4:44 / Jay-Z



Beyonceの最新作「Lemonade」で言及された夫Jay-Zの不倫問題。もちろんフィクションの可能性も考えつつも、あまりにも具体的すぎる内容に「噂は本当だった!」と世界中で騒ぎになったものです。そこで気になったのは、Jay-Z自身はこのアルバムをどう受け止めているのかということ。この一年間、Jay-Z側からのリアクションがなかっただけに新作の発表はこれまで以上に注目を浴びましたが、本作は予想を上回るほど真摯な謝罪アルバムでした。

1曲目の「Kill Jay-Z」から生々しい告白。ネットで出回った、(浮気がバレて)彼がSolangeに殴打された事件にも触れ、「(度重なる浮気で離婚することになった)Eric Benetのようになるところだった」、「(Futureの息子が元妻Ciaraの新しい夫であるアメフト選手と遊んでいるのを受けて)将来、他の男が自分の息子とアメフトしているなんて…」とすっかりしおらしくなっていますね。
「(3)Smile」では母親がレズビアンだったことも告白するなど、話題性も持たせながら改めて家族の大切さを確認しています。

ただ、本作を聴いての僕の率直な感想は「Jay-Z、カッコ悪いな」でした。
結果的にこの方向性は世間を納得させるには最適な手段になったのかもしれませんが、かつてはヒップホップ界でキングと呼ばれた男が、家庭内で力を失う瞬間を見せられたような、淋しい感覚に陥ります。まぁ、彼は今やハスラーではなくビジネスマンですから、下手に世間を刺激するアルバムを作るわけにもいかないんでしょうけどね。
詞がこれでもトラックに刺激があれば楽しめたんでしょうけど、それもありません。Beyonceが家庭問題から社会問題までテーマを広げてジャンルレスな作品を作ってくれたのに比べると雲泥の差で、あくまで「Lemonade」あっての本作なんだということを痛感させられました。

フィジカル盤ボーナストラックの「(12)Blue's Freestyle/We Family」のように、素晴らしいとまではいかなくともじわじわ好きになるトラックなどもあるので、決して駄作とは思わないものの、ここ数年のKendrick LamarやDrakeの活躍を見ている側としては、消化不良なのは否めません。

★★★★★★☆☆☆☆

◆前作の評価
「Magna Carta... Holy Grail」 ★★★★★★☆☆☆☆

「4:44」(US35位)
スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE
ジャンル : 音楽

ルーム ROOM 他

ルーム ROOM ★★★★★★★★☆☆
オールド・ニックに7年間監禁されている母子。5歳の息子は納屋で生まれ、外の世界を知りません。ついに我慢の限界に達した母親のジョイは脱出計画を実行し、見事それを成功させるんですが…。
監禁生活から逃れることができて「めでたしめでたし」ではないのが本作の特徴。後半の、好奇の目に晒される母親の苦悩や、未知の世界に戸惑う息子の感情描写が素晴らしく、それをセリフではなく人物の微妙な視線の行方や景色などで表しているのに感心してしまいました。特に、息子のジャックがトラックの荷台から見上げた広い空は、まるで自分まで初めて見る光景に思えて気分が高まりました。
ブリー・ラーソンはもちろん、子役のジェイコブ・トレンブレイの演技も満点でしたし、世界が広がることが幸せに直結するわけではない、でも成長するには世界を広げなくてはいけない時もあるというメッセージには深く考えさせられたりも…。
しかし、よく出来た映画=面白い映画とはいかないわけで、クオリティの高さの割に後に残るものが少ないのが残念でした。個人的には同じレニー・アブラハムソン監督の「FRANK」の方が粗削りだけど好み。

◆レニー・アブラハムソン監督作品の評価
「FRANK」 ★★★★★★★★☆☆



お嬢さん ★★★★★★★★☆☆
韓国人監督としては一番好きなパク・チャヌクの最新作ということで劇場公開時から楽しみにしていた作品なんですが、いやぁ、相変わらずの変態性で安心しました。この人はエログロと言っても割とグロ寄りのイメージが強かったんですけど、前作の「イノセント・ガーデン」が官能的な雰囲気を持った作品で、今作はそれに輪をかけてエロティックになっています。
ただ、単にエロを目的としたものではなく、お嬢さんと詐欺師の男、侍女の騙し合いといったサスペンス要素、さらに官能小説を日本語で読ませる奇妙さなど、緩急をつけた構成が本当に見事。これ、3部構成なんですけど、全貌が見えてくる2部から俄然面白くなってきます。ビジュアル面でも見所が盛り沢山。僕はレズビアンのセックスシーンってどちらかと言うと苦手だったんですが、お嬢さんと侍女のそれは本当にキレイでした。貝合わせ中の二人の絶頂の表情も演技とは思えないほどリアルでしたしね。
逆に、最も残念だったのは、登場人物たち(特に男優陣)の日本語が聞き取りづらかったこと。この作品は韓国人の俳優が至るところで日本語を話していて、それが魅力となっているんですけど、片言なので難しいんですよ。何度もDVDで巻き戻してしまったせいで没入感を削がれてしまった部分もありました。せっかく日本人だからこそ楽しめる名言(迷言)もあるだけに、韓国語セリフにしか字幕がないのは残念だなぁ。

◆パク・チャヌク監督作品の評価
「JSA」 ★★★★★★★★★☆
「イノセント・ガーデン」 ★★★★★★★★☆☆

テーマ : 映画★★★★★レビュー
ジャンル : 映画

今週のWTA(2017年7月第3、4週)

ウィンブルドン後の閑散期に行われたインターナショナルシリーズを2週まとめて振り返っておきます。その間にラドワンスカ姉が結婚式を挙げました。最近の成績不振はこれが影響していたのかもしれませんが、もしそうなら今後の復調に期待したいところです。

 <BRD Bucharest Open>
Irina-Camelia Begu(7) - Julia Goerges(3) 6-3, 7-5


先月のマヨルカに続く決勝進出を果たしたゲルゲスですが、またしてもタイトルには届かず。確実に復調傾向にはあるんですけど、全仏とウィンブルドンでも激戦の末に初戦敗退を決するなど、大切な場面で勝負弱さを露呈してしまいますね。ここで優勝すれば全米でのシードも近づいただけに残念ではあります。

 <Ladies Championship Gstaad>
Kiki Bertens(2) - Anett Kontaveit(3) 6-4, 3-6, 6-1


ここは地味な面子ではありますが、WCで出場した38歳のパティ・シュナイダーが初戦を突破しましたね。復帰以来、ツアー本戦での勝ち星はこれが初めてではないでしょうか。年齢的には連戦を戦い抜くには厳しくなっているとは思いますが、GSの予選にチャレンジできるランキングをキープして、もう一度本戦で戦う姿を見せてもらいたいところ。

 <Ericsson Open>
Katerina Siniakova(7) - Caroline Wozniacki(1) 6-3, 6-4


今季は本来の安定感を取り戻し、5度目の決勝に挑んだウォズニアッキ。今回は初めて格下との対戦ということで今季初優勝の期待も高まりましたが、シニアコアに不覚を取りました。サーフェスが苦手としているクレーだったということもありますけど、全盛期にはプレミアのタイトルもあったわけですし、ここは勝ち切ってもらいたかったな。
まぁ、これから得意の北米ハード~アジアンツアーですし、この調子を保てればどこかで再びチャンスが訪れるとは思うんですけどね。

 <JiangXi Open>
彭帥(2) - 日比野奈緒 6-3, 6-2


32ドローのうち、半数の16人が地元中国のプレイヤーで占められたトーナメント。優勝したのは現役の中国人プレイヤーでは最も経験豊富な彭帥でした。故障などもありトップ100から転落した時期もありましたけど、これで20位台に復帰。やはり地力がありますね。

そして準優勝が日比野。
日比野は2回戦でクリスティーナ・プリスコワに苦しむも、そのクリスティーナがコートチェンジの際に扇風機のファンで指を怪我するというアクシデントに見舞われ、思わぬ形で勝利が舞い込んできました。しかし、日比野にはチャンスをモノにする力があるんですね。その後は格下の地元プレイヤーを連破し決勝進出を果たしました。タイトルには手が届かなかったとはいえ、勝ちに見放されたシーズンを送っていた日比野にとっては久々に納得のいく一週間だったんじゃないでしょうか。

テーマ : テニス
ジャンル : スポーツ

2017年8月前半の注目作

▼MUSIC

該当作なし。
この時期どころか、先まで見渡しても発売日が決まっている注目作のリリースがなくなってしまいました。最近の傾向だと大物アーティストのサプライズリリースもあるでしょうし、こういう時期はノーマークだった新人アーティストを発掘するチャンスだとは思いますが、アルバムリリースをワクワクして待つ感覚を味わえないのは淋しいところです。

▼GAME

△8/3【大逆転裁判2 -成歩堂龍ノ介の覺悟- (3DS)】
△8/3【大逆転裁判1&2 -成歩堂龍ノ介の冒險と覺悟- (3DS)】

成歩堂龍一の先祖が主人公となった「大逆転裁判」シリーズの2作目が発売。スピンオフなので爆発的なセールスは期待できないでしょうけど、前作はホームズの的外れの推理を正すのが新感覚で、結構楽しめています(まだプレイ中)。
なお、今回は前作とセットになったツインパックも同時発売。こちらはミニサントラとオリジナルエピソード2本も収録されたお得版ですが、ファンアイテムなのか未経験者用なのか微妙なポジションですね。

▼MOVIE

◎8/11【スパイダーマン ホームカミング】

スパイダーマンが再びリブート。
「アメイジング・スパイダーマン2」が好きだっただけに、前シリーズが打ち切りのような形になってしまったのは残念で仕方ありませんが、今回はアイアンマンあたりとも絡んだクロスオーバ―な作りということで、トビー・マグワイアやアンドリュー・ガーフィールド版とはまた違うピーター・パーカーが楽しめることを期待して、劇場へ足を運びます。

▼DVD

◎8/2【ラ・ラ・ランド】

今年観賞した作品としてはベスト5がほぼ当確している作品がいよいよパッケージリリース。全編ストーリーがいいというより、特定のシーンを何度も観返したいタイプの作品なので、手元に置いておくにはぴったりの作品です。冒頭の渋滞シーンから涙腺が緩んだラストの回想シーンまで、どうしてももう一度観ておきたいのでもちろん買います。



△8/2【沈黙 -サイレンス-】
△8/2【SING/シング】

残り2作は優先順位こそ低いもののいずれは観ておきたい作品。特に「沈黙」は尺の長さがネックになっていますが、あの読みづらい原作をがんばって読破しただけに、原作の内容を忘れる前にぜひ観ておきたいところです。

'17 7/28 Music Chart

Billboardと自分のランキングを融合させた独自の隔週Music Chart。
カッコ内は前回の順位。<>内は順に登場回数と最高位になっています。

(4)1. Wild Thoughts / DJ Khaled feat. Rihanna & Bryson Tiller <2,1>
(3)2. Despacito / Luis Fonsi & Daddy Yankee feat. Justin Bieber <6,2>
(2)3. I'm The One / DJ Khaled feat. Justin Bieber, Quavo, Chance The Rapper & Lil Wayne <6,2>
(1)4. Shape Of You / Ed Sheeran <15,1>
(5)5. That's What I Like / Bruno Mars <11,3>
(6)6. Humble. / Kendrick Lamar <8,2>
(10)7. Believer / Imagine Dragons <4,7>
(7)8. Bon Appetit / Katy Perry feat. Migos <4,6>
(16)9. Body Like A Back Road / Sam Hunt <7,9>
(19)10. Unforgettable / French Montana feat. Swae Lee <2,10>


2月以降ずっと首位を走り続けてきたEd Sheeranがついに陥落。1~4位は前週から順位がそっくり入れ替わった形になっていて、まだまだ混戦模様です。その他ではFrench Montanaの勢いがすごいですね。

そして、今週は登場4週目のImagine Dragons(イマジン・ドラゴンズ)のPVを紹介。
Imagine Dragonsって、これまではもっと重い音だったイメージがあるんですが、今回はポップとまではいかなくても耳馴染みのいい楽曲ですね。最新アルバムもロックアルバムとしては今年最大の初動を記録するなど相変わらずの人気を誇っていますし、ロック衰退と言われる中でも彼らのポジションは安泰といったところでしょうか。


(NEW)11. Swish Swish / Katy Perry feat. Nicki Minaj <1,11>
(8)12. Congratulations / Post Malone feat. Quavo <5,8>
(NEW)13. There's Nothing Holdin' Me Back / Shawn Mendes <1,13>
(13)14. Stay / Zedd & Alessia Cara <8,7>
(14)15. Passionfruit / Drake <9,3>
(12)16. Green Light / Lorde <10,10>
(15)17. Chained To The Rhythm / Katy Perry feat. Skip Marley <12,2>
(NEW)18. Attention / Charlie Puth <1,18>
(11)19. Something Just Like This / The Chainsmokers & Coldplay <10,4>
(20)20. I Feel It Coming / The Weeknd feat. Daft Punk <16,2>


11位に入ってきたのはKaty Perryの3rdシングル。何だかんだ今作のKatyそシングルはどれもクセになりますね。この曲もトラック自体は大きな展開があるわけではないんですけど、サビの中毒性が高く、ずっと聴いていられます。PV公開も楽しみ。

そして13位にはShawn Mendes(ショーン・メンデス)。少年っぽさがずっと残っているJustin Bieberとは対照的に、Shawnの方はデビュー当時から大人っぽさが漂っていて(悪く言えば老け顔なので日本受けは難しそうですが)、その差別化のおかげか、まだ18歳ながらも着実にキャリアを積んでいます。曲自体は10年前にリリースされていても違和感がないくらい王道のものですけど、これが全米チャートのトップ10にポンっと入ってしまうあたりに彼の人気の高さが窺えます。


ラスト18位はCharlie Puth。まだ未聴なので紹介が後日にしますが、Shawn Mendes同様、今後のトップ10入りが期待できる1曲です。

テーマ : 洋楽
ジャンル : 音楽

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本