ハッピーボイス・キラー 他

ハッピーボイス・キラー ★★★★★★★★☆☆
シリアル・キラーを主人公にしたコメディとは珍しいなと手を出したんですけど、実際は、コミカルだけど最高に切なく悲しいドラマでした。
主人公のジェリーは統合失調症を患っていて、薬を飲み続けていないと飼っているペットを通して心の声が聞こえてしまう…。そんな彼が故意ではないにしろ殺人を犯してしまうんですが、心の声に負けて遺体をバラバラにし隠蔽してしまうんです。それからはペットだけでなく冷蔵庫に隠した生首までもが彼に語り掛けてくるようになり…、という話。
薬を飲んでしまうと現実が見えてしまうから、あえて薬を飲まずに妄想の世界に浸ることで孤独感から逃れることができるという主人公の葛藤が見えるため、猟奇的な事件なのに主人公に同情的になってしまうのが不思議。そういう意味では、邦題より原題の「The Voices」の方がしっくりくるかな。
本作を魅力的にしているのは何といってもライアン・レイノルズの演技でしょう。頭空っぽのイケメンというイメージだったのも今は昔。「デッドプール」での無責任ヒーローっぷりもナチュラルだったし、この2作で新たなステージに上がってきたなと驚かされました。
エンディングのハッピーなダンスに見られるようなユーモアセンスは好みが分かれるでしょうし、僕もこれはちょっと受け付けませんでしたけど、あらすじと予告編を見て気になった人は観賞する価値は十分にあるでしょう。

◆マルジャン・サトラピ監督作品の評価
「チキンとプラム ~あるバイオリン弾き、最後の夢~」 ★★★★★★☆☆☆☆



博士と彼女のセオリー ★★★★★★★☆☆☆
天才物理学者、スティーヴン・ホーキングの伝記映画。
エディ・レッドメインは熱演で、ALS(筋萎縮性側索硬化症)という難病を発症したホーキング博士を見事になり切っていますが、自分はそれよりも妻のジェーンを演じたフェリシティ・ジョーンズに惹かれました。彼女の気の強さや、病気の夫をサポートしたいのになかなかうまくいかず、プロの介護士に頼らなくてはならないもどかしさ…、このあたりがしっかりと感じ取れます。と同時に、夫婦をサポートしてくれるジョナサンという男との三角関係も難病モノらしい切り口(実話に対してこの表現はおかしいですが…)で興味深く映りました。
半面、物語としては淡々としていて面白くありません。上に挙げたような面をもう少し強調してくれればより深みのある映画になっていたはず…とは思いますけど、これは実話が基になっているだけに難しいかな。
それでも、ラストの時間が巻き戻っての回想シーンには大いに感動させられました。
スポンサーサイト

テーマ : 映画★★★★★レビュー
ジャンル : 映画

今週のWTA (2016年8月第1週)

 <Brasil Tennis Cup>
Irina-Camelia Begu(2) - Timea Babos(6) 2-6, 6-4, 6-3


五輪前週ということもあり、メダル候補たちは休養しつつゆっくり調整、一つでも多く勝ち星を挙げたいプレイヤーたちは早めにブラジル入りしてこの大会で調整という形が目立ちました。

第1シードのヤンコビッチは2回戦敗退だったので、それに次ぐベグが優勝したのは順当な結果でしょう。

日本勢の日比野と大坂はシードを守ったものの、それぞれ格上のベグとプイグにストレート負け。大坂は故障してから存在感が薄くなってしまいましたね。18歳という年齢を考えると焦る必要は全くありませんけど、せっかく全仏まで順調にきていただけにちょっともったいなかった…。ま、全米に期待しましょう。

 <Jiangxi Women's Tennis Open>
段莹莹(Ying-ying Duan) - Vania King(6) 1-6, 6-4, 6-2


こちらはリオ五輪と全く関係ない地でのトーナメントなので、顔ぶれも地味。そんな中、地元の27歳、段莹莹がツアー初優勝を飾りました。

こちらには、五輪出場を逃した日本人プレイヤーが多数出ています。
トップシードのリネッテ欠場で、実質トップランカーとなった奈良は準々決勝で段莹莹に敗れましたが、若い尾崎と江口がベスト4入り。日頃から、谷間のトーナメントは無名のプレイヤーには飛躍の絶好のチャンスと言っていますし、実際にトップ100のプレイヤーが奈良しかいなかった今回は日本勢にタイトルを獲ってほしかったところですが、日比野以外伸び悩んでいたこの世代のプレイヤーにとっては意味のある一週間だったと信じたいところです。

テーマ : テニス
ジャンル : スポーツ

Music Review (2016年8月)

Peace Is The Mission / Major Lazer ★★★★★☆☆☆☆☆
昨年、「(4)Lean On」が大ヒットし、一躍ポップシーンの中心に飛び込んできたMajor Lazer。この曲が物語るように、今回はEllie GouldingやAriana Grandeを招いてのポップR&B路線が目立ちます。とはいえ、ゲストで光るのは有名どころよりもメインストリームではまだ無名だったエレクトロやレゲエ畑の女性アーティストの方ですね。
ただ、全体的にはMØが参加した(4)の1曲で引っ張っている印象。キラー・チューンがあるとセールスには貢献する半面、アルバムのバランスは崩れがちですが、本作もその例に漏れず他の曲の印象を弱めてしまっています。
まぁ、DJの作品はリミックスも含めて楽しむべきでしょうから、新装盤リミックス盤も併せて初めて本来の魅力が見えてくるのかもしれません。

「Lean On」(US4位、UK2位)


blackSUMMERS'night / Maxwell ★★★★★★★☆☆☆
前作とタイトルの違いは大文字の位置だけなので紛らわしいですけど、今回は"SUMMER"が強調されているだけあって爽やかで明るめのアップが多いですね。完成度は相変わらず高く、あとはもう好みの問題なんですが、個人的には前作のねっとりとしたソウル色が後退したのは至極残念。1stシングルの「(4)Lake By The Ocean」も良曲なれど王道すぎてインパクトに欠けました。
前作ほどクセにはなっていませんが、それでもファルセット炸裂の「(7)1990x」などはため息モノのヴォーカルワークですし、「(3)III」でのシャウトのようにこれまであまり見られなかったチャレンジもあり、従来のファンには好意的に受け止められそうです。今月には待望の来日公演も控えるMaxwell。もしかしたらこれ、生歌を聴いたら傑作認定してしまうタイプのアルバムかもしれないなぁ。
ただ、ラストは三部作の完結編"NIGHT"へ続くダークな終わり方で、ややモヤッとしているので、次回作はあまりブランクを空けずリリースしてもらいたいところ。

◆前作の評価
「BLACKsummers'night」 ★★★★★★★★☆☆

「Lake By The Ocean」(US R&B50位)

テーマ : アルバムレヴュー
ジャンル : 音楽

Rogers Cup

 <Quarterfinals>
Angelique Kerber(2) - Daria Kasatkina 6-2, 6-2
Simona Halep(5) - Svetlana Kuznetsova(9) 3-6, 6-1, 6-1
Madison Keys(10) - Anastasia Pavlyuchenkova(16) 7-6(7-3), 1-6, 6-0
Kristina Kucova - Johanna Konta(15) 6-4, 6-3

 <Semifinals>
Simona Halep(5) - Angelique Kerber(2) 6-0, 3-6, 6-2
Madison Keys(10) - Kristina Kucova 6-2, 6-1

 <Final>
Simona Halep(5) - Madison Keys(10) 7-6(7-2), 6-3


ドローにも名前があったセリーナとムグルザが直前で欠場を表明したこともあり、トップ8でシードを守れたのはケルバーとハレプのみという若干淋しい状態に。とはいえ、スヴェタ、パブリチェンコワ、カサッキナといったロシア勢がベスト8入りしてくれたこともあって、個人的には物足りなさはありませんでした(パブリチェンコワに関しては倒した相手がラド姉なので素直に喜べませんでしたが…)。

そんな中、ハレプが準決勝でケルバーにウィンブルドンの雪辱を果たし、決勝ではキーズの挑戦も跳ね除けてタイトルをもぎ取りました。これで今季3勝目、通算14勝目。ずっと足の故障の具合が気になってはいるんですが、見る限りはフットワークに影響はなさそうですね。現在、セリーナの対抗馬としてはケルバーがやや抜け出した形ですが、ムグルザ、ハレプ、ラド姉の3位争いもかなり面白くなっています。

今週のシンデレラ・ガールはスロバキアの26歳、クコバ。予選を突破すると、本戦でもウィックマイヤー、カルラ、ブシャール、コンタといった実力者を次々と退けてベスト4進出を果たしました。
春にブレイクしたバーテンズのように、今や20代中盤での覚醒は当たり前。クコバの場合はずっと100位~200位台を行ったり来たりのプレイヤーだったので、いきなりツアーレベルで活躍が続けられるかというと可能性は高くないのかもしれませんけど、名前は覚えておいた方がよさそうです。

コンタは今週あと1勝すれば念願のトップ10入りを果たせたんですけどね~。勢いのある相手だったとはいえランキングでは遥かに下、大きなチャンスだと思っていたはず。まぁ、現在の調子を保っていければ時間の問題だとは思うので、焦らず一つずつ上がっていってもらいたいところ。もちろん、スヴェタファンとしては彼女のトップ10入りを阻んでほしいという気持ちの方が強いんですが…。

テーマ : テニス
ジャンル : スポーツ

2016年8月前半の注目作

▼MUSIC

△8/10【Platinum Hits / Jason Derulo】

アルバムはすっかり閑散期。
Jason Deruloはベスト盤。ベスト盤は導入編か余程好きなアーティストでないと買う気にならないんですが、Jason Deruloはシングル・アーティストなので一定の需要がありそうですね。
個人的には特に惹かれる作品はないので、中古漁りかレンタルに費やそうと思います。

▼GAME

△8/9【ラチェット&クランク THE GAME (PS4)】

PS2で発売されたシリーズ1作目のリブート作品。
未プレイの「ラチェット&クランク」シリーズですが、以前体験版を少し遊んだ時の操作感がすごくよかったので、1作くらいは遊んでおきたいところ。

▼MOVIE

全くのノーマークでしたけど、韓国映画の「あなた、その川を渡らないで」がかなり観たいです。もう予告編だけで涙腺が緩むほど。ただ、都内だと銀座でしかやってなくて、何かのついでという気軽さがないんだよなぁ。

○8/11【X-MEN:アポカリプス】

X-MENシリーズは最近2作が面白かっただけに期待したいところですが、尺が結構長い(144分)ので、繁忙期に挑むにはなかなか厳しそうな予感がします。
それでも、毎年アクション大作が続々と公開される夏休みシーズンは、1つくらい観ておきたいな。

▼DVD

△8/3【ライチ☆光クラブ】
△8/10【バットマン vs スーパーマン】
△8/12【TRUMP】

公開当時はかなり興味があった「バットマンvsスーパーマン」ですけど、監督がクリストファー・ノーランではなくザック・スナイダーであることや、後発の「シビル・ウォー」の方が評価が高かったことからグズグズしているうちにタイミングを失ってしまいました。重厚そうなので時間のある時にしっかり向き合いたい作品。

「TRUMP」は山本匠馬出演の舞台をDVD化したもの。劇場へは行けなかったのでDVD化されたら絶対に買おうと決めていたんですが、同じ末満健一氏が手掛けた舞台「我らジャンヌ」が2バージョンの2枚組でお手頃な価格だったことを考えると両バージョン揃えると12,000円というのは高すぎる気もして、二の足を踏んでいます。
プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本
いぬふくの今やってるゲーム