2017年8月前半の注目作

▼MUSIC

該当作なし。
この時期どころか、先まで見渡しても発売日が決まっている注目作のリリースがなくなってしまいました。最近の傾向だと大物アーティストのサプライズリリースもあるでしょうし、こういう時期はノーマークだった新人アーティストを発掘するチャンスだとは思いますが、アルバムリリースをワクワクして待つ感覚を味わえないのは淋しいところです。

▼GAME

△8/3【大逆転裁判2 -成歩堂龍ノ介の覺悟- (3DS)】
△8/3【大逆転裁判1&2 -成歩堂龍ノ介の冒險と覺悟- (3DS)】

成歩堂龍一の先祖が主人公となった「大逆転裁判」シリーズの2作目が発売。スピンオフなので爆発的なセールスは期待できないでしょうけど、前作はホームズの的外れの推理を正すのが新感覚で、結構楽しめています(まだプレイ中)。
なお、今回は前作とセットになったツインパックも同時発売。こちらはミニサントラとオリジナルエピソード2本も収録されたお得版ですが、ファンアイテムなのか未経験者用なのか微妙なポジションですね。

▼MOVIE

◎8/11【スパイダーマン ホームカミング】

スパイダーマンが再びリブート。
「アメイジング・スパイダーマン2」が好きだっただけに、前シリーズが打ち切りのような形になってしまったのは残念で仕方ありませんが、今回はアイアンマンあたりとも絡んだクロスオーバ―な作りということで、トビー・マグワイアやアンドリュー・ガーフィールド版とはまた違うピーター・パーカーが楽しめることを期待して、劇場へ足を運びます。

▼DVD

◎8/2【ラ・ラ・ランド】

今年観賞した作品としてはベスト5がほぼ当確している作品がいよいよパッケージリリース。全編ストーリーがいいというより、特定のシーンを何度も観返したいタイプの作品なので、手元に置いておくにはぴったりの作品です。冒頭の渋滞シーンから涙腺が緩んだラストの回想シーンまで、どうしてももう一度観ておきたいのでもちろん買います。



△8/2【沈黙 -サイレンス-】
△8/2【SING/シング】

残り2作は優先順位こそ低いもののいずれは観ておきたい作品。特に「沈黙」は尺の長さがネックになっていますが、あの読みづらい原作をがんばって読破しただけに、原作の内容を忘れる前にぜひ観ておきたいところです。
スポンサーサイト

2017年7月後半の注目作

▼MUSIC

◎7/28【4:44 / Jay-Z】

7日にApple MusicやフィジカルリリースもあったJay-Z新作の日本盤が月末にリリース。詞の内容まで把握していないので、今のところヘビロテになるほどハマってはいないんですが、今回はBeyonceの傑作「Lemonade」と関連性の深い作品ですし、配信にはないボーナストラックも3曲収録されているそうなので、購入予定です。



△7/28【Lust For Life / Lana Del Rey】

こちらは完全にノーマークでした。この人は作風の割にリリース頻度が高すぎる印象があって、しかも結局気に入ったのはデビュー作のみなんですけども、それでも聴きたくなる魅力はありますね。Apple Musicで試聴して、気に入ったらCDを購入します。

▼GAME

◎7/29【ドラゴンクエスト11 過ぎ去りし時を求めて (3DS)】
〇7/29【ドラゴンクエスト11 過ぎ去りし時を求めて (PS4)】

MMOだった「10」を挟んで、久々にドラクエの本編が発売されます。今回は3DSとPS4で全く性質が違うのが特徴。「8」が好きだった僕はハイエンドな映像で楽しめるPS4版も惹かれますが、ハードを持っていないので今回は3DS版一択。予約済みです。ちょうどこのタイミングで繁忙期に入ってしまいますが、通勤時間を利用して少しずつ進めていくつもり。3DS版は2Dと3Dの2画面表示とすれ違い通信が楽しみですね。

 

△7/21【スプラトゥーン2 (Switch)】

Switchを持っている人なら当然これも購入リストに入れていることでしょう。失敗ハードとなってしまったWii Uの中で、オリジナルながら最高のセールスを記録したソフトということで、将来的にはダブルミリオンも狙えそうな勢いがあります。
今のところSwitchで遊びたいのは「ゼルダ」とこれくらいですが、年内には「FE無双」や「スーパーマリオオデッセイ」も発売予定ですし、ハードを買う頃にはラインナップも充実していることでしょう。

▼MOVIE

該当作なし。
若者向けの映画が多数公開される時期なので、自分好みの作品はありません。8月の「スパイダーマン:ホームカミング」までは家で映画観賞します。

▼DVD

〇7/26【君の名は。】

昨年の日本映画界最大の話題作が登場。さすがにヒット作=傑作という安直な考えは持っていませんけど、ジブリでも人気原作モノでもない本作がここまでのヒットになった理由を、実際に自分の目で確認したいところです。

2017年7月前半の注目作

▼MUSIC

△7/12【good kid m.A.A.d city / Kendrick Lamar】
△7/12【To Pimp A Butterfly / Kendrick Lamar】

「Damn.」が好調に売れ続けているKendrick Lamarの前2作が1,080円という廉価盤でリリース。どちらも評価が高いアルバムですが、特に「To Pimp A Butterfly」は2015年の年間ベストに選んだほどの一枚なので、ぜひこれを機に国内盤を手にしてもらいたいところです。

※7/1追加

◎7/7?【4:44 / Jay-Z】

出るという話はありましたが、予告通り6/30にリリースされました。が、TIDAL限定なので日本ではまだ聴けません。Apple Musicでは一週間ほど遅れて配信が始まるという噂があるので、聴ける環境になったら即入手するつもり。

▼GAME

△7/12【ピクトロジカ ファイナルファンタジー≒ (3DS)】
△7/13【ファイナルファンタジー12 ザ ゾディアック エイジ (PS4)】
△7/13【Hey! ピクミン (3DS)】
△7月上旬【みんゴル (iOS)】

人気シリーズのスピンオフ的な作品が多数発売。
「FF12」はオリジナルがクエスト主体で自分好みの内容だったので、未経験の人にはぜひ遊んでもらいたいところ。
とりあえず僕は無料の「ピクトロジカFF」と「みんゴル」を遊んでみる予定。「ピクトロジカ」の前に、今遊んでいる「立体ピクロス2」を遊び尽くしておかないと…。「みんゴル」は来週スタートと言われているので、2~8日でしょうか。

▼MOVIE

△7/8【メアリと魔女の花】

映画は一休みの時期。世間的には夏休み前なので、若者向けの作品が増えてきそうですけど、個人的にはあまり惹かれません。
7月終盤からしばらく繁忙期に突入するので、それまでに溜まっているリストから未見のDVDを消化しておきたいところ。

▼DVD

〇7/5【お嬢さん】
△7/5【幸せなひとりぼっち】
△7/5【モアナと伝説の海】

パク・チャヌク監督の「お嬢さん」は今回の最優先事項。これだけ変態性の高い作品が出てくるというのが、韓国映画の魅力ですよね。大抵の作品は旧作待ちしてしまうんですけど、これは繁忙期に入る前に観ておきたいです。

▼PLAY

△7/14【遠い夏のゴッホ】

山本匠馬出演舞台。もう2年以上も彼の舞台を観ていないのでそろそろ観に行きたいんですが、最近の彼はイケメン俳優勢揃いの舞台か、アニメの声優業としてしか人前に出てこないので、ちょっと敷居が高くなってしまっているんですよね。
やましげと仲がいいことだし、いつかカムカムミニキーナの公演で面白い役をやってもらいたいなぁ。

2017年6月後半の注目作

▼MUSIC

◎6/16【Melodrama / Lorde】

デビュー作が世界中から絶賛され、当サイトでも2014年のベストアルバムに選んだLordeがいよいよ2ndアルバムをリリース。デビューからいきなりブレイクしてしまったアーティストはその後迷走しがちですけど、先行シングルを聴く限り、この人にそんなジンクスは関係なさそう。



△6/23【Purple Rain Deluxe / Prince】
△6/23【Grateful / DJ Khaled】
△6/30【TLC / TLC】
△6/30【Funk Wav Bounces Vol.1 / Calvin Harris】

TLCはラストアルバムのようですね。元々僕は熱心なファンというわけでもないですし、全盛期は20年も前になるグループなのでヒットはしないでしょうけど、R&B好きとしてはスルーできない1枚です。

Princeは彼の代表作のリマスター音源に、別バージョンやレア・トラックを収録したディスクを追加した2枚組CD。さらに、CD3枚組に1985年のライヴ映像のDVDも付いたExpanded Editionも同時発売。
僕はオリジナルをCDで持っていないので2枚組の方が欲しいんですが、これからしばらく出費がかさむので我慢します。

▼GAME

〇6/29【ラジアントヒストリア パーフェクトクロノロジー (3DS)】
△6/16【ARMS (Switch)】
△6/22【アライアンス・アライブ (3DS)】

2年前にWii U本体の売り上げを牽引した「スプラトゥーン」の再来を!と任天堂が送り出す「ARMS」は、ニンテンドースイッチの機能を活かした体感&対戦アクションゲーム。注目度も上がってきて7月の「スプラトゥーン2」、8月の「モンハンXX」へといい流れができつつありますね。

僕がスイッチを買うのはもっと先の話でしょうから、今は3DSのRPG2作の方が気になります。
「ラジアントヒストリア」はDSのオリジナル版が好きでしたが、途中で積んでしまったのでこれを機に最後まで遊んでみたいところ。「アライアンス・アライブ」の方は体験版を遊んでみました。ロマサガの閃きを彷彿とさせる戦闘システムに懐かしさを感じて結構いいですね。本当は「ラジアントヒストリア」を買うつもりだったんですけど、来月に「ドラクエ11」が控えているのでひとまず待ちに入ります。



▼MOVIE

△6/24【ハクソー・リッジ】

メル・ギブソン監督、アンドリュー・ガーフィールドが主演で今年の賞レースに絡んだ作品。戦争映画自体は苦手な部類なので優先度は低めですけど、いずれは観ておきたいところです。

▼DVD

7月に注目作が固まっていることもあって、今回は該当作なし。
Netflixに再加入したのはいいんですが、相変わらず定期的に「おそ松さん」を観てしまうし、それきっかけで中村悠一が声優を務めるアニメを発掘し始めてしまったせいで、映画観賞の時間が減り気味。全仏オープンも終わったことですし、とりあえず以前から観たかった「怒り」と、Netflixで配信中の「スーサイド・スクワッド」だけでも6月中に観るつもりです。

2017年6月前半の注目作

▼MUSIC

〇6/9【Witness / Katy Perry】

Katy Perryのニューアルバムがリリース。前作「Prism」からはヒット曲こそ生まれたものの、あまり話題にならずに終わってしまった作品でした。女性ポップ・アーティストは短命で、2枚くらいアルバムヒットが続くとその後の方向性に迷いが出がちですけど、Katyは先行シングルを聴く限り大きな路線変更はなさそうですね。個人的には先行シングルが好きなので、歓迎していますが…。

▼GAME

△6/1【鉄拳7 (PS4)】

久々に3D格闘の新作を遊んでみたいと思っていたところでの「鉄拳7」発売。格闘ゲームの中で僕は「鉄拳」シリーズが強くて、十数年ぶりに本格復帰した「鉄拳レボリューション」でのオンライン対戦もなかなかの勝率を誇っていたのでやり込んでみたいですが、どちらにしろハードを持っていないので購入は見送ります。

▼MOVIE

△6/10【セールスマン】

今年のアカデミー外国語映画賞を受賞した作品が日本でもいよいよ公開されます。日本ではなかなか観られないイラン映画であり、10年前に読んだアーサー・ミラーの「セールスマンの死」が物語に絡んでいるということで、いろいろな意味で興味深い一本。
当初はDVDスルー予定でしたけど、近所のシネコンでも上映が決定したので、機会があれば観るかもしれません。

▼DVD

△6/2【誰のせいでもない】
△6/2【ドクター・ストレンジ】
△6/7【フェンス】

優先するほどではないものの気になる作品がいくつかDVD化。
主演がベネディクト・カンバーバッチということもあり最初は興味のなかった「ドクター・ストレンジ」は、斬新な映像表現がネット上で話題になっていたので、それを目当てに観てみるつもりです。

「フェンス」はアカデミー賞で主要4部門にノミネートされながら日本では劇場未公開となってしまった不遇の作品。「ムーンライト」こそアカデミー作品賞効果でそこそこ話題になったものの、やはり日本人は黒人文化に対する興味が薄いということなんでしょう。

▼PLAY

△6/2【狼狽】

やましげ不在&客演も魅力薄なので今回もスルーですが、毎回深みのある作品を届けてくれる劇団カムカムミニキーナの本公演。
舞台は1月に「世界」を観たのが最後なので、そろそろ今年2作目に臨みたいところなんですけど、せっかくのタイミングなのになかなか観たいと思える作品がないのが残念。
プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本