世界

世界

最近気になっていた和田正人と鈴木砂羽を目当てに渋谷のシアターコクーンで初観劇。初日からインフルエンザによる4公演中止で不安いっぱいでしたが、何とか上演に漕ぎ着けることができて一安心。
ずっと小劇場&最前列付近が続いていましたけど、今回は1階席ながらやや後方。そのため初のオペラグラス持参でしたが、後方でも舞台との距離を感じることもなく、非常に観やすかったです。

「世界」というとスケールの大きな作品を想像しがちですけど、本作は市井の人々を描いたミニマムな舞台でした。工場を経営する家族とその従業員、行きつけのスナックの人々や一見関係ないように思える人々も登場し、それぞれがどこかで交わっています。
町工場もスナックも馴染みはありませんが、登場するのはみんなすぐ身近にいそうな人間ばかり。熟年離婚の危機に晒されているのに意地になって家族を振り回したり、スナックの客のふりをしながらママとW不倫していたり、デリヘル嬢に恋をしてしまったり、ダメ人間の集まりだなぁと笑いながら、でも気が付いたら自分を重ねながら反省モードに突入してしまうんですよね。このあたりの感情移入度の高さが本作の面白さなんだな。

ただ、物語の方は回収されない部分が多いのが気になりました。不倫カップルの行く末とか広瀬アリスが見せた涙の理由とか、観客の想像力で補うには描写が足りないんですよ。観賞後に友人とその後のストーリーを語り合うにはよさそうですが、独りで観劇した自分は答えが出ずモヤモヤしたまま帰宅することに…。

メインキャストと言える風間杜夫と大倉孝二はさすがの安定感で存在感も抜群でしたね。この二人はカラオケシーンもたくさんあるので、ファンならそれだけでも観る価値があるかと思います。
鈴木砂羽はイメージそのままのスナックのママ役で、色気満載なのは満足しましたけど、意外性がなかったのは残念。和田正人の役は出番が最も少なく物足りなかったです。でも、役的には最も感情移入しやすいですね。お人好しすぎる点にイライラしつつも、あの間の悪さ、運の悪さは他人事とは思えませんでした。土佐弁が聞けたのも得した気分に!

全体的にはやはりメインの二人を含め、梅沢昌代や福田転球といったベテランの演技に魅せられましたね。特に、気になっていながら手が伸びなかった舞台に何作も出演していた福田転球さん、かなり好きな演技でファンになりました。今後の出演作もぜひ観てみたいです。
スポンサーサイト

テーマ : 演劇
ジャンル : 学問・文化・芸術

Apia International Sydney

 <Quarterfinals>
Agnieszka Radwanska(2) - Ying-Ying Duan 6-3, 6-2
Johanna Konta(6) - Daria Kasatkina 6-3, 7-5
Barbora Strycova - Caroline Wozniacki(10) 7-5, 6-7(6-8), 6-4
Eugenie Bouchard - Anastasia Pavlyuchenkova 6-2, 6-3

 <Semifinals>
Agnieszka Radwanska(2) - Barbora Strycova 6-1, 6-2
Johanna Konta(6) - Eugenie Bouchard 6-2, 6-2

 <Final>
Johanna Konta(6) - Agnieszka Radwanska(2) 6-4, 6-2


コンタが昨シーズンのスタンフォード以来となるツアー2勝目を獲得。まだシーズン開始2週目なのではっきりとは言えませんが、このそうそうたる面子の中で1セットも落とさなかったというのは調子が上がっている証拠でしょう。GS前週で決勝まで戦うというのはその後の調整が難しいものだとは思いますけど、体力はありそうですし、精神的にも昨年の経験が活きて上手く合わせてくると思います。
そういえば彼女、現在はイギリス国籍ですが、生まれはシドニーなんですね。オーストラリアのファンにどの程度認知されているか分かりませんが、昨年の全豪ベスト4という実績もありますし、観客を味方に付けることができれば今年の全豪でも台風の目になる可能性があります。

逆にナンバーワンのケルバーにとっては不安の残る前哨戦となりました。ブリスベンとシドニーの2大会に出場して1勝しかできていません。ディフェンディングチャンピオンとして臨む全豪は当然プレッシャーもあるでしょうから、前哨戦のテニスに不安があるようなら本番でも苦しむかもしれません。

裏のホバートではベルギーの21歳、マルテンスが決勝でニクレスクを破り優勝。これがキャリア初タイトルとなります。GS前週というのはトッププレイヤーの欠場や棄権も多く、下位の選手にもチャンスが多いものですけど、今週のマルテンスはシード勢との対戦が多く、決して楽ではなかったんですよね。しかも予選から8連戦。よく戦い抜いたと思います。
日本勢では尾崎が、奈良とサファロワを下してベスト8入り。大舞台の経験はまだ少ないですが、まずはこういったチャンスを確実にモノにして、GS本戦圏内のトップ100をキープしていってもらいたいところですね。

テーマ : テニス
ジャンル : スポーツ

2017年1月後半の注目作

▼MUSIC

該当作なし。
The Weeknd以外はあまりリピートすることもなく、旧作ばかりを聴き返している最近。The Weeknd最新作に参加しているDaft Punkとか、サンプリングされているTears for Fearsとか、改めて聴くと以前とはまた違う感覚を味わえます。

▼GAME

Nintendo Switchの詳細を見ましたが、Wii U同様食指が伸びず。よく考えたらWii Uって僕が初めて買わなかった任天堂の据え置きハードだったんだな…。
Switchを買うかどうかは今後のタイトル次第ですけど、とりあえず同発のソフトでは「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」と「1-2-Switch」が気になりますね。ただ、3Dマリオ好きとしては本命は「スーパーマリオオデッセイ」です。

△1/19【GRAVITY DAZE2 (PS4)】
△1/26【バイオハザード7 (PS4)】

1月のメインはやはり「バイオ7」でしょう。シリーズ初の一人称視点導入でのVR対応ということで、これまで以上の臨場感が得られそう。今回は原点回帰で恐怖感重視らしいですけど、個人的には「4」のような爽快感重視の方が好きなんだよなぁ。と言いつつ「5」も「6」も遊んでいないですけどね。
ちなみに上のリンクは18歳以上のみのグロテスク・バージョン。通常盤はこちらです。

▼MOVIE

△1/21【沈黙 -サイレンス-】

制作時から話題になっており、個人的にもかなり期待していましたが、今月末から繁忙期に入るというタイミングでこの長尺の大作はなかなかキツい…。さらに興味は来月の「ラ・ラ・ランド」に移っており、そんなわけでDVD待ちになってしまいそうです。

▼DVD

該当作なし。
他の趣味が落ち着いている中、映画観賞は年明けからいいペースでできています。繁忙期を前にNetflixは一旦退会してしまったんですが、Amazonプライムは会員になっているし、Huluでも観たいコンテンツが増えてきたので、しばらくは配信も混ぜながら楽しんでいくつもりです。

全豪オープンテニス2017展望

男子の話ですが、韓国のイ・ダクヒの敗退にショックを受けています。予選3回戦で第1セットを奪い、第2セットも3-1とリードしていたところから挽回され、ファイナルも4-2から4ゲーム連取され初の本戦出場を逃しました。
彼は全豪WCのアジア枠を賭けたアジア・パシフィック・プレーオフでも決勝でイストミンに敗れ、ギリギリのところで出場権を逃していたんですよね。今回はチャンスがあっただけに悔しさもひとしおですが、まだ18歳、今後まだまだチャンスがあると信じて応援します。

本題の女子本戦の予想に参りましょう。ドローはこちらから。

▼ケルバー(1)、ヴィンチ(15)、カサッキナ(23)、バンダウェイ、土居、穂積
GSでは初めてディフェンディングチャンピオンとして臨むことになるケルバー。当然プレッシャーは大きいでしょうが、メンタルは安定しているプレイヤーですし、ドローも悪くはないかなという感じですね。他のシードで怖いのはカサッキナくらいか。
ただし、バンダウェイ、シュベドワ、彭帥といった爆発力のあるプレイヤーもいるので、荒れる可能性も秘めたブロックです。
日本勢は二人がここにいます。穂積はランキング214位ながら厳しい予選を勝ち抜いてきただけに、何とか初戦を突破してケルバーへの挑戦権を掴んでもらいたいところ。

▼ムグルザ(7)、スアレス・ナバロ(10)、張帥(20)、日比野
ムグルザは前哨戦を見る限り、少しだけ復調してきたかなという印象は受けますが、優勝争いに絡むにはまだまだといったところか。ただ、スアレス・ナバロも右肩の故障で前哨戦を戦えないほどでしたし、やはりムグルザの方が優位かなとは思います。何といっても、ムグルザはケルバーの天敵。昨年は対戦がなかったものの、一昨年はムグルザが4連勝するなど抜群の相性を示していたので、彼女が復調してくるようだと面白いバトルが見られるかもしれませんね。

▼ハレプ(4)、ヴィーナス(13)、バーテンズ(19)、プイグ(29)、奈良、バーティ
実力的にはハレプとヴィーナスの戦い。しかし、36歳のヴィーナスが連戦を戦う体力がどこまであるのかは未知数ですし、ハレプも意外とGSの早期敗退が多いタイプなので、荒れる可能性も秘めています。とはいえ、対抗馬もあまり見当たらないんですけどね。
奈良は過去4戦4勝のフォーグルと初戦を戦います。ほぼノーシードながらGSの初戦では15勝2敗と圧倒的な強さを誇る奈良のことなので、まずは一つ確実に勝ってほしいところ。

▼スヴェタ(8)、スビトリナ(11)、パブリチェンコワ(24)、ジークムント(26)、ヤンコビッチ
久々に全仏以外でも上位進出を果たしたいスヴェタ。相性の悪いプレイヤーと同じブロックにならず、チャンスは十二分にあるとは思うんですが、準々決勝で当たりそうなハレプやヴィーナスよりも、4回戦で当たりそうなスビトリナの方が勢いがあって怖い相手じゃないでしょうか。相性のいいパブリチェンコワにも前哨戦で負けていますし、チャンスのあるドローでも油断せずに戦い抜いてほしいです。

▼プリスコワ(5)、バシンスキー(12)、ガブリロワ(22)、プチンツェワ(31)、コニュ、ムラデノビッチ
WTA屈指のビッグサーバーであるプリスコワに対する守備型プレイヤーの包囲網。個人的にはガブリロワかプチンツェワにここを突破してもらいたいところですが、大舞台での経験不足が不安材料ですね。他も若いプレイヤーが多いので、その中で経験を重ねているプリスコワがやはり強そう。
個人的には2回戦でプチンツェワvsオスタペンコ、4回戦でガブリロワvsプチンツェワが実現すれば万々歳なんですけども…。

▼ラドワンスカ姉(3)、ベスニナ(14)、ストーサー(18)、コルネ(28)、ピロンコワ
ラド姉もいいドローなのでは。実績のあるストーサーは地元ではからっきしですし、爆発したコルネは怖いけれどもラド姉なら抑え込みそう。それよりも、初戦のピロンコワが嫌な存在ですかね。どうしても芝のイメージが強いピロンコワも、昨年は全仏でラド姉を倒しています。調子が読めないプレイヤーだけに脅威。

▼シブルコワ(6)、コンタ(9)、ウォズニアッキ(17)、マカロワ(30)、大坂、エラーニ、尾崎
実は2014年のファイナリストであるシブルコワ。小柄な身体で体現する一球入魂のテニスは、昨年の最終戦で証明したように爆発すれば優勝争いに絡む力があるし、少し崩れると初戦敗退もあり得ると紙一重なところがあるので、本命にはしづらいですね。
というわけで、このブロックの本命はコンタ。攻撃的かつ堅実なテニスでシドニーでは優勝もしており、最も計算できるプレイヤーと言えます。ただ、順当にいけばフリプケンス→大坂→ウォズニアッキ→シブルコワといった難敵との対戦が続くので、気が抜けない戦いが続くでしょう。
その大坂は初戦でクムクムと対戦。そしてGS初挑戦の尾崎はエラーニと戦います。エラーニはノーシードとはいえ厳しい相手であることに変わりありませんが、トップ100の実力をしっかり見せてもらいたいところ。
いろいろ書きましたけど、僕がここから勝ち上がってもらいたいのはウォズニアッキです。

▼セリーナ(2)、ストリコワ(16)、ガルシア(21)、ベンチッチ、サファロワ、ペトコ
ここはセリーナvsベンチッチが楽しみ。再起に賭けるベンチッチにとってはタフなドローになってしまいましたけど、逆に捉えれば現段階でトップとどの程度戦えるかを測るには絶好の機会です。
個人的には、毎回引き出しの多いテニスで楽しませてくれるストリコワに期待。さらに、昨シーズン大きくランキングを落としてしまったサファロワやペトコといったベテラン勢も応援しています。

ベスト8予想(一部希望含む)は
ケルバーvsムグルザ
ハレプvsスヴェタ
ガブリロワvsラド姉
ウォズニアッキvsセリーナ

といったところ。
ケルバーとセリーナが中心というのは間違いないでしょうけど、シーズン開幕直後なので昨年のケルバーやコンタのようにサプライズもありそうです。

テーマ : テニス
ジャンル : スポーツ

'17 1/13 Music Chart

Billboardと自分のランキングを融合させた独自の隔週Music Chart。
カッコ内は前回の順位。<>内は順に登場回数と最高位になっています。

(2)1. Starboy / The Weeknd feat. Daft Punk <8,1>
(1)2. 24K Magic / Bruno Mars <6,1>
(9)3. I Feel It Coming / The Weeknd feat. Daft Punk <2,3>
(3)4. Black Beatles / Rae Sremmurd feat. Gucci Mane <5,2>
(4)5. Closer / The Chainsmokers feat. Halsey <12,2>
(10)6. False Alarm / The Weeknd <6,6>
(6)7. Juju On That Beat (TZ Anthem) / Zay Hilfigerrr & Zayion McCall <6,6>
(5)8. Side To Side / Ariana Grande feat. Nicki Minaj <7,5>
(7)9. Let Me Love You / DJ Snake feat. Justin Bieber <11,5>
(NEW)10. Bad And Boujee / Migos feat. Lil Uzi Vert <1,10>


国内盤リリースを受けてThe Weekndの勢いが増し、8週目にしてついに「Starboy」が1位を奪取しました。続いて3位に「I Feel It Feeling」、6位が「False Alarm」が浮上。20位にも「Party Monster」が戻ってきていますが、こちらはPVが公開されたので後ほど…。

そして10位には次の1位候補が入ってきました。
Migos(ミーゴス)は3人組のヒップホップグループ。間もなくリリース予定の2ndアルバム「Culture」からの先行シングルです。
ネット上で曲中のフレーズを替え歌にすることがブームになっているそうですが、替え歌となると非英語圏の日本ではマネキン・チャレンジの「Black Beatles」ほどは流行りそうにないかな。ただ、曲の第一印象としては同じような売れ方をした「Black Beatles」や「Juju On That Beat (TZ Anthem)」よりは好きだったりします。


(12)11. Fake Love / Drake <4,11>
(8)12. Don't Wanna Know / Maroon 5 feat. Kendrick Lamar <6,8>
(11)13. Scars To Your Beautiful / Alessia Cara <3,11>
(13)14. Bad Things / Machine Gun Kelly x Camila Cabello <2,13>
(NEW)15. Shape Of You / Ed Sheeran <1,15>
(14)16. Heathens / twenty one pilots <12,3>
(18)17. Broccoli / D.R.A.M. feat. Lil Yachty <9,6>
(RE)18. Caroline / Anime <3,16>
(17)19. Fade / Kanye West <10,9>
(RE)20. Party Monster / The Weeknd <2,20>


続いて15位にはEd Sheeranの新曲「Shape Of You」が入ってきました。「Castle On The Hill」 と同時リリースですが、個人的には「Shape Of You」の方が好きですし、一般受けもいいようですね。ニューアルバム「÷(ディバイド)」は3/3に世界同時発売ということで、初動は間違いなく前作を大きく上回ってくるでしょう。もちろん買います!

そして、上にも挙げたThe Weeknd(ザ・ウィークエンド)。「Party Monster」はこれまでの彼のPVとさほど変わり映えしませんけど、ソングライトにLana Del Reyが名を連ねているのが大きな特徴かな。内容はパーティー会場からのドラッグ&セックスというありがちなものながら、やはりこの人の歌にはこういった世界がよく合います。

テーマ : 洋楽
ジャンル : 音楽

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本
いぬふくの今やってるゲーム