2017年10月前半の注目作

▼MUSIC

△10/13【Beautiful Trauma / P!nk】

キャリアを追うごとに寡作になっていくP!nkの、実に5年ぶりとなる7thアルバムがリリース。2000年前後にデビューした中で、ここまで安定したセールスを記録できるアーティストは他にBeyonceくらいしか見当たらなくなってしまいました。これだけブランクがあると不安もありますが、先行シングルの「What About Us」を聴く限りパワーダウンは感じられず、クオリティには期待できそう。

▼GAME

△10/5【オーバーウォッチ ゲーム・オブ・ザ・イヤー・エディション (PS4)】

ソフトではないので上には挙げませんでしたけど、今回の目玉は10月5日発売の「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」でしょうね。手のひらサイズの本体に21タイトルが収録されて7,980円(税抜)というのはお買い得。レトロゲームって数十分遊べば飽きてしまうことも多いので僕は買いませんが、幻の「スターフォックス2」が収録されているのは魅力的ですし、2Dアクションと「パネルでポン」は今でも通用する面白さなんじゃないでしょうか。

▼MOVIE

該当作なし。
さすがに今年の注目作はほとんど観尽くした感もありますし、秋はテニス観戦や登山など他の趣味の方が優先になるので映画館戦は一休み。

▼DVD

〇10/4【ハードコア】
〇10/6【スプリット】
△10/3【LION/ライオン ~25年目のただいま~】
△10/4【美女と野獣】
△10/4【22年目の告白 ―私が殺人犯です―】
△10/6【ワイルド・スピード ICE BREAK】

劇場映画とは対照的に、DVDは大充実。
「ハードコア」と「スプリット」は映画館で観たいと考えていたほどなので、この中でも優先的に…。
それに続くのは「LION」ですかね。デーヴ・パテール主演というのと、大切な存在との再会というテーマが大好きな「スラムドッグ$ミリオネア」を彷彿とさせるので、観る前から良作認定してしまいそうです。

ちょうど3連休もあるし、まとめて新作をレンタルしようかと計画中。
スポンサーサイト

2017年9月後半の注目作

▼MUSIC

△9/22【Double Dutchess / Fergie】
△9/29【Younger Now / Miley Cyrus】
△9/29【Bluebird Of Happiness / Tamar Braxton】

秋になると女性アーティストのリリースが増えますね。上の日付は輸入盤や配信開始日で、国内盤はMileが10/4、Fergieが10/18発売になります。
この中で一枚選ぶとしたらMiley Cyrus。しかし、Mike Will Made Itと手を組んだ前作とはまた路線が大きく変わってメロディ重視の先行シングルを聴くと、自分の好みからは少し離れてしまったかなという気もします。

Fergieは11年ものブランクの末にようやく2ndソロ・アルバムをリリース。リリースのタイミングを失っている間に時代の流れに取り残されてしまった感が拭えず、ヒットは期待できないでしょうが、アルバムの方はとりあえずストリーミングで聴いてみようと思います。

▼GAME

〇9/28【ファイアーエムブレム無双 (Switch)】
△9/22【ドラゴンクエスト10 オールインワンパッケージ (Switch)】
△9/28【フォールアウト4 ゲーム・オブ・ザ・イヤー・エディション (PS4)】

どちらのシリーズも好きな身としては、「FE無双」はぜひ遊んでみたいところ。最初のうちはプレイ動画を見ても「アルスラーン無双」と大差ないように思えて惹かれなかったんですが、やはり思い入れのあるキャラを自由に動かせると思うと欲しくなりますね。ただ、プレイヤーキャラが各作品の主役級ばかり、さらに「覚醒」以降が中心というのは残念。DLCでもいいので「紋章の謎」のカインとアベル、ミネルバあたりが使えればな…。

「フォールアウト4」は2年前に発売された本編にDLCをセットにしたバージョン。本編のみも廉価版価格で発売されるので、やり込み派でない人はこちらをどうぞ。
僕は数ヶ月前に今さらながらPS3版「3」を買って寝かせてあるので、「ボーダーランズ2」が終わり次第そちらから遊んでみようと考えています。

▼MOVIE

△9/29【ドリーム】

アメリカでは「Hidden Figures」というタイトルで公開され、アカデミー賞の作品賞にもノミネートされた作品がようやく日本公開。黒人女性俳優として重要なポジションにいる3人がメインキャストということで、それだけでも観る価値があるというもの。
実は試写会に当選していたんですが、仕事の都合がつかず断念。時間のある時にゆっくり観賞しようと思います。

▼DVD

△9/22【雨の日は会えない、晴れた日は君を想う】

3月に有休を使って劇場まで足を運んだ作品がパッケージ化。率直に言うとそれほど琴線に触れるわけでもなかったんですけど、ジェイク・ギレンホールの好演が光る良作なので、少し変わったヒューマンドラマを観たい人にはオススメします。
劇場観賞時の感想はこちら

2017年9月前半の注目作

▼MUSIC

△9/13【Fifth Harmony / Fifth Harmony】
△9/15【Feel The Real / Musiq Soulchild】

全米では8月、日本でも配信では同じタイミングでリリースされていたFifth Harmonyの3rdアルバムですが、日本盤CDは9/13発売。僕はApple Musicで何度か聴きましたが、Camila脱退の影響があるかどうかは別として、パワーダウンは否めないかなぁという印象は持ちました。

▼GAME

該当作なし。そろそろ年末のリリース予定がいろいろ入ってきそうですけど、今はSwitchとPS4メインでしょうから自分には関係なさそうです。
僕は発売から1ヶ月経った「ドラクエ11」(3DS)を順調にプレイ中。しばらくはこれ一本で十分でしょうが、他にも3DSの「大逆転裁判」、PS3では「ボーダーランズ2」と「DMC デビル メイ クライ」といった積みゲーがあるので、消化していきたいところです。

▼MOVIE

〇9/9【ダンケルク】

3年ぶりのクリストファー・ノーラン監督作。映像への力の入れ方はノーラン監督らしいものですが、今回は映像面もストーリー面も大きな仕掛けがない作りになっているようで、新境地開拓となるのか肩透かしとなるのか気になるところ。個人的には期待3割、不安7割といったところなので、劇場観賞はいまだに迷っていますが…。
同日公開の、是枝裕和監督作「三度目の殺人」も気になるところ。

▼DVD

◎9/15【この世界の片隅に】

今年のベストムービー候補がようやくパッケージ化。戦争を舞台にした映画としては異色の作品で、画のタッチや声優たちも含め、万人に薦められるクオリティでした。
映像の迫力よりも、いろいろなシーンを隅々まで何度も観たくなるタイプの作品なので、DVDやブルーレイも確実に売れるでしょう。
劇場観賞時のレビューはこちら



△9/6【たかが世界の終わり】
△9/6【ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー・リミックス】
△9/6【わたしは、ダニエル・ブレイク】
△9/6【スウィート17モンスター】
△9/6【T2 トレインスポッティング】
△9/15【ムーンライト】

「ムーンライト」は公開日に観賞済み。DVDを買うほどではなかったものの、印象的なシーンがたくさんあり、主人公の心の揺れも非常に美しく描かれた秀作でした。数年後にもう一度観返したいと思います。
劇場観賞時のレビューはこちら

他もミニシアター系が充実。
「たかが世界の終わり」は劇場で観たいと思っていたくらいなので、優先的に観ておきたいところです。

2017年8月後半の注目作

▼MUSIC

該当作なし。
8月は結局、目立った新譜のリリースがなさそう。9月になればP!nkやFergieの久々のアルバムが出てくるかな。昨年のBeyonceやKanye Westに匹敵するアルバムが今年はまだリリースされていないので、そろそろ一発ホームランが欲しいところです。

▼GAME

△8/31【New みんなのGOLF (PS4)】
△8/31【探偵 神宮寺三郎 GHOST OF THE DUSK (3DS)】

4年ぶりとなる、みんゴルの最新作が登場。今回はオープンワールドでコミュニケーション重視の内容ということで、自分の好みとは離れてしまいましたが、スポーツゲーム自体が停滞気味の中で何かしら新しい風を吹き込んでくれればと期待しています。

▼MOVIE

△8/19【ベイビー・ドライバー】
△8/25【エル Elle】
△8/25【ワンダー・ウーマン】

すべて△ですけど、どれも観ておきたい作品ばかり。ハリウッド作品を中心に観ている身としては、今年最大の話題作である「ワンダー・ウーマン」はスルーできませんし、映画ファンから高評価を得ている「ベイビー・ドライバー」もここにきて気になってきました。
内容自体は「Elle」の方が見応えがありそうですけど、こちらはDVD待ちかな。

▼DVD

〇8/29【愚行録】

試写会に当選しながら仕事の都合で行けなかった作品がようやくパッケージリリース。
その間に小出恵介事件があり、DVD化されるのか心配していましたけど、とりあえずお蔵入りにならなかっただけでもよかったです。小出恵介に関しては自業自得ではあるものの、俳優としては非常に好きでクズな役を演じるのも楽しみにしていたくらいなので、いつか何らかの形で演技の世界に戻ってきてほしいところ。

2017年8月前半の注目作

▼MUSIC

該当作なし。
この時期どころか、先まで見渡しても発売日が決まっている注目作のリリースがなくなってしまいました。最近の傾向だと大物アーティストのサプライズリリースもあるでしょうし、こういう時期はノーマークだった新人アーティストを発掘するチャンスだとは思いますが、アルバムリリースをワクワクして待つ感覚を味わえないのは淋しいところです。

▼GAME

△8/3【大逆転裁判2 -成歩堂龍ノ介の覺悟- (3DS)】
△8/3【大逆転裁判1&2 -成歩堂龍ノ介の冒險と覺悟- (3DS)】

成歩堂龍一の先祖が主人公となった「大逆転裁判」シリーズの2作目が発売。スピンオフなので爆発的なセールスは期待できないでしょうけど、前作はホームズの的外れの推理を正すのが新感覚で、結構楽しめています(まだプレイ中)。
なお、今回は前作とセットになったツインパックも同時発売。こちらはミニサントラとオリジナルエピソード2本も収録されたお得版ですが、ファンアイテムなのか未経験者用なのか微妙なポジションですね。

▼MOVIE

◎8/11【スパイダーマン ホームカミング】

スパイダーマンが再びリブート。
「アメイジング・スパイダーマン2」が好きだっただけに、前シリーズが打ち切りのような形になってしまったのは残念で仕方ありませんが、今回はアイアンマンあたりとも絡んだクロスオーバ―な作りということで、トビー・マグワイアやアンドリュー・ガーフィールド版とはまた違うピーター・パーカーが楽しめることを期待して、劇場へ足を運びます。

▼DVD

◎8/2【ラ・ラ・ランド】

今年観賞した作品としてはベスト5がほぼ当確している作品がいよいよパッケージリリース。全編ストーリーがいいというより、特定のシーンを何度も観返したいタイプの作品なので、手元に置いておくにはぴったりの作品です。冒頭の渋滞シーンから涙腺が緩んだラストの回想シーンまで、どうしてももう一度観ておきたいのでもちろん買います。



△8/2【沈黙 -サイレンス-】
△8/2【SING/シング】

残り2作は優先順位こそ低いもののいずれは観ておきたい作品。特に「沈黙」は尺の長さがネックになっていますが、あの読みづらい原作をがんばって読破しただけに、原作の内容を忘れる前にぜひ観ておきたいところです。
プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本