Daft Punk <9,2>
(5)3. Passionfruit / Drake <2,3>
(9)4. Something Just Like This / The Chainsmokers & Coldplay <3,4>
(3)5. That's What I Like / Bruno Mars <4,3>
(14)6. iSpy / KYLE feat. Lil Yachty <3,6>
(12)7. Paris / The Chainsmokers <6,7>
(NEW)8. Humble. / Kendrick Lamar <1,8>
(8)9. Chained To The Rhythm / Katy Perry feat. Skip Marley <5,2>
(7)10. Tunnel Vision / Kodak Black <3,7>


Ed SheeranがV6達成。DrakeやThe Chainsmokers、KYLEなどポイントが急伸している曲もあるにはあるんですが、どれも一時的な勢いで終わってしまいそう。「Passionfruit」は個人的には去年の「One Dance」以上に気に入っているんですけど、あちらほど今の音を切り取った感がないのが弱いところか。

そして、アルバムリリースに伴いKendrick Lamar(ケンドリック・ラマー)が入ってきました。
「humble」とは「謙虚」の意。そのタイトルから、さぞかし自省的な詞なんだろうと思いきや、PVではローマ教皇のような服で登場し、「謙虚であれ」と説く内容でした。Kendrick自身は決して傲慢な性格というイメージはないので、この詞にも二重三重の意味が込められているのかもしれません。
プロデューサーは今やブラックミュージック界随一のヒットメーカーとなったMike Will Made-It。


(6)11. Bad And Boujee / Migos feat. Lil Uzi Vert <8,2>
(NEW)12. Body Like A Back Road / Sam Hunt <1,12>
(16)13. Rockabye / Clean Bandit feat. Sean Paul & Anne-Marie <3,13>
(4)14. I Don't Wanna Live Forever (Fifty Shades Darker) / Zayn&Taylor Swift <8,2>
(10)15. Green Light / Lorde <3,10>
(RE)16. It Ain't Me / Kygo x Selena Gomez <2,16>
(NEW)17. Mask Off / Future <1,17>
(NEW)18. Stay / Zedd & Alessia Cara <1,18>
(19)19. False Alarm / The Weeknd <13,6>
(11)20. Love On The Brain / Rihanna <6,7>


11位以下は動きが大きいですね。初登場曲は3曲あります。
まず12位は今のカントリー界で最も売れている男性アーティスト、Sam Hunt。2014年にリリースしたデビューアルバムは全米最高位3位ながらロングヒットし、現在までに130万枚ものセールスを記録。今回の曲はニューアルバムに収録されるのかまだ判りませんけど、シングルとしては自身最高の勢いなのは新作が期待されている証拠なのかもしれません。

そして2月に2週連続で新作をリリースしたFutureが17位にチャートイン。こちらは先にリリースした「Future」からのシングルカットですね。Future初心者の自分にはゲストが多数参加した後発の「HNDRXX」の方がとっつきやすかったんですけど、やっぱり一般的な人気は「Future」の方が上なのか…。

ラスト18位はZedd(ゼッド)とAlessia Cara(アレッシア・カーラ)の共演曲。Zeddはメインでは2013年の「Clarity」(10位)以来2曲目、Alessia Caraは「Here」(2位)、「Scars To Your Beautiful」(6位)に続く3曲目のトップ20入りとなります。Zeddはプロデュースを務めたJustin Bieberの「Beauty And A Beat」のインパクトが強すぎて他の曲へのハードルが上がってしまっている面もありますが、この曲はAlessiaのスモーキーかつ瑞々しいヴォーカルが上手く溶け込んでいますね。

テーマ : 洋楽
ジャンル : 音楽

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本