無花果少年と瓜売小僧 / 橋本治



久々の桃尻娘シリーズ。5→1→2→3と読んできて、これがシリーズ4作目の作品になります。
今回は桃尻娘こと、榊原玲奈はほとんど登場しません。その代わり、全編に渡って磯村薫(無花果少年)と木川田源一(瓜売小僧)の関係に焦点を当てています。「木川田といっしょに暮せないかな~」などと考えた磯村くんが高幡不動で一人暮らしを決意。父親と喧嘩した木川田くんが転がり込んでくる形となって、上手いこと同棲生活が始まるんですが、二人とも内面では様々な葛藤があって…。

木川田くんは真性のゲイだけど、本命の先輩がいて磯村くんに特別な感情は抱いていない様子。逆に、普通に女の子が好きだったはずの磯村くんの方が木川田くんに片思いをしているように見えます。磯村くんの場合、特に何も考えていないんですよね。男が好き、女が好き、という感情に囚われているわけではなく、木川田くんが好きなわけで、ある意味最も純粋に愛情表現ができているタイプなのかもしれません。
今回面白かったのは、当初思い描いていた磯村くんと木川田くんの性格が反対だったことですね。木川田くんはゲイであることをカミングアウトしていて、堂々と生きているイメージ。磯村くんはルックスに恵まれているのにいつもウジウジ悩んでいるイメージだったんですけど、むしろ逆でした。木川田くんはゲイであることを自覚して初体験するところまで描かれている実質本作の主役なので、今作で彼のファンがかなり増えたんじゃないかな。

男同士だからといって色物っぽさは感じず、80年代の純愛小説といった風で、生々しい描写はあるものの感情移入はしやすい佳作。二人の関係が一気に揺れ動く中盤以降は、グイグイ惹き込まれました。
ただ、続く5作目の最初の章もそうでしたけど、三人称の文体は嫌いです。特にこのシリーズは文章にクセがあるので、余計に引っかかってしまうんですよね。ところどころで冗談っぽい文章が差し込まれると、何か意味もなく言い訳されているような気にさえなりました。

◆橋本治作品のレビュー
「帰ってきた桃尻娘」
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Volvo Car Open

 <Quarterfinals>
Jelena Ostapenko - Caroline Wozniacki(5) 6-2, 6-4
Laura Siegemund -Anastasija Sevastova(8) 6-2, 6-4
Daria Kasatkina - Irina-Camelia Begu(10) 6-4, 6-1
Mirjana Lucic-Baroni(11) - Shelby Rogers 6-7(7-9), 6-1, 6-1

 <Semifinals>
Jelena Ostapenko - Mirjana Lucic-Baroni(11) 6-3, 5-7, 6-4
Daria Kasatkina - Laura Siegemund 3-6, 6-2, 6-1

 <Final>
Daria Kasatkina - Jelena Ostapenko 6-3, 6-1


カサッキナがツアー初タイトル! 今季はケルバーに連勝している半面、全豪やインディアンウェルズ、マイアミといったビッグ・トーナメントにシードプレイヤーとして挑みながらいずれも初戦敗退と、不安定なシーズンを送っていただけに、勝利が続いたことは大きな自信になったことでしょう。40位台まで落ちていたランキングも再びトップ30に戻してきたので、クレーシーズンはこの調子を持続させてさらに上を狙ってもらいたいところ。

注目なのは、優勝したのが19歳のカサッキナであるとともに、決勝の相手も同じ19歳のオスタペンコだったということ。詳しいデータがないので断言はできませんけど、晩成型のプレイヤーが増えつつある現在のWTAで、10代決勝が実現したのはかなり久しぶりのことなんじゃないかな。
オスタペンコの方もランキングを落としてきていたものの、今週はウォズニアッキやルチッチを倒すといった快進撃を見せました。オスタペンコのテニスはハイライトでしか観たことがないんですが、ストローク戦では器用な面も感じられますし、ひ弱すぎる2ndサービスさえ改善されればトップ30あたりに定着できそうな気はします。今の荒々しいキャラクターは失わないままで成長していってほしいですね。

日本人選手は土居が張帥に敗れ初戦敗退、大坂はその張帥を2回戦で下したものの、ロジャースに敗れ3回戦止まりでした。
大坂は取りこぼしが少なく順当に勝ち星を重ねてはいるんですが、出場大会が少ないせいか、単純に上位進出がないせいか、効率よくポイントを稼げていませんね。まぁ、これはランキングシステム上仕方がない部分もあると思います。トップ50というのはもはやツアーレベルで戦うのが当たり前のランキングですが、プレミアシリーズでは予選からとなるケースも珍しくなく、本戦ストレートインできても順当にいけば2回戦までにシードプレイヤーと当たることになります。現に、今季出場した6大会のうち3大会はトップ10プレイヤーとの対戦がありました(いずれも敗退)。トップ10と互角に戦うにはまだ経験が必要だとは思いますが、トップ30クラスには普通に勝てるようになってきているので、まずはインターナショナルシリーズでベスト8以上の結果をコンスタントに残し続けることがランキング上昇には必要になるでしょう。

テーマ : テニス
ジャンル : スポーツ

'17 4/7 Music Chart

Billboardと自分のランキングを融合させた独自の隔週Music Chart。
カッコ内は前回の順位。<>内は順に登場回数と最高位になっています。

(1)1. Shape Of You / Ed Sheeran <7,1>
(5)2. I Feel It Coming / The Weeknd feat. Daft Punk <8,2>
(6)3. That's What I Like / Bruno Mars <3,3>
(2)4. I Don't Wanna Live Forever (Fifty Shades Darker) / Zayn&Taylor Swift <7,2>
(NEW)5. Passionfruit / Drake <1,5>
(3)6. Bad And Boujee / Migos feat. Lil Uzi Vert <7,2>
(8)7. Tunnel Vision / Kodak Black <2,7>
(4)8. Chained To The Rhythm / Katy Perry feat. Skip Marley <4,2>
(12)9. Something Just Like This / The Chainsmokers & Coldplay <2,9>
(11)10. Green Light / Lorde <2,10>


Ed SheeranがV5達成。Billboardでは2位に大差をつけての首位独走ということで、当分この座は安泰でしょう。

少し遅れましたが、今週は3位のBruno Mars(ブルーノ・マーズ)のPVを紹介しましょう。
曲もビデオも煌びやかだった「24K Magic」と違い、こちらのビデオはシンプルな背景の中でBrunoが踊るだけという内容。しかしながら、イラストのエフェクトで詞の内容が大まかに理解できるという凝った作りになっています。曲だけなら「24K Magic」の方が好きですけど、PVはこちらの方が上かな。


そして6位にはDrakeが飛び込んできました。サプライズリリースが当たり前になりすぎてもはや驚かなくなってしまいましたが、プレイリストと銘打った最新作「More Life」も順当に大ヒット。アルバムリリースに伴い、全米チャートではトップ40に9曲、トップ100まで広げてみると計22曲をチャートインさせてきました。今や全米で最もヒットを量産できるアーティストとなったDrake。個人的には、一部の人気アーティストがチャートを席巻できてしまう現在のシングルチャートの集計方法は好きではないんですけど、この曲は夏のアンセムになりそうなトロピカルなトラックでかなり気に入っています。

(7)11. Love On The Brain / Rihanna <5,7>
(9)12. Paris / The Chainsmokers <5,9>
(NEW)13. Portland / Drake feat. Quavo & Travis Scott <1,13>
(16)14. iSpy / KYLE feat. Lil Yachty <2,14>
(10)15. Bounce Back / Big Sean <5,9>
(17)16. Rockabye / Clean Bandit feat. Sean Paul & Anne-Marie <2,16>
(RE)17. Fake Love / Drake <9,11>
(NEW)18. Free Smoke / Drake <1,18>
(15)19. False Alarm / The Weeknd <12,6>
(13)20. Closer / The Chainsmokers feat. Halsey <18,2>


11位以下も初登場と再登場はDrakeのみ。とにかくDrakeだけが目立った今週のチャートでしたね。

今週2つ目のビデオは16位のClean Bandit(クリーン・バンディット)。登場2週目なのに名前をよく見かけると思っていたら、年末年始にはUKチャートで9週連続1位という記録を作っていたんですね。全くチェックしていませんでしたけど、Siaが好きならこの曲も…と言えるくらいキャッチーな楽曲で気に入りました。Sean Paulは久しくメインストリームから遠ざかっていましたが、そのSiaの「Cheap Thrills」とこの曲の客演で復調傾向です。

テーマ : 洋楽
ジャンル : 音楽

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密 他

レヴェナント 蘇りし者 ★★★★★★☆☆☆☆
「バードマン」でアカデミー賞の作品賞を獲ったアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督の最新作。そこに主演がレオナルド・ディカプリオと来れば期待するなという方が無理な話です。イニャリトゥ監督としては最高級の映像。熊とグラス(ディカプリオ)の格闘シーンは話題になりすぎて想定内に終わってしまいましたけど、雪に覆われた大自然を普通に観ているだけでもワクワクできました。
ただ、前半の緊張感に比べると後半は淡白だったなぁ。グラスはただただフィッツジェラルドを追いかけるだけ。本当なら熊に負わされた傷との戦いも見どころの一つになるはずなのに、その壮絶さがどうも嘘臭く映るんですよね。ディカプリオにオスカーをあげるんだったら絶対に「ウルフ・オブ・ウォールストリート」の方が相応しいと思うし、本作のグラス役ならもっと適した俳優がいたはずという思いだけが残りました。
全体的に力を入れて作られたのは伝わるものの、捻りが少なく面白味には欠けた作品でした。

◆アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督作品の評価
「バードマン あるいは (無知がもたらす予期せぬ奇跡)」 ★★★★★★★★☆☆

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密 ★★★★★★★★☆☆
最初に乱暴な言い方をしてしまいますが、僕が現在のハリウッド俳優で<生理的に>苦手な俳優というのが3人いて、一人が「レ・ミゼラブル」で最初に観たエディ・レッドメイン、もう一人が「マイティ・ソー」のトム・ヒドルストン、そしてこの作品の主演を務めているベネディクト・カンバーバッチなのです。
しかし、エディが「リリーのすべて」の繊細な演技で一気に印象をよくしたのと同様に、カンバーバッチも本作での演技は抜群でした。彼が演じたのはエニグマ解読に挑むイギリス人数学者、アラン・チューリング。周囲に理解されず上手く溶け込めないという天才ならではの欠点も持ち合わせているものの、後に婚約するジョーン(キーラ・ナイトレイ)らの支えもあり、現在のコンピューターの基礎と作り上げるまでに至ります。
エニグマに関してはタイトルほど重視されていませんし、マシュー・グードとキーラ・ナイトレイの好演はあってもヒューマンドラマとしても良作止まり。しかし、主人公の孤独が凄まじく胸を打ちました。同性愛者が罪と言われていた時代に育った彼は若くして死んだ初恋相手の名前をコンピューターに付け、愛情を注ぎます。ただ変わり者なんじゃない、その相手ほど愛せる人間がいなかっただけなんだというのが悲しみに拍車をかけるし、結末も惨いものです。それでも、「誰も予想しなかった人物が誰も想像しなかった偉業を成し遂げる事だってある」、「あなたが普通じゃないから世界はこんなにすばらしい」という劇中の名セリフが、彼が決して不幸な人間ではなかったということを証明し、不思議と背中を押されたような気分になりました。

テーマ : 映画★★★★★レビュー
ジャンル : 映画

Music Review (2017年4月Part1)

Gang Signs & Prayer / Stormzy ★★★★★★★★★☆
グライムシーンの新星と言われる23歳のデビューアルバム。北米以外のブラックミュージックには疎く、UKとなると何となく遠ざけてしまう僕ですが、何の気なしにApple Musicで試聴してみたら大ハマり。CDまで買ってしまいました。
「(5)Big for Your Boots」はゴスペル要素を含んだラップソングということで、Kanye Westの「Jesus Walks」を思い出しましたが、Stormzyの場合はその高速ラップが大きな特長。必然的にアグレッシブなトラックの方がハマる気がします。個人的なベストは「(2)Cold」。音やヴォーカルの重なりが増すとともに緊張感と高揚感が右肩上がりに…。
メロウなトラックもかなりの数、収録されています。正直、こちらは少し目新しさに欠けるかなという印象は持ったものの、クオリティはどれも高く、デビュー作とは思えない見事なバランス配分。歌もラップもできるMCは当たり前になっていますけど、ラップのピッチも自在に変えられるのがこの人の強みで、アルバム通して飽きずに聴けるんですよ。
ま、グライムというジャンルがまだよく解っていないんですけど、ヒップホップが好きなら新しいジャンルと身構えることなく入り込めるはずです。日本はおろか全米デビューもまだですけど、間違いなく2017年を代表する作品です。



「Big for Your Boots」(UK6位)


DROGAS Light / Lupe Fiasco ★★★★★★★★☆☆
デビューから傑作を2作続けたものの、その後は迷走気味だったLupe Fiasco。レーベルとの確執や引退発言などネガティブなニュースが続きましたが、インディからながら無事に新作リリースとなりました。しかし、インディでも盟友Soundtrakkとのタッグは続いていてクオリティに問題はなし。バックコーラスを活かした都会的なトラックなど、Lupeらしさがきちんと出たお気に入りの一枚です。
夜明けを想起させる「(2)NGL」からほぼ歌モノの反則すれすれ「(11)Pick Up The Phone」まで、バラエティに富んだ楽曲がズラリと並んでいます。特に(2)はそれだけでアルバム全体を良作認定したくなるほど好きですね。Stormzyもそうですが、2曲目がいいと全体の印象がよくなります。
ただ、復活といえば聞こえはいいですけど、道を外れたところから元に戻っただけなので、デビュー時から進化が見られるかと問われれば肯定もできないんですよね。一応本作は3部作の第一章という位置付けらしいので、今年中に出ると言われている次回作「DRODAS Waves」のリリースでさらに化けることを期待しています。



◆前作の評価
「Tetsuo & Youth」 ★★★★★★★★☆☆

「(5)Jump」

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE
ジャンル : 音楽

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本
いぬふくの今やってるゲーム