BNP Paribas Open

 <Quarterfinals>
Karolina Pliskova(3) - Garbine Muguruza(7) 7-6(7-2), 7-6(7-5)
Svetlana Kuznetsova(8) - Anastasia Pavryuchenkova(19) 6-3, 6-2
Elena Vesnina(14) - Venus Williams(12) 6-2, 4-6, 6-3
Kristina Mladenovic - Caroline Wozniacki(13) 3-6, 7-6(7-4), 6-2

 <Semifinals>
Svetlana Kuznetsova(8) - Karolina Pliskova(3) 7-6(7-5), 7-6(7-2)
Elena Vesnina(14) - Kristina Mladenovic 6-3, 6-4

 <Final>
Elena Vesnina(14) - Svetlana Kuznetsova(8) 6-7(6-8), 7-5, 6-4


男子決勝はスイス人対決でしたが、女子はロシアン決勝。スヴェタがシードの難敵を次々と退ける活躍を見せてくれたものの、優勝には一歩及びませんでした。プリスコワに勝った時点で優勝を期待してしまったんですけど、そもそも期待するとダメなプレイヤーだったことを忘れてた…。それでも、プリスコワ撃破はもちろん、シドニーとメルボルンで連敗していたパブリチェンコワに快勝したのは嬉しかったです。

決勝でそんなスヴェタを倒したのはベスニナ。ダブルスではトッププレイヤーでもシングルスは中堅どころというイメージの強かったベスニナも、最近の流れに乗って30歳を超えて本格ブレイクを果たしてきました。今季はここまで6勝6敗、勝ち星もすべて格下相手だっただけに、突然ケルバーやヴィーナス、スヴェタといった実力者たちを立て続けに破ったことに驚きを隠し切れませんが、ここまでベテランの覚醒が続くといよいよ誰がトップ10に食い込んでくるか分からなくなってきましたね。

ところで、シーズン開幕からここまでの成績を見て、ケルバーの不振が気になっていたんですけど、何気にシブルコワとラド姉はもっとポイントを稼げていないんですね。シブルコワは元々安定型ではないし、クレーでも好成績が期待できるので心配無用かもしれませんけど、ラド姉は決勝進出したシドニー以外は格下に足をすくわれることが目立っています。ラケットも今季からスリクソンにしたのもハマらなかったみたいで、またバボラに戻しているとの噂もありますし、ここに来て若干迷走気味でしょうか。

日本からは4人が本戦にエントリーしましたが、勝ち星を挙げたのは3回戦に進んだ大坂のみ。
土居と奈良は今季ドローに恵まれることが多いにもかかわらず、チャンスを掴み切れていない印象を受けます。日比野はマレーシアで決勝に進出しましたし、尾崎もじわじわとランキングを上げていますけど、せっかく大坂の活躍で女子テニスにもスポットが当たりつつある時なので、この二人にも踏ん張ってほしいところです。
スポンサーサイト

テーマ : テニス
ジャンル : スポーツ

Game Review(2017年3月)

大逆転裁判 -成歩堂龍ノ介の冒險- (3DS) ★★★★★★★★☆☆
シリーズの雰囲気は残しつつ、キャラクターを一新した完全スピンオフ作品。制限が減った分、ホームズとの共同推理や、陪審員同士の矛盾を明かすなど、マンネリから脱却しようという工夫が多く見られます。新システムのすべてが完璧とまでは言いませんが、どれも新鮮で興味深いものになっていました。キャラクターもよく動いて個々の魅力を発揮していますし、スピンオフながら演出面の強化が光るのも嬉しいです。
ストーリーは今のところ可もなく不可もなくといったところ。龍ノ介やホームズの魅力で引っ張ってはくれるものの、今作は裁判パートと探索パートのどちらかのみという章もあるので、メリハリに欠け印象に残らないんですよね。このあたりは今後の展開に期待したいところですが…。
それと、長年続いているシリーズにしてはシステム回りが未完成なのが気になりました。特に、バックログがワンボタンで確認できないのが不便。
(プレイ時間:約10時間、第3章プレイ中)



スバラシティ (3DS) ★★★★★★★★☆☆
同色の建物ブロックを繋げて一つのハイレベルな建物に仕上げていくという、パズルゲームの基本に一つアレンジを加えただけのシンプルなルール。タッチペン一本ですべての操作ができ、時間制限がない分、かなり間口が広いです。そして中毒性は抜群。パズルゲームとしてはちょっと運の要素が強めかなとは思いますが、コツを掴んでハイスコアを叩き出す快感は十二分に味わえるので、1回だけチャレンジするつもりが何度もリトライを重ねることになります。
数十時間も楽しめるゲームが500円で買えるんですからコルトパフォーマンスは文句なしと言いたいところなんですけど、これ元はスマホ向けの無料ゲームなんですよね。500円の上乗せ分や今のゲーム基準で考えると、もう少しモードの種類やオマケが欲しかったところ。あとは自分が作り上げた街がもう少し華やかな形で確認できたら…。せっかくハイスコアを出しても見た目がショボいんですよね。
(プレイ時間:約15時間)

テーマ : レビュー・感想
ジャンル : ゲーム

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う

demolition.jpg

有休を使って昨日新宿シネマカリテに観に行ってきました。そういえば、去年も有休を取って同時期に同じ劇場で「ロブスター」を観たな…。

「ロブスター」も相当変な映画でしたが、この作品もなかなかおかしな設定です。
主人公のデイヴィス(ジェイク・ギレンホール)は妻を交通事故で亡くしたにもかかわらず全く悲しみが訪れず、悲嘆に暮れる代わりに奇妙な行動に出るようになります。

その行動の一つが、原題でもある破壊(Demolition)行為。
物騒な話ですけど、別に見境なく壊して回るわけではなく、故障しかけた身近なものを一旦壊し、改めて組み立てようとしているんですよね(劇中では組み立てる姿はほとんど見られませんが…)。

もう一つは、自動販売機の管理会社との文通。
妻を亡くした病院でデイヴィスはチョコレートを買おうとするものの、その自動販売機の調子が悪くて商品が出てこない…。ふとした思い付きで彼は管理会社に報告の手紙を書き、そのついでになぜか自らの身の上も語り出します。そしてその突拍子もないクレームに反応する苦情係のシングルマザー、カレン(ナオミ・ワッツ)。現実にはまずあり得ないこの二人のやり取りが想像力を掻き立ててくれ、物語を引っ張ってくれます。

その物語の中心にいるジェイク・ギレンホールは「ナイトクローラー」とは別のベクトルでハマり役。カレンやその息子、そして義父、相手によって様々な顔を見せながらも不自然さが皆無ですし、中盤突然弾けたように狂い出す彼が不思議と魅力的に見えました。
ただ、防弾チョッキを着た自分に向けて、子どもに銃を撃たせるシーンだけは不快感しか残りませんでしたが…。

破壊行為に関しては、いわゆる断捨離のようなもので、「ファイトクラブ」を彷彿とさせるところがありますね。しかし、破壊の後に見出だすのが自己ではなく、他者との関係というのが大きな違い。じんわり心が温まる結末に向かいます。ただ、彼が最後に何を見つけたのかという肝心な部分が不明瞭。邦題に繋がる車の中の書き置きも、タイトルになるほどのインパクトがなくて不満が残りました。
全体的にいい雰囲気を漂わせながら、あと一歩説明不足だった惜しい作品といったところ。

★★★★★★★☆☆☆

◆ジャン=マルク・ヴァレ監督作品の評価
「ダラス・バイヤーズクラブ」 ★★★★★★★☆☆☆

テーマ : 映画★★★★★レビュー
ジャンル : 映画

2017年3月後半の注目作

▼MUSIC

〇3/17【Gang Signs & Prayer / Stormzy】
〇3/24【Tremaine / Trey Songz】
△3/17【Climate Change / Pitbull】
△3/18【More Life / Drake】
△3/22【HIT / 三浦大知】
△3/22【DAICHI MIURA LIVE TOUR (RE)PLAY FINAL / 三浦大知 <DVD>】

久々に音楽面が大充実。
Trey Songzはちょうど最近3rdアルバム「Ready」を聴き返していたところだったので、絶好のタイミングでのリリース。既に先行のPVもいくつか出ていますが、相変わらずド直球のエロさで笑えます。ただ、路線としては近年の作品同様、ちょっと自分の好みとは離れてきているかな。
ちなみに、国内盤のリリースは4/5予定です。

掘り出し物だったのがUKの新人、Stormzy。Apple Musicでは既に配信中なので試聴してみましたが、1曲1曲にバリエーションがあって、グライムにあまり興味のなかった自分でもあっという間に惹き込まれました。というわけでCDでも購入決定。

▼GAME

△3/16【この世の果てで恋を唄う少女YU-NO (PS4)】
△3/30【無双☆スターズ (PS4)】

「YU-NO」はセガサターン時代に人気を誇っていたのを知っていたので気にはなってはいたんですが、美少女ゲームというイメージを脱することができずに遊ばずじまい。今回のリメイクにあたりチャレンジしてみたかったのに、Amazonでは発売前に予約完売状態。遊べないと言われると余計に気になってしまうのが人の心情というものですけど、この手のゲームにハマったことはないので余程安く買えない限りはスルーしてしまいそう。

▼MOVIE

◎3/31【ムーンライト】

アカデミー賞の作品賞を獲ったことをきっかけに、公開日が当初の4/28から3/31に前倒しになりました。人種差別、性差別を扱った映画は数あれど、両方ともというのはかなり珍しいはず。
都内のミニシアターでしか観られないと思っていたら、近所のイオンシネマでも上映するらしいので、これは必ず観ておかないと!

△3/17【SING/シング】

「ミニオンズ」も「ペット」も観ていませんが、洋楽ファンとして「SING」はスルーできません。
他にも「パッセンジャー」(3/24公開)と「キングコング 髑髏島の巨神」(3/25公開)、「ストロングマン」(3/25公開)といった気になる作品も続々と公開されますが、今年は幸か不幸か観る作品がことごとく良作で3月にして既に満腹状態なので、「ムーンライト」以降は少しペースを落とすつもりです。

▼DVD

〇3/22【シン・ゴジラ】
〇3/22【ドント・ブリーズ】
△3/17【レッドタートル ある島の物語】

DVDも豊作ですね。
劇場で観て意外なほど楽しめた「シン・ゴジラ」はブルーレイでもう一度くらい観ておきたい作品。
あとは昨年末に映画ファンの間で話題になっていた「ドント・ブリーズ」をチェックしておきたいところ。ホラー系は特に得意としているわけではないのでせいぜい年間1~2本程度しか観ないんですけど、これだけ話題になったのなら観ないと後悔しそうな気がします。ゾンビやゴーストでなく、スリラーの要素が強いのが自分好みのポイントです。

脳内ポイズンベリー 他

脳内ポイズンベリー ★★★★★★★★☆☆
何といってもテンポのよさが光ります。ストーリー自体は、タイプの違う二人の男の間で揺れる女心を描いたありがちなものなのに飽きさせないのはそのテンポのおかげ。越智と早乙女という二人の男も解りやすく対照的でいいですね。特に、噛ませ犬的なポジションで登場してきた越智が、中盤以降も意外なほど存在感を出してきたのが面白かったな。
そしてもちろん、本作最大のウリである主人公、いちこ(真木よう子)の中で繰り広げられる脳内会議が面白いです。誰でも脳内でポジティブとネガティブが葛藤することはあるはずで、その結果、どうでもいい着地点に落ち着いて後悔した経験も理解できるはず。正直、真木よう子と西島秀俊の演技力には懐疑的なところもかなりありましたし、そのイメージが完全に払拭されたわけではありませんけど、全体的にコメディタッチだったためか違和感なく楽しめました。とはいえ、MVPはネガティブ池田を演じた吉田羊ですけどね。
別に観なかったところで損もしませんが、軽いタッチの映画を観たい時などは選択肢に入れておいてほしい一作です。



バクマン。 ★★★★★★★☆☆☆
昨年のTVドラマ「重版出来!!」では脇役だった漫画家の方にスポットを当てた作品。
主演の佐藤健、神木隆之介ともに好きな俳優ではないんですけど、二人ともハマり役だったと思います。脇を固める面子も実に個性的かつ自分好みで魅力的だったんですが、中でも染谷将太は別格。オタクっぽさを全開にしつつも可愛げがしっかりあって、こんな天才いそうと思わせる説得力を持っているんですよね。本当にこの人の多才さには脱帽です。
さらに、プロジェクションマッピングを利用した躍動感のある映像、紙の上をペン先が走る時の音など、演出面にも力が入っており、まだまだこんな見せ方があったんだなと感心。
しかし、ストーリーは王道すぎていまいち。前半は勢いで見せてくれるんですが、独特の演出に慣れた後半は一気につまらなくなってしまいました。

テーマ : 日本映画
ジャンル : 映画

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本
いぬふくの今やってるゲーム