BNP Paribas Open

 <Quarterfinals>
Karolina Pliskova(3) - Garbine Muguruza(7) 7-6(7-2), 7-6(7-5)
Svetlana Kuznetsova(8) - Anastasia Pavryuchenkova(19) 6-3, 6-2
Elena Vesnina(14) - Venus Williams(12) 6-2, 4-6, 6-3
Kristina Mladenovic - Caroline Wozniacki(13) 3-6, 7-6(7-4), 6-2

 <Semifinals>
Svetlana Kuznetsova(8) - Karolina Pliskova(3) 7-6(7-5), 7-6(7-2)
Elena Vesnina(14) - Kristina Mladenovic 6-3, 6-4

 <Final>
Elena Vesnina(14) - Svetlana Kuznetsova(8) 6-7(6-8), 7-5, 6-4


男子決勝はスイス人対決でしたが、女子はロシアン決勝。スヴェタがシードの難敵を次々と退ける活躍を見せてくれたものの、優勝には一歩及びませんでした。プリスコワに勝った時点で優勝を期待してしまったんですけど、そもそも期待するとダメなプレイヤーだったことを忘れてた…。それでも、プリスコワ撃破はもちろん、シドニーとメルボルンで連敗していたパブリチェンコワに快勝したのは嬉しかったです。

決勝でそんなスヴェタを倒したのはベスニナ。ダブルスではトッププレイヤーでもシングルスは中堅どころというイメージの強かったベスニナも、最近の流れに乗って30歳を超えて本格ブレイクを果たしてきました。今季はここまで6勝6敗、勝ち星もすべて格下相手だっただけに、突然ケルバーやヴィーナス、スヴェタといった実力者たちを立て続けに破ったことに驚きを隠し切れませんが、ここまでベテランの覚醒が続くといよいよ誰がトップ10に食い込んでくるか分からなくなってきましたね。

ところで、シーズン開幕からここまでの成績を見て、ケルバーの不振が気になっていたんですけど、何気にシブルコワとラド姉はもっとポイントを稼げていないんですね。シブルコワは元々安定型ではないし、クレーでも好成績が期待できるので心配無用かもしれませんけど、ラド姉は決勝進出したシドニー以外は格下に足をすくわれることが目立っています。ラケットも今季からスリクソンにしたのもハマらなかったみたいで、またバボラに戻しているとの噂もありますし、ここに来て若干迷走気味でしょうか。

日本からは4人が本戦にエントリーしましたが、勝ち星を挙げたのは3回戦に進んだ大坂のみ。
土居と奈良は今季ドローに恵まれることが多いにもかかわらず、チャンスを掴み切れていない印象を受けます。日比野はマレーシアで決勝に進出しましたし、尾崎もじわじわとランキングを上げていますけど、せっかく大坂の活躍で女子テニスにもスポットが当たりつつある時なので、この二人にも踏ん張ってほしいところです。
スポンサーサイト

テーマ : テニス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

ラドワンスカについて

また久しぶりのコメントになってしまいました。申し訳ありません。

ラドワンスカ、調子が悪いというより足が動いてないし下手になったかな?という印象です。

もともとカウンターを軸に脚で粘り勝ちするタイプの選手なのに、最近テクニックに走り過ぎな印象を受けます(ハードコートでのスライド使い過ぎ)。色々なショットは打てますが、テクニックレベルはかなり低いと思うんですよね。ボレーしかり。

バックハンドを狙われて、バックにループボールを打たれて、浮いたボールを強打されて決められるというのがぼろ負けする時のパターンで、2014年のシドニーでのマテックサンズ戦や、2013年、今年のペンシャイ戦など顕著です。

早めに解決しないとまずいよなぁともどかしい気持ちで応援しています。

また、最近ヒッティングパートナーの方と婚約?したそうで、その辺も不調や練習不足につながっているんでしょうか?

奮起してほしいです。

弱点克服の鍵

山田さん、お久しぶりです。
コメントありがとうございます!

今季はラドワンスカのテニスをほとんど見ることができていないんですが(というより、テニス自体をまともに追えていません…)、婚約していたとは知りませんでした。

脚が動いていないというのであれば、確かに彼女にとっては致命的な問題のような気がします。
僕は、彼女が高いテクニックレベルの持ち主であるという考えは変わらず持っているんですが、全体的にシャープさには欠けるんですよね。
ネットプレーなどはダブルスのスペシャリストだけでなくプリスコワやクヴィトワの方が鋭いボレーを放ちますし、トップスピンをあまり打たない分、相手にループボールを打たれた時の対処が甘くなるという点も事実だと思います。
その弱点を見つけられ対策を練られているということなのかもしれませんけど、それならば結果を残せていないクレー季に思い切って新たなチャレンジをしてくれれば嬉しいです。
プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本
いぬふくの今やってるゲーム